訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

用語集

違法物件

違法建築と既存不適格の違いを分かり易く説明

「相続した建物が違法建築だった」 「建物が既存不適格だと言われたが、どんな建物?」 「違法建築や既存不適格の建物は売買できるの?」 建物を相続などで手に入れたあとでその建物が「違法建築」や「既存不適格」であったと判明する場合があり...
相続物件

相続?遺贈?贈与?違いをわかりやすく解説

財産を子どもや孫に伝えていく方法として「相続」や「遺贈」「贈与」などいくつかあるため「何が違うのだろう?」と疑問に感じたことはありませんか? 土地や建物を所有している場合にも「遺言」か「贈与」のどちらが良いのか迷ってしまう方がたくさん...
共有持分

共同担保目録とは?日本一わかりやすく解説します

不動産を売却するときなどには「共同担保目録」が必要になるケースがあります。 共同担保目録とは「共同担保」の情報を一覧にまとめた表で、法務局で管理されています。 共同担保とは「1つの債権の担保として複数の不動産を対象にすること」です。 ...
再建築不可

敷地設定とは?他人の土地を利用して建築可能にする

建築確認申請を行う場合に、どうしても土地を広げないと確認申請が行えないときには他人地を利用して建築確認申請を行うという方法が存在します。 再建築不可物件を活用する場合にセットバックや間口を広げるなどの方法があります。利用したい土地の賃...
再建築不可

位置指定道路とは?再建築不可となる理由について

再建築不可物件の活用や売却を考えている際、「位置指定道路」というキーワードを耳にすることがあります。この位置指定道路とはどんな道路なのか。位置指定道路の活用によって再建築不可物件を活用できるのかなど、今回の記事では位置指定道路に関する疑問に...
用語集

債権と債務を世界一わかりやすく解説します

お金や契約の話を解説した文章を読むと必ず出てくる「債権」「債務」という言葉ですが、果たして正しく理解しているでしょうか? 債権と債務は時と場合によりその立場が入れ替わったり、同じ人が同時に両方の立場を持っていたりしますので、契約におい...
底地

法定地上権を日本一わかりやすく解説

「法定地上権」という言葉をご存知でしょうか? 法定地上権とは、土地上に建物がある状態で、土地または建物が競売にかかり別々の所有者の持ち物になったとき、自動的に設定される土地利用権です。 世の中では、土地と建物に別々に抵当権を設定...
共有持分

共有持分権とは?

不動産を複数の人で「共有」していると、使用や管理、処分などでさまざまな権利義務の問題が発生します。 では、共有物に関する基本的な権利および負担、共有持分の売却や相続などの問題について考えてみましょう。 >>共有持分のみでも売却は可能...
共有持分

共有物分割請求とは?実際に裁判を起こす方法と手順

不動産の共有状態を解消したいときには「共有物分割請求」をしなければなりません。 他の共有持分権者と話し合っても分割に合意できない場合、裁判所で「共有物分割訴訟」という裁判を起こす必要があります。 共有物分割訴訟をするとどのような結果...
タイトルとURLをコピーしました