訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

再建築不可

セットバックで再建築が可能に?工事費用とメリット・デメリットを解説

再建築不可物件を現況のままでは売却が難しい場合、セットバックして接道を確保して再建築可能な状態にしてから売却活動を行うという方法もあります。 しかし、セットバックは敷地を削って道路にし、そのための諸費用を自身で負担しなければならないな...
再建築不可

カミソリ地に隣接する不動産をスムーズに売却するためのポイントとは?

所有している物件もしくは相続が予定されている物件の登記簿を調べてみたら、一つの土地が複数の土地に分けられていたといったことがあります。 今回取り上げるカミソリ地は、前面道路の接道部分が他人名義の土地になっており、接道義務を果たしていな...
相続物件

連帯保証人の保証債務は法定相続される!相続割合、対処方法もわかりやすく解説

亡くなった方が他人の「連帯保証人」になっていた場合、連帯保証債務も相続の対象になります。 しかし連帯保証債務を相続しても、相続人自身が気づかないケースが多々あります。 親が事業家や経営者だった場合、特に充分注意しなければなりません。...
事故瑕疵物件

敷地境界線のトラブルが発生!対処法についてわかりやすく解説

家を建てるときや土地の売買の際に敷地境界線は非常に重要になります。 敷地境界線によって土地の正確な形状や面積が定まるからです。 そのため、曖昧な敷地境界線をめぐって隣家とのトラブルに発展する事例は多いのです。 トラブルを避ける...
共有持分

遺留分侵害額請求とは?法定相続分との関係もわかりやすく解説

不公平な遺言や生前贈与が行われたとき、財産を受け取れなかった法定相続人は「遺留分侵害額」を請求できる可能性があります。 本来は法定相続分まで遺産をもらえるはずだったのに、遺言や贈与のせいで受け取れなくなったので「遺留分」を取り戻せるの...
立ち退き

強制退去にかかる費用の目安はどれくらい?押さえておきたいポイントも徹底解説

「強制退去」というのは、家賃をどうしても払ってくれない滞納者に物件を引き払ってもらうことですが、もともと滞納している状況の人が自ら退去に応じるとは考えにくいですし、強制的に出て行かせることはそう簡単ではありません。 では、督促から始ま...
相続物件

土地の相続後、すぐに売却したほうがいい理由をわかりやすく解説

活用する予定のない相続した土地を「譲り受けた財産だから・・」という理由で、大切に持っているだけ・・というケースが多いのではないでしょうか?「持っているだけ」では土地の維持費がかさむだけで、「得」をすることはありません。 ところが、土地...
再建築不可

なかなか売れない土地を買取してもらう方法をわかりやすく解説します!

土地を売ってしまいたいとき誰もが欲しがる土地であればすぐに売却できてしまうでしょう。 しかし、問題を抱えた土地であるために売却が難しい土地だったらどうしたら良いのでしょうか。 買い手がつき辛い土地の特徴と活用方法及び売却方法とな...
再建築不可

長屋を高く売却するために気を付けておきたいポイントをわかりやすく解説

集合住宅というとマンションやアパートなどをイメージされる方が多いと思いますが、長屋とか連棟式建物と呼ばれるものがあります。 長屋・連棟式建物は、再建築が難しいなど問題がある物件が多いため売却が難しいといわれており、専門的な知識がないと...
相続物件

抵当権の抹消登記はどんな流れで行うのかわかりやすく解説

住宅ローンなどを利用すると担保として提供した不動産の登記簿に抵当権の設定登記が行われますが、ローン完済時には当該抵当権の抹消登記を行うことが可能になります。 抵当権の登記が残っていると不動産の売却ができないなどの不利益を受けますので速...
タイトルとURLをコピーしました