底地を買い取ってもらう方法を超簡単解説!【おすすめ業者16選】

底地・借地

「土地を自由に扱えない」
「収益性が低い」
「借地人との関係に問題がある」

このような状況で、底地を手放したいと悩む地主は少なくありません。

底地を売却するなら、不動産買取業者に買い取ってもらうのがもっともスムーズです。

ただし、信頼できる買取業者に依頼しなければ、安く買い叩かれたり買取を断られたりするため、相談先は慎重に選ぶ必要があります。

そこで、この記事では、底地の買取に関する以下の内容をお伝えします。

本記事を読めば、あなたの底地を好条件で売却するために必要なポイントがわかります。

なお、借地人とトラブルになってしまっているなどで底地をすぐに売却したい場合は、弊社AlbaLink(アルバリンク)にご相談ください。

弊社は弁護士などの士業と連携をとりながら買取をおこなっているため、すでにトラブルが発生している底地も安全に買い取れます。
無料査定・無料相談のみのご連絡も大歓迎ですので、いつでもお問い合わせください。

>>【底地のみで高額売却・トラブル解消!】無料で買取査定を依頼する

底地・借地の売却は「訳あり物件買取プロ」へ!

底地・借地のみでも高額で売れる!

無料で底地・借地の高額査定を試す

  1. 底地とは借地権が設定された土地のこと
    1. 借地権には3種類ある!売却相場との関係性も解説
  2. 底地が売却しにくい4つの理由
    1. 購入しても土地を自由に使えないから
    2. 地代による収益性を厳しくチェックされるから
    3. 住宅ローンが組みにくいから
    4. 借地人とトラブルになる恐れがあるから
  3. 底地の売却方法4選
    1. 借地人に売却する
    2. 借地人と協力して土地と建物を同時に売却する
    3. 借地権を外したうえで売却する
    4. 専門の買取業者に売却する
  4. 底地を買取業者に買取ってもらうまでの流れ
    1. 買取業者の検討・査定依頼
    2. 査定額の報告・買取条件の交渉
    3. 売買契約
    4. 決済・引き渡し
    5. 確定申告
  5. 底地を専門とする買取業者を選ぶ4つのポイント
    1. 底地の買取実績が豊富か
    2. 買取業者自体の口コミや評判が良いか
    3. 相談から買取までのスピードが早いか
    4. 士業と密接に連携しているか
  6. 【特徴別一覧表】おすすめの底地買取業者16社
    1. 豊富な買取実績を公開している底地買取業者
      1. 株式会社AlbaLink
      2. アイティエステート株式会社
      3. 株式会社住工房エルバ
    2. スピード買取を得意とする底地買取業者
      1. 株式会社NSアセットマネジメント
      2. 株式会社あすか地所
      3. 株式会社コーワ
      4. 株式会社フレキシブル
      5. 株式会社パトリ
    3. 士業と密接に連携している底地買取業者
      1. 株式会社クランピーリアルエステート
      2. 東京都市開発株式会社
    4. 規模の大きい底地も買い取れる買取業者
      1. 株式会社サンセイランディック
      2. 株式会社ジャパンケルモ
    5. 底地運用のコンサルティングも受けられる不動産会社
      1. 株式会社ディア・エージェンシー
      2. 新生都市開発株式会社
      3. 株式会社ニーズ・プラス
      4. 株式会社ジェイ・ワン・プランニング
  7. まとめ

底地とは借地権が設定された土地のこと

底地の買取について説明する前に、前提知識として、底地について簡単に解説します。

底地とは、借地権が設定されている土地を指します。
底地の所有者を底地権者、又は地主と呼びます。

底地・借地

借地権
土地を借りた人(借地人)が地主に地代(土地の賃料)を支払うことで、土地上に建物を建てるなど利用できる権利のこと。

底地とは借地権が付いた地主の土地であり、地主は底地を借地人に貸すことで、地代を得ることができます。
一方借地人は地代を払う代わりに借地権を得て、底地に建物を建てることができます。

底地と借地権の違いについては、以下の記事で詳しく解説しています。

底地と借地権の違いは?底地を所有するメリットやデメリット、売却方法を解説!
借地権が設定された底地を所有するメリット・デメリット 底地は借地権が設定された土地のことで、底地の所有者を地主、土地を借りている人を借地人と呼びます。しかし、そもそも底地と借地権がどう違うのかについて、よく分からない方もいるのではないでし...

借地権には3種類ある!売却相場との関係性も解説

借地権には以下の3種類があり、それぞれ地主と借地人間での以下のように契約内容が異なります。

借地権の種類 契約内容
普通借地権 借地人は借地権の更新ができ、地主は正当な理由なく更新を拒否できない。

仮に正当な理由があった場合でも、借地人は地主に対して建物を時価で買い取らせることができる。

定期借地権 借地人は借地権を更新できず、地主は契約期間満了時に土地を取り返せる。

定期借地権には、一般定期借地権・建物譲渡特約付借地権・事業用定期借地権の3種類が存在するが、いずれも契約期間満了時には借地契約が終了し、土地が地主に返される。

使用貸借 使用貸借は、地主が主に無償で土地を貸している借地のこと(親の土地を子供が借りているなど)。

使用貸借においては、借地人の権利が守られていないため、地主の意思で借地人を退去ささることができる。

上記のように、借地権は種類によって契約の内容が異なり、それに伴い売却相場も異なります。

普通借地権の底地の売却価格は通常の土地より安くなります。
普通借地権は借地権の更新が可能で、借地人を立ち退かせるのが困難なため、購入しても自由に土地を使える見込みが低いためです。

定期借地権の底地は契約期間が満了すれば借地人から土地を取り返せるため、普通借地権の底地より売却しやすいといえます。
契約期間満了に近いほど通常の土地と同様の相場で売却できる見込みが高くなり、期間の残りが長いほど、相場より安くなります。

使用貸借の底地は地主の意思で借地人を立ち退かせることができるため、通常の土地と同等の相場で売却できる可能性が高いといえます。

底地を買い取ってもらう際も、借地権の種類は必要となるため、自身の底地の借地権の種類を契約書などで確認しておきましょう。

借地権の概要については以下の記事で詳しく解説しています。

旧借地権と新借地権の違いは?契約内容の注意点、リスクをわかりやすく解説
借地権の概要や旧借地権と新借地権の違い、新旧借地権を取引する際の注意点を解説します。この記事を読むと旧借地権と新着知見の違いを理解でき、借地権にまつわるトラブルを未然に防げます。

底地が売却しにくい4つの理由

前章でお伝えしたように底地には借地権が設定されており、そのことが売却しにくさにもつながっています。

底地が売却しにくい具体的な理由としては以下の4つが挙げられます。

  • 購入しても土地を自由に使えないから
  • 地代による収益性を厳しくチェックされるから
  • 住宅ローンが組みにくいから
  • 借地人とトラブルになる恐れがあるから

それぞれ解説しますが、「売却しにくい理由はわかっているので、買取相場を知りたい」という方は記事内の「底地の買取相場は「誰に」買い取ってもらうかで異なる」をご確認ください。

底地が売却できない4つの理由については、以下の記事でも詳しく解説しています。

底地が売却できない4つの理由|不動産のプロが確実に売る方法を解説
底地を最も高額で売却する方法は「借地人に売却する」です。しかし、借地人に、底地を買い取る意思と買い取れる経済力がなければ実現しません。底地を確実に手放したいのであれば、専門の買取業者に買い取ってもらうのが賢明でしょう。

購入しても土地を自由に使えないから

土地の購入希望者の多くは購入した土地に家などの建築物を立てることを目的としています。

しかし、底地は借地権が設定されており、購入しても購入者が土地を自由に活用できません。
それが底地が売却しにくい一番の理由です。

特に普通借地権が設定された底地は特に売却しにくいと言えます。
なぜなら、普通借地権が設定された底地は前述したように借地人から底地を取り返すことが困難であり、購入したところでいつになったら土地を自由に使えるようになるかわからないためです。

自身の底地に普通借地権が設定されている場合は一般の個人に売却するのはかなり難しいと思った方が良いでしょう。

ただし、普通借地権が設定されているような売却しにくい底地でも専門の買取業者に依頼すれば問題なく買い取れます。
専門の買取業者は借地人と話し合い、最終的に借地権取得して土地と建物を再販するといったノウハウを持っているためです。

弊社Albalinkも利権関係に強い弁護士と連携した専門の買取業者ですので、底地をスムーズ買い取れます。
所有する底地をすぐになるべく高値で売却したい方はぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、借地人に知られることはありませんのでご安心ください)。

>>【底地のみで高額売却・トラブル解消】無料の買取査定はこちら

地代による収益性を厳しくチェックされるから

底地売却時には買手から底地の収益性を厳しくチェックされます。

地代の収益で土地の固定資産税などのコストをまかなえなければ、購入するメリットが低いからです。

しかし、現実には地代で大きな収益を上げている地主は少数です。

固定資産税の増額など正当な理由がなければ、地代の値上げが請求できず、借地人との折り合いがつかなければ、裁判で折り合いをつける必要があります。

参照元:e-Gov法令検索|借地借家法第11条

このように地代の値上げが適切に行われず、収益性が低いままの底地は買手にとって魅力がなく、売却するのは困難になるのです。

なお、地代の計算方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

地代の計算方法を一瞬で理解できるように解説
「結局、地代の計算方法はどれが正解なの!?」結論から言うと、地代の金額は、複数の計算方法を用いて算出するべきです。ただ、適切な地代の算出には、不動産をはじめとする幅広い知識が必要になります。適切な地代を算出したいのであれば、不動産のプロに相談するのが1番手っ取り早いでしょう。

住宅ローンが組みにくいから

底地は住宅ローンが組みにくいことも売却しにくい理由の1つです。

住宅ローンが受けにくい理由は銀行が融資を判断する担保評価(不動産の担保としての価値)が、底地は通常の土地より低いためです。

底地は買手が現れても、住宅ローンが組めずに売却に至らないというケースが起こり得ます。

ただし、専門の買取業者であれば、現金で買い取るため、住宅ローンが組めないことは問題になりません。

弊社Albalinkもあなたの底地を現金で買い取らせていただきます。
底地をすぐに現金化したい方や、住宅ローンが組めないことで買手が見つからない方は、ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【底地のみで高額売却・トラブル解消!】無料で買取査定を依頼する

底地の購入でローンが難しい理由については、以下の記事で詳しく解説しています。

底地を買い取りする際にローンは使えるのか?
底地の購入を考えている借地人の方へ向けて、住宅ローンを組めるかどうかを解説しています。借地人が底地を買い取るメリットも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

借地人とトラブルになる恐れがあるから

底地を所有していると、借地人とトラブルになるリスクがあり、それも底地が売却しにくい理由の1つです。

借地人とのトラブルとしては立ち退き料や地代といった金銭のトラブルが挙げられます。
たとえば、地代を上げようと借地人と交渉したところ、「ずっと同じ金額だったのになんで今更上げるんだ」などと反発され、トラブルになることがあります。

なお、すでに借地人とトラブルになっており、すぐにでも底地を買い取って欲しい方は弊社Albalinkにお任せください。

弊社にご依頼いただけば、平均1ヶ月程度で底地の売却が完了します。
もちろん、借地人との話し合いも全て弊社が行いますので、売主様のお手を煩わせることはありません。
まずは下記無料買取査定フォームからお気軽にお問い合わせください。

>>【底地のみで高額売却・トラブル解消!】無料で買取査定を依頼する

底地で起こりやすいトラブルについては、以下の記事で詳しく解説しています。

底地の相続が発生したら必ず読むべき!トラブルを未然に防ぐ指南書
売れない訳あり不動産の活用方法なら

底地の売却方法4選

底地の売却方法は以下の4つです。

  • 借地人に売却する
  • 借地人と協力して土地と建物を同時に売却する
  • 借地権を外したうえで売却する
  • 専門の買取業者に売却する

それぞれ解説します。

借地人に売却する

借地人に底地を買い取ってもらえるのであれば、更地価格の50%程度の金額で売却できる見込みがあります。

底地を借地人に買い取ってもらう

更地価格は、国税庁が設定している路線価を使って算出できます。

路線価とは、道路に面している土地の価格(千円/㎡)のことです。
更地の状態で土地を売買する際の目安となる価格(公示価格)の80%程度に設定されています。

よって、路線価を使った更地価格を求める計算式は、下記のように表されます。

路線価から更地価格を求める計算式
更地価格=路線価(千円/㎡)×土地の面積(㎡)÷0.8

たとえば、路線価が140(千円/㎡)、土地の面積が130(㎡)の土地の更地価格は、下記のように計算できます。

更地価格=140(千円/㎡)×130(㎡)÷0.8
=22,750,000(円)

このように算出した更地価格の50%程度で売却できる見込みがあるのが、借地人に買い取ってもらう方法です。
これは、底地を1番高額で売却できる方法です。

底地を買い取ることで、借地人は土地の全ての所有権を得て、自由に土地を活用できるからです。

例をあげるとすれば、建物の増築や土地の売却、賃貸経営などを自らの意思でおこなえます。

ただし、借地人に底地を買い取ってもらうには、売主(地主)から交渉をもちかけることになるので、労力がかかります。

借地人に底地を買い取れる経済力がなければ、価格の値下げを要求され、トラブルに発展してしまうことも珍しくはありません。そもそも買取を断られるおそれもあります。
要するに、借地人に底地を買い取ってもらえるかどうかは、借地人の意向次第です。

「借地人に底地を買い取る意向がない」「そもそも借地人と交渉したくない」という方は、後述する買取業者に買い取ってもらうことになります。

なお、底地の買取相場や算出方法など詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてお読みください。

底地の買取相場をカンタン解説!高く売るテクニックも売却相手別にご紹介
底地の買取相場は「売却相手」と「底地の条件」によって変わる 冒頭でもお伝えした通り、底地の買取相場は「売却相手」「底地の条件」によって、更地価格のどれくらいになるのかが大きく異なります。 そこで、この章ではまず更地価格の算出方法をご...

借地人と協力して土地と建物を同時に売却する

借地人と協力して、底地・借地を同時売却する方法もあります。

借地人と協力して底地と借地を同時売却する

底地のみで売り出しても、買主が見つかる可能性は極めて低いです。

しかし、借地・底地が同時に取得できるのであれば、市場価値が高まるため、買主が見つかる可能性は高くなります。
買主は取得した土地を自由に利活用できるため、市場相場での売却も期待できます。

ただし、底地・借地を同時売却するには、借地人の合意が必要です。

また、借地人に売却の意思があっても、売り出したいタイミングも合致している必要があり、実現のハードルは高めといえます。

借地権の更新・相続による代替わりなどが発生したタイミングであれば、借地人に同時売却の提案をするのも一つの手段です。

底地と借地権の同時売却については、以下の記事で詳しく解説しています。

底地と借地権を同時売却する際の流れを分かりやすく解説!
同時売却とは底地と借地権のセット販売 同時売却とは、借地権(もしくは借地権付き建物)と底地(借地権が設定されている土地のこと)を同じタイミングで第三者に売却することです。 借地権と底地をセットにすれば完全所有権の土地として売...

借地権を外したうえで売却する

借地権を外したうえで、底地を売却する方法もあります。

底地に付着した借地権がなくなれば、一般的に流通している土地と同様の扱いとなるため、購入希望者は募りやすくなります。

借地権を外して売却する具体例は、底地の一部・借地権の一部を等価交換してから売り出す方法です。

借地人と話し合い、等価交換が成立すれば、地主の土地・借地人の土地はそれぞれ完全所有権となるため、売却しやすくなります。
土地を完全に自由に活用できるようになり市場価値も高められるため、借地人にとってもメリットが大きい方法です。

ただし、所有する土地の面積がお互いに狭くなる点は注意が必要です。

分割する割合は当事者間の話し合いで決めますが、土地面積が狭い底地の場合、お互い土地利用に支障をきたす可能性があります。

一定の広さがある底地であれば、借地人に等価交換を提案してみる価値はあるでしょう。

底地と借地権を等価交換する方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

底地と借地権を等価交換するメリットは?デメリットや発生する税金も解説!
等価交換とは底地の一部と借地権の一部を交換すること 等価交換とは、底地の一部と借地権の一部を地主と借地人が相互に交換する方法を指します。具体的には借地権の一部が借地人から地主に返還され、代わりに底地の一部を地主から借地人に譲渡する形です。...

専門の買取業者に売却する

前述の通り、借地人に底地を買い取ってもらうには、借地人からの同意が必須です。

それに対して、底地を専門とする買取業者に依頼すれば、適正な価格で確実に底地を買い取ってもらえます。

専門の買取業者は、買い取った底地を収益化するノウハウを豊富に持っているからです。

買取業者の底地を収益化するノウハウ

  • 借地人に交渉して底地と借地を同時売却する
  • 借地人から借地を買い取って土地として活用する

どんな底地も収益化に繋げる自信があるため、一般の個人は欲しがらない底地も、買取業者なら高額買取が可能です。

業者が買い取った底地を収益化するまでに人件費等のコストがかかりますし、会社を運営していくには利益も見込む必要があるので、底地の買取価格は更地価格の10%程度です。

「更地価格の10%なんて安すぎる…」と感じるかもしれませんが、専門の買取業者に依頼すれば、借地人に買い取ってもらえない限り1円にもならなかった底地を確実に手放せます。

「借地人に底地を購入する意思はなさそう…」「不動産業者に、底地は取り扱わないと言われてしまった」など、お悩みの方は、底地に強い専門の買取業者底地などの訳あり不動産に特化した不動産業者に相談してください。

もちろん、弊社AlbaLink(アルバリンク)にも、お気軽にご相談ください。

>>【底地のみで高額売却・トラブル解消!】無料で買取査定を依頼する

底地を買取業者に買取ってもらうまでの流れ

実際に底地を売却する際には、以下のような流れで進みます。

  1. 買取業者の検討・査定依頼
  2. 査定額の報告・買取条件の交渉
  3. 売買契約
  4. 決済・引き渡し
  5. 確定申告

買取業者の検討・査定依頼

本記事で紹介している買取業者などを参考に、まずは買取業者の検討を行い、査定依頼をしましょう。

買取業者を比較し、より好条件で買い取ってくれる業者を選定するため、必ず複数の買取業者に査定を依頼してください。

目安として、問い合わせフォームの入力内容から査定額を算出する「机上査定」を複数社・現地調査に基づいて提示する「訪問査定」を3社ほど依頼して、比較・検討をしましょう。

No819_机上査定と訪問査定の違い

>>【底地のみで高額売却・トラブル解消!】無料で買取査定を依頼する

査定額の報告・買取条件の交渉

査定依頼をした後は、買取業者から査定額の報告を待ちます。

買取業者によって査定額の報告までの時間は異なりますが、査定依頼からおおむね1〜3日程度で回答をもらえます。

この際、買取価格が少しでも高くなるよう、売買契約の締結するまでの間に、他社の査定額を引き合いに出して担当者に価格交渉も行いましょう。

売買契約

各社の査定報告が完了した後は、どこか1社を選び売買契約を締結します。

売買契約で取り交わす不動産売買契約書には、対象となる不動産の基本情報や取引の特約などが記載されています。

売買契約書(販売用)

見慣れない単語も多いですが、売買後のトラブルを未然に防ぐためにも不明点は担当者に確認しておきましょう。

決済・引き渡し

通常であれば売買契約から1ヶ月程度、早ければ1週間以内に不動産の引き渡しを行います。

引き渡し後の登記(不動産の権利を移転する手続き)は、基本的に買取業者が手配した司法書士が手続きを進めてくれます。

そのため、売主(地主)は決済・引き渡し当日、司法書士が用意する書類への署名・捺印と売買代金の受け取り程度で完了します。

確定申告

不動産を売却したら、売却益に対して譲渡所得税が課せられるため、確定申告が必須です。

翌年の2月15日から3月16日の間に、管轄の税務所にて確定申告を済ませましょう。

不動産を売却する際の確定申告については、以下の記事で詳しく解説しています。

共有名義の不動産を売却した際の確定申告を完全網羅
共有名義不動産売却時の税金 これは共有不動産でも単有不動産でも同じことですが、もし不動産を売却して利益が発生していたらその「売却益(譲渡所得)」、要するに「儲かった分」に税金がかかってきます。 譲渡所得を計算する際に...

底地を専門とする買取業者を選ぶ4つのポイント

底地の買取業者を選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  • 底地の買取実績が豊富か
  • 買取業者自体の口コミや評判が良いか
  • 相談から買取までのスピードが早いか
  • 士業と密接に連携しているか

それぞれについて解説します。

底地の買取実績が豊富か

買取業者のホームぺージから、底地の買取実績を豊富に持っているか、確認しましょう。

底地の買取実績が豊富な業者であれば、これまで蓄積してきた知識や活用ノウハウを活かして、底地をより確実に買い取れるからです。

注意点として、買取業者の中には「底地も買い取れる」とホームページに記載しながらも、通常の戸建てやマンション等をメインに扱っており、底地を実際に買い取った実績の無い業者もいます。

このような業者に底地の買取を依頼すると、経験不足から借地人に配慮した対応をできず、トラブルに発展してしまうおそれもあります。

以上のことから、底地の買取実績が豊富にあるかどうかをホームページの買取事例等で確認しましょう。

買取業者自体の口コミや評判が良いか

不動産は大きな金額が動く取引なので、不動産業者の質には注意しなければなりません。

買取を依頼する前に不動産業者の名前で検索をかけ、どのような口コミや評判があるかを業者のホームページやGoogleの口コミなどでチェックしましょう。

弊社が独自に行った「不動産会社の情報を調べる手段」のアンケート調査では、46.4%の人が「ネットや知人の口コミ」を参考にすると答えています。

不動産会社を調べるとき、46.4%の人が「ネットや知人の口コミ」を参考にしている不動産会社の情報を調べる手段

引用元:不動産会社を利用するときに重視することランキング

ただし、インターネットの情報はすべて正しい訳ではないため、最終的には実際に相談をするなかで、親身に相談にのってくれるか、適切な提案をしてくれるかなど、信頼できる会社や担当者を見極める必要があります。

弊社AlbaLink(アルバリンク)も底地をはじめとした訳あり不動産を積極的に買い取っており、口コミでも高評価をいただいております。

相馬桂子
相馬桂子
2023-09-29
担当してくれた方がとても優しく 迅速に処理していただけてるので助かっております
豊田直子
豊田直子
2023-09-04
役場から空家の適切な管理をお願いしますと通知が来ました。早くどうにかしないとご近所に迷惑がかかると思いネットでアルバリンクさんを検索し相談しました。担当の野間さんが丁寧な対応で「一緒に頑張りましょう」と言って頂き、心強かったです。買取りもスピーディで、本当に感謝しています。ありがとうございました。
山本建夫
山本建夫
2023-09-01
二十数年前に四国(松山市内)の実家を相続しましたが、今後とも活用の予定がなく、処分(売却)する方向で地元(松山市)の不動産業者を中心に処分の相談をしていましたが、立地条件等の関係から話がまとまらず、困っていました。 そんな折、たまたまテレビ(フジテレビ系列)でアルバリンクさんの「空き家処分について」の放映が目に留まりました。早速、相談させていただこうと電話で土地と建物の現状を説明したところ、担当の方(池澤さん)が非常に親切で丁寧にご対応くださり、おかげさまで売買契約の締結に至りました。アルバリンクさんのテレビ放映を見るまでは、もう処分は無理かと諦めていたこともありました。 アルバリンクさん(担当:池澤さん)に出会えて本当に良かったです。感謝しております。ありがとうございました。
木村敏子
木村敏子
2023-08-12
このたびは、アルバリンク担当安藤様に大変お世話になりました。父の相続手続きで、一番ネックだったのが、10年近く空き家状態になっていた実家の処遇でした。地元の不動産屋数件にも現地確認に来てもらいましたが買い取りを断られ続け、更地にしてはどうか?と提案されましたが、数百万かけて解体しても、再建築不可の土地のため、売れるはずがないと途方に暮れていました。 そんな時、たまたまネット検索で訳あり物件買取プロがヒットし、安藤さんと数回お電話させていただき、とても親しみやすい方で親身に話を聴いていただいたことを覚えています。しかも、ラインで実家の写真や不動産関係書類を送信するだけで、こういった取り引きが成立することに、まずは驚きました。先祖代々引き継がれた、父母とも過ごした思い出の家でしたが、再建築不可の場所でもアルバリンクさんのおかげで、所有権移転登記することができました。誠に感謝申し上げます。 今回、アルバリンク様のおかげで売却できたこと、お盆のお墓参りで先祖にも報告できましたし、自分自身の気持ちもスッキリ軽くなりました。本当にありがとうございました!!
ちゃむ
ちゃむ
2023-07-28
再建築不可(家の側の道は原付が通れる幅しかない)、残置物あり、長年動物を飼育していたため家屋のダメージあり…と地元の不動産会社数件には相手にもされなかった実家の物件を藁にもすがる思いでアルバリンク様に相談させて頂きました。きっと断られるんだろうなと思いましたが、担当の池澤様から前向きな返答を頂きビックリした事を覚えています。 私が体調面で不安を抱えていた事も考慮して下さり、なるべく身体に負担のないようにスムーズに進めて下さいました。 リフォームするとしても数百万かかるだろうし、同じく数百万かけて解体しても使い道がなく税金が跳ね上がるだけの負の遺産を手放せた時には長年の悩みが無くなり肩の荷が下りました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。御丁寧に対応して下さり本当にありがとうございました。
森の熊
森の熊
2023-07-21
不動産の悩みは、同業多くあれどAlbaLinkさんは外さない方がいいです。担当者さんが親身で丁寧、LINEでリアルタイムに写真付きでやり取り出来て話も早い。安心して取り引き出来ます、たいへん助かります。
おはゆうちゃん
おはゆうちゃん
2023-06-28
再建築不可&傾いた古い家の処分で困ってました。 地元の不動産では相手にもされず、固定資産税の関係で更地にもできず、草抜きや隣家との対応など高年齢が近い夫婦ではとても日頃の管理は重労働でした。 こちらに相談したところ快く買い取っていただき、肩の荷がおりました。本当にありがとうございました。 担当いただいた菊池様の心遣いに感謝しております。
ウーティスメチウス
ウーティスメチウス
2023-06-09
横浜在住です。築50年以上の中国地方の再建築不可戸建てを相続し、不動産買取業者に聞いても断られ、処分に困っていました。必死の思いでネットで見つけたアルバリンクさんに査定依頼したところ、すぐに米長さんからご連絡をいただき、親身に相談にのっていただきました。一週間後には売買契約書に署名捺印の運びとなりました。本当に助かりました。

担当者の丁寧かつスピーディーな対応に定評のある弊社に、ぜひご相談ください。
もちろん強引な営業はないので、ご安心ください。

>>【売れない底地も高額売却!】無料の買取査定を依頼する

相談から買取までのスピードが早いか

底地の売主(地主)の方の中には、売却をお急ぎの方もいるかと思います。

底地を早く買い取ってもらいたい方は、買取業者が何日で底地を現金化できるのか確認してから、業者を選び出しましょう。
査定を相談から何日以内に行うか、最短でいつまでに買取できるかをホームページに明記している業者もあります。

買取までのスピードを重視したい方は、事前に買取業者のホームページなどをチェックしてみてください。

士業と密接に連携しているか

ご存知の通り、底地は底地権と借地権が分かれているので、権利関係が複雑です。

加えて、底地を所有している方の中には、「複数人で底地権を共有している」「他の相続人と底地の相続を巡ってトラブルになっている」など、借地人以外とも権利関係を巡った紛争に発展してしまう方もいます。

そこで、権利関係に問題を抱えた底地を手放したい方は、弁護士や税理士などの士業とも密接に連携している買取業者を選ぶことをおすすめします。

弁護士等の士業と連携している専門の買取業者であれば、借地人や他の共有者とのトラブルの解決と底地の買取を、1つの窓口で対応できるからです。

記事内で後述するページリンク「士業と密接に連携している底地買取業者」を参考に、権利関係についても相談できる買取業者を選びましょう。

弊社AlbaLink(アルバリンク)も、弁護士・司法書士・税理士などの各専門家と連携をとりながら買取業務を行なっております。
底地をトラブルなく買取してもらいたい方は、ぜひお問い合わせください。
もちろん、査定・相談のみのご連絡も大歓迎です。

>>【売れない底地も高額売却!】無料で買取査定を依頼する

【特徴別一覧表】おすすめの底地買取業者16社

前章では、底地の買取を依頼する業者を選ぶポイントをご紹介しました。

とは言っても、国内に数多くある買取業者から自身の希望にあった業者を選ぶのは、なかなかに時間がかかります。

というわけで、この章では、下記のように特徴別でおすすめの底地買取業者16社をご紹介します。

  • 豊富な買取実績を公開している
  • スピード買取が得意
  • 士業と密接に連携している
  • 規模の大きい底地も買い取れる
  • 買取だけでなく底地運用のコンサルティングも受けられる

これらを参考に、よりあなたの希望にあった買取を叶えてくれる業者を探してみてください。

豊富な買取実績を公開している底地買取業者

お伝えした通り、底地を専門とする買取業者を選ぶ際、買取実績を豊富にもっているか確認することが重要です。

底地の買取実績が豊富であれば、蓄積した活用ノウハウを活かしてより高く物件を買い取れるからです。

そこで、まずは底地の買取実績が豊富な底地買取業者をご紹介していきます。

  • 株式会社AlbaLink
  • アイティエステート株式会社
  • 株式会社住工房エルバ

それぞれの特色も合わせて見ていきましょう。

業者名 おすすめ度 対応エリア 買取実績・相談実績
株式会社AlbaLink ★★★★★ 全国 買取実績年間600件超
相談件数年間5000件(※)
アイティエステート ★★★☆☆ 東京
神奈川
埼玉
底地・借地権・アパートなど
㈱住工房エルバ ★★★☆☆ 東京都内 杉並区底地
品川区底地
新宿区収益ビルなど

※株式会社Albalink:2023年1月1日~2023年10月25日現在の実績:相談/5,555件:買取/600件

株式会社AlbaLink

当サイトを運営しております、弊社「株式会社Alba Link(アルバリンク)」は、2011年の創業以来、底地をはじめとする売却の難しい物件を全国的に数多く買い取ってきました。

弊社は、お客様のご要望に合わせ、適正な価格で底地を買い取りいたします。

不動産業界に長年携わってきた不動産買取のプロフェッショナルが、これまでの経験を活かし、最適な活用方法をご提示できるからです。

年間相談実績は5,000件(※)を超え、実際に買取をご依頼くださったお客様からも、喜びの声を頂戴しております。(弊社の底地買取事例をご紹介をご覧ください)

※2023年1月1日~2023年10月25日現在の物件査定に関する相談実績5,555件

他社の買取価格に納得できなかった」「他社の担当者をいまいち信頼できなかった」という方も、ぜひ我々にお任せください。

>>【底地のみで高額売却・トラブル解消!】無料で買取査定を依頼する

会社名 株式会社AlbaLink
創業 2011年1月
本社所在地 東京都江東区富岡2-11-18 リードシー門前仲町 6F
営業時間 10:00〜19:00(日曜定休)
公式サイト https://wakearipro.com/

アイティエステート株式会社

アイティエステート株式会社は、東京都港区に本社を置く2011年創業の不動産買取業者です。

同社は、東京都、神奈川県、埼玉県を中心に底地を数多く買い取っており、300件以上もの買取実績をホームページにて公開しています。

買取のほか、ファイナンシャルプランナーによる資産保有のアドバイスをもらうことも可能です。

底地を買い取ってもらうか、今後も所有していくかも合わせて相談したい方におすすめです。

アイティエステート株式会社のホームページでは過去の取引実績を確認できるため、ぜひ参考にしてください。

会社名 アイティエステート株式会社
創業 2011年9月
本社所在地 東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー6階
営業時間 9:00〜20:00(日祝隔週土曜定休)
公式サイト http://www.it-estate.co.jp/

株式会社住工房エルバ

株式会社住工房エルバは、東京都練馬区に本社を置く1981年創業の老舗不動産買取業者です。

同社では創業以来、主に都内の底地を積極的に買い取っており、物件のおおよその住所や広さ等も含めて50件以上もの買取実績を公開しています。

借地人との権利の調整交渉などの管理業務もおこなっているので、買取一択ではなく借地人への交渉の依頼も検討している方におすすめです。

会社のホームページで底地の買取実績を確認できるため、興味がある方は確認してみましょう。

会社名 株式会社住工房エルバ
創業 1981年4月
本社所在地 東京都練馬区関町北4-17-9
営業時間 10:00〜18:00(日水定休)
公式サイト http://www.j-elba.com/

スピード買取を得意とする底地買取業者

底地の買取を依頼する際、「どれくらいの日数で引き取ってもらえるのか」に注視される方は多くいるかと思います。

土地を所有しているだけで固定資産税の支払いはかさむ一方ですから、少しでも早く底地を買い取ってもらえるに越したことはありません。

そこで、底地のスピード買取を得意とする底地買取業者をご紹介いたします。

  • 株式会社NSアセットマネジメント
  • 株式会社あすか地所
  • 株式会社コーワ
  • 株式会社フレキシブル
  • 株式会社パトリ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

業者名 おすすめ度 対応エリア 買取実績・相談実績
NSアセットマネジメント ★★★★☆ 全国 底地
共有持分の物件
再建築不可物件など
㈱あすか地所 ★★★★☆ 東京
神奈川
千葉
埼玉県
底地
株式会社コーワ ★★★☆☆ 東京23区
横浜市
川崎市など
 底地
フレキシブル㈱フレキシブル ★★★☆☆ 全国 買取実績過去10年間で100棟以上
㈱パトリ ★★☆☆☆ 東京都23区 底地
共有持分の物件
再建築不可物件など

株式会社NSアセットマネジメント

株式会社NSアセットマネジメントは、東京都港区に本社を置く2016年創業の不動産買取業者です。

同社では、底地などの訳あり物件を最短3日で買い取れます。

在籍するスタッフの多くが自身も不動産投資家として実践しており、底地活用の幅広い知識を持ち合わせていることで、物件に合った活用方法を素早く提示できるからです。

また、同社が定期的に開催している不動産買取セミナーで投資家との繋がりを形成していることも、スピーディーな買取を実現している要因の1つです。

全国を対象にスピード買取をおこなっていますので、底地の早期売却をご希望の方におすすめです。

会社名 株式会社NSアセットマネジメント
創業 2016年6月
本社所在地 東京都港区元赤坂1丁目5-7 ラ・ベリテAKASAKA 7F
営業時間 9:00〜18:00(水曜定休)
公式サイト https://nsam.jp/

株式会社あすか地所

株式会社あすか地所は、東京都品川区に本社を置く2011年創業の不動産業者です。

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を対象に底地を買い取っており、査定は最短12時間、買取は最短3日で対応しています。

早急に売却したい底地を対象エリア内に所有する方におすすめです。

会社名 株式会社あすか地所
創業 2011年11月
本社所在地 東京都品川区東五反田2-3-5 五反田中央ビル5F
営業時間 10:00〜19:30(土日定休)
公式サイト https://asukajisho.co.jp/

株式会社コーワ

株式会社コーワは、神奈川県横浜市に本社を置く1970年創業の老舗不動産業者です。

主な対応エリアは東京23区、横浜市、川崎市ですが、鎌倉市や藤沢市、浦安〜木更津市の内房エリアの物件も相談できます。

対応エリアは限られるものの、相談から最短3日で決済&引き渡しが可能です。

会社名 株式会社コーワ
創業 1970年8月
本社所在地 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4丁目32番21号マエダ中央ビル8階
営業時間 9:00〜18:00(土日定休)
公式サイト https://www.ko-wa.com/

株式会社フレキシブル

株式会社フレキシブルは、東京都台東区に本社を置く1992年創業の不動産買取業者です。

10億円までであれば翌日に決済できる、買取の早さと資金力の高さが強みです。

規模の大きい底地をすぐにでも買い取ってもらいたい方におすすめです。

会社名 株式会社フレキシブル
創業 1992年8月
本社所在地 東京都台東区東上野1-15-2 エムビルⅡ3階
営業時間 10:0〜18:00(土日定休)
公式サイト https://www.flexible-fudousan.com/

株式会社パトリ

株式会社パトリは、東京都港区に本社を置く2014年創業の不動産業者です。

事務所のある港区を中心に、東京都23区地域密着型で営業しているので、スピーディな対応が可能です。

土日も相談を受け付けているため、土日しか動けない方にもおすすめです。

会社名 株式会社パトリ
創業 2014年4月
本社所在地 東京都港区南青山5丁目12番28号メゾン南青山503号室
営業時間 10:00〜19:00
公式サイト https://www.ptr.co.jp/

士業と密接に連携している底地買取業者

底地と言っても、複数人で権利を共有している状態や、他の相続人と意向が揃わないなど、権利関係が複雑になっている方もいるでしょう。

そこで、弁護士や税理士などの士業とも密接に連携している底地買取業者をご紹介します。

  • 株式会社クランピーリアルエステート
  • 東京都市開発株式会社/li>

それぞれ詳細を見ていきましょう。

業者名 おすすめ度 対応エリア 買取実績・相談実績
株式会社クランピーリアルエステート株式会社クランピーリアルエステート ★★★★☆ 全国 底地
再建築不可物件
事故物件など
東京都市開発 ★★★☆☆ 関東 底地
共有持分の物件
老朽化したアパートなど

株式会社クランピーリアルエステート

株式会社クランピーリアルエステートは、東京都中央区に本社を置く、2018年創業の不動産買取業者です。

同社は全国1,200以上の士業事務所との連携を基盤に案件を数多く扱っているため、権利関係の問題解決と底地の売却を同時に叶えたい方におすすめです。

会社名 株式会社クランピーリアルエステート
創業 2018年2月
本社所在地 東京都中央区築地2-10-6Daiwa築地駅前ビル9F
営業時間 10:00〜19:00(土日定休)
公式サイト https://c-realestate.jp/

東京都市開発株式会社

東京都市開発株式会社は、東京都千代田区に本社を置く2000年創業の不動産買取業者です。

不動産に関する税務を得意とする「東京シティ税理士事務所」と提携しており、同社のホームページから直接税理士に相談できます。

買取業者に底地の売却について相談する前に、税理士に話を聞いてみたい方におすすめです。

会社名 東京都市開発株式会社
創業 2000年7月
本社所在地 東京都千代田区永田町2丁目17番13号 東京都市開発ビル
営業時間 9:00〜18:00(日祝定休)
公式サイト https://www.tokyo-tk.jp/

規模の大きい底地も買い取れる買取業者

底地の面積が広くてなかなか買い取ってもらえずお悩みの方も、中にはいるかと思います。

そんな方に向けて、規模の大きい底地も買い取れる買取業者をご紹介します。

  • 株式会社サンセイランディック
  • 株式会社ジャパンケルモ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

業者名 おすすめ度 対応エリア 買取実績・相談実績
サンセイランディック ★★★★☆ 記載なし 底地年間査定件数2000件
株式会社ジャパンケルモジャパンケルモ ★★★☆☆ 関西 底地
共有持分の物件など

株式会社サンセイランディック

株式会社サンセイランディックは、東京都千代田区に本社を置く1976年創業の老舗不動産業者です。

同社の資本金は8億円を超えており(2023年1月現在)豊富な資金力を元手に、1億円以上の大型の案件でも買取を行っています。

東証一部上場企業でもあるため、依頼する際の安心感も大きいでしょう。

資金力が強く、全国を対象に底地を買い取れる業者をお探しの方におすすめです。

会社名 株式会社サンセイランディック
創業 1976年2月
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル5階
営業時間 9:30〜18:30(土日祝定休)
公式サイト https://www.sansei-l.co.jp/

株式会社ジャパンケルモ

株式会社ジャパンケルモは、大阪府大阪市に本社を置く1999年創業の不動産買取業者です。

同社は、底地や共有持分の買取に特化しており、最大10億円まで買取が可能です。

主に関西圏を中心に対応しており、大阪市内だけでも合計約3万坪の取引実績があります。

関西圏に大型の底地を所有している方におすすめです。

会社名 株式会社ジャパンケルモ
創業 1999年8月
本社所在地 大阪府大阪市東淀川区東淡路2丁目17番4号
営業時間 9:00〜18:00(土日祝定休)
公式サイト https://kelmo.co.jp/

底地運用のコンサルティングも受けられる不動産会社

この記事を読んでいる地主の方の中には、買取だけではなく、別の売却方法や今後も底地を所有し続けることも合わせて検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方に向けて、底地の売却方法や運用に関する相談も可能な不動産会社をご紹介します。

  • 株式会社ディア・エージェンシー
  • 新生都市開発株式会社
  • 株式会社ニーズ・プラス
  • 株式会社ジェイ・ワン・プランニング

1社ずつ、具体的な特色を見ていきましょう。

業者名 おすすめ度 対応エリア 買取実績・相談実績
ディア・エージェンシー ★★★★☆ 記載なし 底地・貸家
老朽化したアパートやマンション、再建築不可など
新生都市開発株式会社新生都市開発 ★★★★☆ 関西 底地
共有持分の物件
老朽化したアパート・マンションなど
㈱ニーズ・プラス ★★★☆☆ 記載なし 底地・借地・借家など
ジェイ・ワン・プランニング ★★★☆☆ 東京
神奈川
千葉
世田谷区底地
新宿区共有持分の物件
葛飾区複合ビル

株式会社ディア・エージェンシー

株式会社ディア・エージェンシーは、東京都渋谷区に本社を置く2012年創業の底地専門の不動産会社です。

税務や法務、不動産市場、物件の個別性など多角的な視点から分析を行うことで、最適な売却プランを提案できます。

買取以外にも、底地を売却する方法を検討したい方におすすめです。

会社名 株式会社ディア・エージェンシー
創業 2012年5月
本社所在地 東京都渋谷区代々木4-37-8アンクレール初台1F
営業時間 10:00〜19:00 土曜:10:00~17:00(日祝定休)
公式サイト http://www.dear-a.co.jp/

新生都市開発株式会社

新生都市開発株式会社は、大阪府大阪市に本社を置く、2013年創業の不動産買取・不動産コンサルティング会社です。

立地や土地の大小に関わらず、税金面や収益性も考慮しながら、最適な売却方法を提案できます。

大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県の近畿圏の不動産を積極的に取り扱っているため、関西に底地をお持ちの方におすすめです。

会社名 新生都市開発株式会社
創業 2013年
本社所在地 大阪府大阪市北区西天満3-6-35 F+BASE brunoビル6F
営業時間 9:00〜18:00(日祝定休)
公式サイト http://www.shinseitoshi.co.jp/

株式会社ニーズ・プラス

株式会社ニーズ・プラスは、1989年創業の底地や借地を専門とする不動産コンサルティング会社です。

同社は、底地や借地の買取のみならず、底地の抱える問題解決に向けた対策の提示も得意としています。

30年以上の経験を活かし、最適な買取プランや活用プランを選択できるからです。

買取一択ではなく、底地の運用についても相談したい方におすすめです。

会社名 株式会社ニーズ・プラス
創業 1989年11月
本社所在地 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル1036区
営業時間 9:30〜19:00(日曜祭日、第2第4土曜日)
公式サイト https://www.needs-p.jp/

株式会社ジェイ・ワン・プランニング

株式会社ジェイ・ワン・プランニングは、東京都千代田区に本社を置く2002年創業の不動産業者です。

同社は、権利調整を得意としており、収益性が低い土地や、借地権者が立ち退かず賃上げにも応じない土地でも高額買取が期待できます。

地域の5年後、10年後、20年後を見越したうえで、物件に最適な資産活用方法を選択できるからです。

土地の有効活用に関するアドバイスをもらうことも可能ですから、底地の売却だけでなく、今後の運用もご検討されている方におすすめです。

会社名 株式会社ジェイ・ワン・プランニング
創業 2002年3月
本社所在地 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷32階
営業時間 9:00〜19:00(日祝定休)
公式サイト https://www.j1planning.co.jp/

まとめ

底地を買い取ってもらう方法や、おすすめの買取業者、買取相場について解説しました。

底地を確実に売却したいなら、専門の買取業者に依頼するべきでしょう。

専門の買取業者に依頼することで、売主には以下のようなメリットがあります。

  • 他社で断られた底地でも買取してもらえる
  • 底地専門の買取業者は高額買取が可能
  • 買取業者自身が購入するので現金化まで早い

弊社AlbaLink(アルバリンク)は、底地などの訳あり不動産の買取に特化した専門業者です。
2019年から、訳あり不動産に悩む所有者様のご相談を、数多くお受けしてきました。
訳あり不動産の買取実績も多く、フジテレビの「イット」でも市場で売れない不動産を買い取る買取業者として特集された実績もございます。

イットで紹介されました

底地の売却にお悩みの方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。
我々がお力になれれば幸いです。

>>【底地のみで高額売却・トラブル解消!】無料で買取査定を依頼する

「底地 買取」のよくある質問

権利関係が複雑な底地の売却時には、トラブルが発生するケースも少なくありません。底地をスムーズに手放したいのであれば、専門の買取業者に売却を依頼するべきでしょう。
底地の売却相場は、公示価格(更地価格)の10~15%と言われています。底地権は、完全な土地の所有権ではないため、当然普通の土地より大幅に安価になってしまいます。
監修者
株式会社AlbaLink代表取締役の河田憲二です。同社は空き家や事故物件などの売れにくい不動産の買取再販を行う不動産業者です。同社が運営しているサービスサイトである「訳あり物件買取プロ」の運営者も務めています。同社は東京証券取引所東京プロマーケット市場にも上場している不動産会社になります。

底地のみでも高額売却できる無料の買取査定を依頼する

    物件種別必須
    物件住所必須

    お名前必須
    電話番号
    メールアドレス必須
    備考

    個人情報の取扱いについて」に同意の上、送信してください。

    簡単入力30秒
    訳あり物件の売却は
    今すぐご相談ください
    底地・借地
    この記事をシェアする
    facebook twitter
    訳あり物件買取プロ
    タイトルとURLをコピーしました