訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

共有持分

共有不動産の登記時、費用負担はどれくらいになるかわかりやすく解説

不動産に関する法律上の権利を取得した場合、「登記」をすることによってその権利を誰に対しても主張できるようになります。 登記をする場合は法務局に納める「税金(登録免許税)」や司法書士に依頼した場合の「報酬」がかかり、これらを合わせて「登...
相続物件

小規模宅地の特例は相続税にどう影響するのかわかりやすく解説

相続税は、ある人が亡くなった時(相続開始時)に「一定の金額以上の相続財産(遺産)」があると申告、納税の義務が発生するものです。 相続が開始した数全体の中で相続税が発生するのは全体の1割未満ですので決して多くはありませんが、財産構成が不...
底地

契約書が無い場合、底地・借地契約や売却はできるのかわかりやすく解説

不動産の本などを読んでいると、「底地」や「借地」という言葉がしばしば出てきます。 これらは大まかに言えば土地の権利の貸し借りに関する用語なのですが、これらについては現在の法律ではさまざまな借り方の形態がありますので、それぞれの特徴を理...
個人間売買

不動産の個人売買は宅建業法に違反する?個人売買のメリットや注意点までわかりやすく解説

おそらく、人生の中で一度か二度しか不動産を売り買いしない人が大半でしょうから、そのような人はあまり「宅建業法」を意識したことはないでしょう。 一定の条件のもとに自ら不動産の取引をしたり他人の取引の媒介や代理をしたりする場合には、「宅地...
特集記事

賃貸契約で後悔したことがある人は約7割!調査結果からわかった契約前に絶対しておくべき2つの対策とは?

「やっぱり契約しなきゃよかった……」 大きな出費を伴う賃貸契約において、失敗は何としても避けたいもの。 しかし、実際には契約後に後悔したことのある方は多いのではないでしょうか? そこで今回は「賃貸契約で後悔したことがある/...
共有持分

共有持分の移転登記にかかる費用や税金!手続きの流れ、注意点も徹底解説

不動産の「共有持分」を譲り受けたり相続したりしたら「所有権移転登記(共有持分移転登記)」をしなければなりません。 いわゆる「名義変更」です。 その際、税金や費用がかかるので、どのくらいのお金が必要になるのか事前に把握しておきまし...
共有持分

共有名義の不動産で片方(共有者)が死亡したら持分はどうなる?

不動産を共有しているときに共有持分権者が死亡してしまったら、その不動産はどのように扱われるのでしょうか? 相続人がいれば相続人に引き継がれますが、相続人がいないケースにおける取扱いは非常に複雑です。残された共有持分権者が取得できるケー...
共有持分

共有名義における家族信託とは?活用例や注意点をわかりやすく解説

高齢化社会が進むにつれ「認知能力が低下した人の財産管理をどうするか?」の問題が深刻化してきています。 現状「成年後見制度」という高齢者の財産管理をサポートする制度が存在し、家族や法律家、社会福祉士などが後見人に就任しています。 ...
再建築不可

セットバックで再建築が可能に?工事費用とメリット・デメリットを解説

再建築不可物件を現況のままでは売却が難しい場合、セットバックして接道を確保して再建築可能な状態にしてから売却活動を行うという方法もあります。 しかし、セットバックは敷地を削って道路にし、そのための諸費用を自身で負担しなければならないな...
再建築不可

カミソリ地に隣接する不動産をスムーズに売却するためのポイントとは?

所有している物件もしくは相続が予定されている物件の登記簿を調べてみたら、一つの土地が複数の土地に分けられていたといったことがあります。 今回取り上げるカミソリ地は、前面道路の接道部分が他人名義の土地になっており、接道義務を果たしていな...
タイトルとURLをコピーしました