訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

再建築不可

再建築不可物件を相続した時の対策!知っておきたい相続の手続きと売却方法

不動産を相続してから物件をよく調べてみたら再建築不可だったと気付き、その後の売却や利活用に苦労される方は少なくありません。 物件査定を依頼してみたところ、不動産仲介業者からの指摘で発覚するケースがとても多いのです。 ...
共有持分

共有名義の不動産所得計算方法、経費の範囲や確定申告について

複数の人が収益不動産を「共有」している場合、得られた家賃収入はどうやって分ければ良いのでしょうか? 不動産を賃貸すると「収益」を得られるだけではなく「経費」もかかるので、共有者で経費の負担も配分する必要があります。 また不動産賃...
共有持分

共有名義の不動産を売却した際の確定申告を完全網羅

不動産を売却した際に利益が出ていたら、「所得税」「住民税」を支払わなくてはならず、そのため確定申告が必要となります。 土地や建物を売却した時の所得は他の所得とは合算せずに計算されます(分離課税)。 本記事では、売却による...
借地

借地権の高額買取りならアルバリンク!売却方法をわかりやすく解説

この記事では借地権に関するお悩みに触れながら、売却方法についても分かりやすく解説していきます。 こんなお悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか ? ―売却しようと地主に相談したが譲渡を認めてくれない ―借地権の相続を受...
相続物件

ゴミ屋敷を売るには?押さえておくべきポイントと買取の流れと注意点を解説

家の中にゴミを溜め込み、足の踏み場もない…テレビなどでしばしば紹介されるいわゆる「ゴミ屋敷」。ゴミ屋敷は近隣とのトラブルを誘発することが多いことに加え、室内での崩落や火災が起きる原因にもなることから百害あって一利なしの厄介者です。 親...
事故瑕疵物件

瑕疵担保責任が契約不適合責任へ!違いをわかりやすく解説

近年、民法が改正されて「瑕疵担保責任」が廃止され「契約不適合責任」へと変更されました。 そうはいっても具体的に何が変わったのか、よくわからない方も多いのではないでしょうか? 今回は契約不適合責任とはどのようなもので、不動産売買契約の...
再建築不可

再建築不可物件がもしも倒壊したら?リスクをわかりやすく解説

再建築不可物件のリスクは文字通り、再建築ができないことです。 再建築不可物件は、1950年の建築基準法制定から始まり、その後の度重なる法令改正や都市計画変更などによって、建築当時は法律に適合していた物件が現行法下では不適合となってしま...
共有持分

住宅ローンが連帯債務や連帯保証で共有名義になっていて離婚する場合の解決法

昭和くらいの時代までのマイホームの取得方法としては「夫が1人で住宅ローンを組み、家を買ったら夫の単独名義」というパターンが多数派でしたが、近年は住宅取得の事情も大きく変わりました。 夫の収入が伸びないことにより1人の稼ぎのみでの住宅取...
再建築不可

道路に面していない土地は売却できる?疑問点をわかりやすく解説します

道路に面していない土地に建つ建物は、建築基準法の制限に抵触するため、建て替えや増築ができません。購入しても自由に活用できない土地ということになりますので、自ずと売却は難しくなります。 このような道路に面していない土地の相場は、...
共有持分

共有不動産の持分のみを売却する際の手順と売買契約書の注意点

二者以上が共有している不動産は、もしその全体を売却しようとする場合は、共有者全員の同意を取り付け、手続きに協力してもらわなくてはなりません。 ただ、共有者が売却に反対した場合は各自が自分の「持分のみ」を売却することが可能です。 ...
タイトルとURLをコピーしました