空き家

10年超所有軽減税率特例の条件&手続き|併用で譲渡所得税0円も

10年超所有軽減税率の特例とは、10年以上所有したマイホーム売却時の譲渡所得にかかる税率を低くすることで、譲渡所得税を抑えられる特例です。マイホーム特例(3,000万円控除)と併用すれば、譲渡所得税を0円にできる可能性もあります。
事故物件

自然死は告知義務がある?心理的瑕疵の定義やその後の不動産の活用方法を分かりやすく解説します

自然死は告知義務があるのか。心理的瑕疵の定義やその後の不動産の活用方法を分かりやすく解説します。
空き家

相続財産の売却後に使える取得費加算の特例!適用条件と計算例を解説

相続税が課税された財産の売却後に使える取得費加算の特例は、譲渡所得から相続税の一部を差し引けることで、譲渡所得税を安く抑えられます。ただし、相続税が発生しない限りは適用されませんし、そのほかにも適用条件がありますのでご注意ください。
空き家

あなたの空き家は本当に解体すべき?目的に合わせた空き家処分の最適解

空き家解体の相場 平均的な空き家(30坪)の解体相場は、木造であればおよそ120万、鉄筋コンクリートであれば180万程度です。 一般家庭にとって、空き家の解体にこれだけの費用をかけるのは、決して安い出費ではありません。 また、...
事故物件

事故物件になってしまったタワマンのベストな活用法をシーン別に解説!

事故物件になってしまったタワマンはその後どうすればいいのか。賃貸や売却などベストな活用法をシーン別に解説します。また、安くタワマンを買いたい人に事故物件のタワマンの探し方も伝授。
空き家

自治体に「買取」「寄付」を断られた空き家は買取業者に直接売却

自治体が空き家の「買取」「寄付」を受け入れてくれることはめったにありません。貴重な税収源である固定資産税を徴収できなくなるからです。また購入や管理の費用は税金から支払うため、公共的な利用目的が明確にある土地以外は買い取れないのです。
空き家

空き家買取相場は市場価格の70%ではない!高値で売るコツも紹介

空き家の買取相場は市場価格の70%とよく言われますが、空き家の管理状態や周辺環境によっては全く異なる買取価格になることは珍しくありません。正確な買取価格を知りたいときは、空き家を専門とする買取業者に連絡し査定してもらいましょう。
事故物件

事故物件の土地は更地にしても告知義務がある?高く売る方法も解説

事故物件の告知義務は土地を更地にしてもなくならない 冒頭でも簡単に説明したように、世間によく言う「事故物件」に該当する不動産を所有していて、他の誰かに売却する場合や賃貸する場合には、「告知義務」が発生します。 告知義務とは、事故...
事故物件

事故物件にはお祓いは必要か?お祓いに掛かる料金や依頼方法について解説

事故物件に次の入居者を迎え入れる前にはお祓いは必要 過去に孤独死や自殺などがあったいわゆる「事故物件」に、次の入居者を迎え入れる前や、売却前にはお祓いが必要です。 お祓いが必要な理由は、以下2つになります。 日本では慣例と...
事故物件

事故物件の損害賠償責任は遺族が負う!故人に過失がない死因の場合は請求不可

建物内で人が亡くなると事故物件扱いされる 「事故物件」とは、一般的に建物の占有部あるいは共用部で人が亡くなった物件を指します。 死因としては以下が挙げられます。 自殺 他殺 孤独死 病死 老衰 ...
タイトルとURLをコピーしました