訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

相続物件

相続物件

小規模宅地の特例は相続税にどう影響するのかわかりやすく解説

相続税は、ある人が亡くなった時(相続開始時)に「一定の金額以上の相続財産(遺産)」があると申告、納税の義務が発生するものです。 相続が開始した数全体の中で相続税が発生するのは全体の1割未満ですので決して多くはありませんが、財産構成が不...
相続物件

連帯保証人の保証債務は法定相続される!相続割合、対処方法もわかりやすく解説

亡くなった方が他人の「連帯保証人」になっていた場合、連帯保証債務も相続の対象になります。 しかし連帯保証債務を相続しても、相続人自身が気づかないケースが多々あります。 親が事業家や経営者だった場合、特に充分注意しなければなりません。...
共有持分

遺留分侵害額請求とは?法定相続分との関係もわかりやすく解説

不公平な遺言や生前贈与が行われたとき、財産を受け取れなかった法定相続人は「遺留分侵害額」を請求できる可能性があります。 本来は法定相続分まで遺産をもらえるはずだったのに、遺言や贈与のせいで受け取れなくなったので「遺留分」を取り戻せるの...
相続物件

土地の相続後、すぐに売却したほうがいい理由をわかりやすく解説

活用する予定のない相続した土地を「譲り受けた財産だから・・」という理由で、大切に持っているだけ・・というケースが多いのではないでしょうか?「持っているだけ」では土地の維持費がかさむだけで、「得」をすることはありません。 ところが、土地...
相続物件

抵当権の抹消登記はどんな流れで行うのかわかりやすく解説

住宅ローンなどを利用すると担保として提供した不動産の登記簿に抵当権の設定登記が行われますが、ローン完済時には当該抵当権の抹消登記を行うことが可能になります。 抵当権の登記が残っていると不動産の売却ができないなどの不利益を受けますので速...
相続物件

事故物件に定義はあるのかわかりやすく解説

近年、「事故物件」という言葉がメディアで取り上げられることも多く、一般的の人にも知られるようになりました。 事故物件は、「事件や事故などで人が亡くなった事実がある」「不具合や欠陥がある」「周辺環境に問題点がある」といった物件を指します...
相続物件

家を売却したいがマイナスに?!解決方法をわかりやすく解説

家を売却するときには諸費用以外にも、さまざまな費用がかかるものです。 家が高値で売却ができれば問題はないのですが、売却額を超える高額な経費がかかるケースもあります。 売却のための費用に充てる資金がなく、売却に踏み切れない人もいる...
相続物件

ある日あなたに突然の相続が発覚!放棄すべきか相続すべきか分かり易く解説

日本人に古来あった「家」という意識が薄れつつあることや、3組に1組が離婚する時代になったこともあって、親族の死亡により自分が相続人になったことを後になってから突然知るケースが多発しています。 「相続」というのは被相続人(亡くなった人)...
相続物件

法定相続分の割合に決まりはあるのかわかりやすく解説!

親族で誰かが亡くなった際、亡くなった人(被相続人)の相続財産が発生した場合、残された家族はどのように財産を分配すればよいのでしょうか。 実は民法では、被相続人の遺産を誰がどのくらい相続するかについての基準が定められているのです。 ...
相続物件

底地を相続する際の注意点!相続税の考え方と売却方法について解説

相続はいつ発生するかわからないものです。いつ相続が発生したとしても、慌てない、トラブルに巻き込まれないためには、事前に準備をするなどの対策を講じておくことが重要です。 その際、もし相続するものの中に底地があった場合は、特に注意が必要と...
タイトルとURLをコピーしました