ゴミ屋敷の高額買取業者6社を厳選!4つのポイントで見極める

訳あり物件
facebook twitter

「ゴミ屋敷を家ごと買い取ってもらいたい」
「買取業者の選び方がわからない」
「探そうと思っても、不用品回収業者や清掃業者ばかり」

このように、ゴミ屋敷を手放したくても買取業者が選べずにいる方が多くいるかと思います。

たくさんのゴミを溜め込んでしまったゴミ屋敷は、売却までにコストがかかるため、所有者が納得できる価格で買い取れる業者は限られます。

そこでこの記事では、ゴミ屋敷を高額買取できる買取業者を選ぶポイント4つと、おすすめのゴミ屋敷専門買取業者6社をご紹介します。

ご紹介する6社は全て全国のゴミ屋敷の買取に対応しており、記事内では各社の特色についても解説しています。

まずは自分の希望にあった業者をいくつかセレクトし、査定を依頼してみてください。

あなたの希望に沿ってゴミ屋敷を買い取ってくれる買取業者が見つかります。

そのほか、下記についても説明してるので、ぜひ最後まで読んでいただき、所有するゴミ屋敷を悩まず売却していただければと思います。

  • ゴミ屋敷を買取業者に買い取ってもらうべき理由
  • ゴミ屋敷買取相場は市場価格からコストが差し引かれて決まる
  • ゴミ屋敷を放置してはいけない理由

弊社は、ゴミ屋敷だけでなく、そのほか家屋の状態や相続等に問題を抱えているゴミ屋敷等物件も買い取っております。

査定だけでも無料で承っていますので、他社の買取業者ともあわせて比較してください。

>>【どんなゴミ屋敷でも金額提示!】完全無料査定はこちらから

どんな物件でも買い取ります

訳あり物件専門の不動産会社がスピード査定!

監修者
株式会社AlbaLink代表取締役の河田憲二と申します。訳あり物件や売りにくい不動産の買取再販業を営んでおります。サービスサイトとして、「訳あり物件買取PRO」を運営しています。訳あり物件買取PROの責任者として、執筆・編集・監修のすべてに携わっています。
目次
  1. ゴミ屋敷を専門の不動産買取業者に買い取ってもらうべき理由
    1. ゴミ清掃業者との違い
    2. 不動産仲介業者との違い
    3. ゴミ屋敷を専門買取業者に依頼するメリット
      1. 1週間から1ヶ月程度で現金化できる
      2. ゴミ屋敷を家屋ごと買い取ってもらえる
      3. 売却後の売主責任を一切負わない
  2. 相場より高額買取するゴミ屋敷買取業者選びのポイント4つ
    1. 買取実績が豊富にある
    2. 査定価格に明確な根拠を持っている
    3. 弁護士等の専門家と連携している
    4. 担当者がすばやく的確に対応してくれるか
  3. ココに頼めば間違いない!ゴミ屋敷買取業者6社
    1. 株式会社AlbaLink/訳あり物件買取プロ【どんな物件も高額&確実買取】
    2. 株式会社あきんど/事故物件買取センター【高額&実績豊富】
    3. 株式会社なにわ工務店/トラブル物件買取センター【弁護士連携】
    4. 株式会社MARKS/成仏不動産【丁寧に買取】
    5. 株式会社ウィントランス/空き家パス【スピード買取】
    6. イエチカドットコム株式会社【農地や山林に立つ物件も】
  4. ゴミ屋敷買取相場は市場価格からコストが差し引かれて決まる
    1. ゴミ撤去費用
    2. リフォーム費用
    3. 特殊消臭作業費用
  5. ゴミ屋敷を買い取ってもらう流れ
    1. 査定を依頼する
    2. 買取条件の調整
    3. 売買契約の締結
    4. 決済・引き渡し
  6. 居住するために片づけたいならゴミ屋敷清掃業者に依頼
  7. ゴミ屋敷を放置してはいけない理由
    1. 放火犯に狙われやすい
    2. 不衛生な環境によって健康被害をもたらす
    3. 家屋が傷んで資産価値が下がる
    4. 近隣住宅の価値を下落させる
    5. 行政代執行され費用を請求される
    6. 下の階にも損害を与える【集合住宅の場合】
  8. まとめ

ゴミ屋敷を専門の不動産買取業者に買い取ってもらうべき理由

ゴミ屋敷を売却するには、ゴミの撤去やリフォーム等に高額な費用がかかります。

しかし、不動産買取業者による買取であれば、このような費用は一切かかりません。

その理由を説明するため、まずは買取業者が「ゴミ屋敷清掃業者」「不動産仲介業者」とどう異なるのかを解説します。

ゴミ清掃業者との違い

ゴミ清掃業者は、ゴミや不用品等を撤去し、清掃作業を行い、テレビや冷蔵庫等の家電製品の買取も可能です。

ただし、ゴミ撤去後に消臭作業やリフォーム等を行う必要がある場合には、追加料金を支払ったり、対応できる別の業者に依頼する必要があります。

一方買取業者は、ゴミ屋敷を家屋ごと買い取ります。

そのため所有者は、買取業者に連絡するだけでゴミ屋敷問題のすべてから解放されるうえ、まとまった現金をゲットできます。

不動産仲介業者との違い

不動産仲介業者は、売主から売却の依頼を受け、主に居住目的で物件を求めている個人消費者を買主として探します。

ただしゴミ屋敷の場合、ゴミが残った状態で購入したい人はいないので、売主自身がゴミの撤去やリフォーム等を専門業者に依頼しなければなりません。

買い手が付く状態になったら、仲介業者はSUUMOやat-home等のポータルサイトに物件情報を掲載し、およそ3ヶ月から半年程かけて購入希望者を募ります。

一方買取業者は、売主から買取の依頼を受けて査定を行い、買取価格や条件等に合意があれば直接買主となります。

買取業者はゴミ撤去やリフォーム等を行って再販する目的で買い取るので、ゴミ屋敷でもそのまま買い取りが可能です。

ゴミ屋敷を専門買取業者に依頼するメリット

前述したとおり、買取業者はゴミ屋敷を家屋ごと買い取り、ゴミ撤去等を行ってから再販することを目的としています。

そのため、買取業者にゴミ屋敷を買い取ってもらうことで、所有者にとって下記のようなメリットがあります。

買取業者にゴミ屋敷を買い取ってもらうメリット

  • 1週間から1ヶ月程度で現金化できる
  • ゴミ屋敷を家屋ごと買い取ってもらえる
  • 売却後の売主責任を一切負わない

ひとつずつ説明していきます。

1週間から1ヶ月程度で現金化できる

買取はであれば、売主であるゴミ屋敷所有者が買取価格や条件に納得でき、必要な書類が揃えば、基本的に1週間から1ヶ月程度でゴミ屋敷を手放せます。

一方仲介の場合、ゴミ撤去やリフォーム等を行ってから販売活動を行うため、売却までに3ヶ月や半年、もしくはそれ以上の期間を要します。

弊社はゴミ屋敷等の訳あり物件等に特化した買取業者です。

また、弁護士と密接に連携しているため、相続等に問題を抱えているゴミ屋敷も問題なくスピーディーに買い取れます。

ゴミ屋敷を早く手放したいけどすぐには売却できない事情がある方も、安心してご連絡ください。

>>【訳ありゴミ屋敷も金額提示】完全無料査定・ご相談いつでも承ります!

ゴミ屋敷を家屋ごと買い取ってもらえる

買取業者は、ゴミ屋敷をそのまま家屋ごと買い取るので、どんな状態のゴミ屋敷であれ、所有者自身はゴミの撤去やリフォームを行わず売却できます。

一方仲介だと、所有者はゴミ屋敷を売却するまでに、ゴミ清掃業者やリフォーム業者、仲介業者など、いくつもの業者に売主自身で連絡を取らなければなりません。

自分の仕事や家事等と並行しながら、いくつもの業者と日程の調整や打合せを行わなければならないため、所有者にとって大きな負担になります。

売却後の売主責任を一切負わない

契約不適合責任とは、不動産売却後、契約書に記載が無い欠陥や不具合があった場合に、売主が買主に対して負う責任のことです。

欠陥や不具合等の例

  • 雨漏り
  • シロアリ被害
  • 家の傾き
  • そのほか心理的な欠陥等

つまり、不動産売買においては、仲介で不動産を購入した個人を保護しています。

しかし買取は、個人ではなく不動産知識を持つ専門家である買取業者が買主になるため、特約をつけて契約不適合責任の全てを免責するのが一般的です。

そのため、「ゴミを溜め込みすぎて不具合の確認すらできない」というゴミ屋敷であっても、所有者は安心して手放せます。

相場より高額買取するゴミ屋敷買取業者選びのポイント4つ

ここまでゴミ屋敷を不動産買取業者に家屋ごと買い取ってもらうメリットをご紹介しました。

しかし、ゴミ屋敷買取後にはさまざまなコストがかかるため、相場以上の価格で買い取ってくれる買取業者は限られます。(ゴミ屋敷の買取相場の詳細はゴミ屋敷買取相場は市場価格からコストが差し引かれて決まるで解説しています。)

そこで、高額買取できる買取業者を選ぶ4つのポイントをご紹介します。

このポイントを抑えれば、ゴミ屋敷を相場よりも高く買い取ってくれる買取業者を選び出せます。

ゴミ屋敷の高額買取業者を選ぶ4つのポイント

  • 買取実績が豊富にある
  • 査定価格に明確な根拠を持っている
  • 弁護士等の専門家と提携している
  • 担当者がすばやく的確に対応してくれるか

ただし、査定してもらう前から1社に絞らず、まずは複数社に査定を依頼してください。

比較対象がなければ、買取価格が適切なのかを判断できないからです。

それでは、買取業者を選ぶ4つのポイントをひとつずつ見ていきましょう。

買取実績が豊富にある

買取業者のホームページから、ゴミ屋敷の買取実績が豊富にあるか確認しましょう。

ゴミ屋敷の扱いに慣れた買取業者なら、コスパよくゴミ屋敷を再生し、高値で再度販売する方法を蓄積している分、上乗せして高値で買い取ってもらえるからです。

一方、「ゴミ屋敷も買い取ります」と謳っていても、実績が掲載されていない買取業者は、実はゴミ屋敷の買取に特化していない場合があります。

ゴミ屋敷買取の専門性が無い業者だと、買取価格が低かったり、そもそも買い取ってもらえない場合もあるため、ホームページ等から買取実績をチェックしましょう。

査定価格に明確な根拠を持っている

査定価格に疑問点や不明瞭な点があれば、担当者に率直に聞いてみましょう。

買取業者の中には、売主から買取先に選んでもらえるよう、実際には不可能な高い買取価格を提示する業者もいるからです。

このような業者は、契約直前に適当な理由をつけて値下げしてきて、最終的な売却額が相場よりも低くなるおそれがあります。

まずは見積りの根拠を把握したうえで買取価格を比較すれば、確実で最も高い売却額の買取業者を選べます。

弁護士等の専門家と連携している

ゴミ屋敷所有者の中には、相続によって取得し、それに起因した権利問題を抱えている方も多くいるかと思います。

このような場合には、買取業者が弁護士や税理士ときちんと連携しているかを確認しましょう。

弁護士等と連携している買取業者であれば、担当者とのやり取りだけで、ゴミ屋敷の買取から問題の解決まですべて完了できるからです。

一方、弁護士等との連携が築けていない買取業者の場合、「相続等の問題については自分で弁護士に依頼してください」と、売主任せにされるおそれがあります。

所有者自身の負担を増やさないよう、相続による問題等にも弁護士とともに親身になってくれる買取業者を選びましょう。

担当者がすばやく的確に対応してくれるか

買取業者を比較する際には、買取価格や条件等だけでなく、担当者の下記要素も比較しましょう。

  • 折り返しの電話やメールの返信は遅くないか
  • 売主の希望条件(早さ重視、買取価格重視など)を聞き出してくれるか
  • 売主からの質問に明確に応えてくれるか
  • 売主にとって都合の良い話だけでなく、リスク等も隠さず教えてくれるか

時間にルーズな担当者ではいつまで経っても売却できませんし、あいまいな返答ばかりする担当者では、契約時になっていきなり条件を突きつけてくる可能性もあります。

このように、担当者を比較し信頼できる会社かを計ることで、売却時期の遅延や売却額の不当な値下げを防げます。

ココに頼めば間違いない!ゴミ屋敷買取業者6社

前述した買取業者選びのポイントを踏まえて、ゴミ屋敷の買取に特化した買取業者6社をご紹介します。

6社とも全国のゴミ屋敷の買取が可能です。

また、各社の特色も合わせてご紹介していますので、自身の希望を叶えてくれる業者を選びましょう。

ただし前述したとおり、すぐ1社に絞らず、まずは複数社に査定を依頼し比較してください。

株式会社AlbaLink/訳あり物件買取プロ【どんな物件も高額&確実買取】

株式会社AlbaLink(訳あり物件買取プロ)は、全国のゴミ屋敷を高額&スピーディーに買い取れる買取業者です。

同社では、収益物件を扱う持ち主や不動産の投資家など、全国に幅広い販路を確保しているため、物件ごとのニーズに適した売却先を選べます。

そのため、売れ残るリスクを勘案せずに高値で買い取りが可能です。

また再販するだけでなく、自社で保有したり運用したりする場合が多いことも、他社より高額で買い取れる理由のひとつです。

さらに、連携している弁護士と常に連絡を取り合える関係を築いているので、相続により権利が複雑になっている物件等も、素早く的確に対応できます。

そのほか、相続に問題がある物件や事故物件、再建築できない物件、底地、借地など訳あり物件も積極的に買い取っています。

そのため、所有するゴミ屋敷が売却できるのか不安な方、より高額で買い取って欲しい方、法的な心配事もフォローしてほしい方におすすめです。

会社名 株式会社 Alba Link
本社所在地 東京都江東区富岡2-11-18 リードシー門前仲町 6F
営業時間 10:00~19:00 (日曜日 定休)
創業 2011年
宅建番号 国土交通大臣(1)第10112号
公式HP https://wakearipro.com/
買取実績はこちら

公式サイトを確認する

株式会社あきんど/事故物件買取センター【高額&実績豊富】

株式会社あきんど(事故物件買取センター)は、ゴミ屋敷等の訳あり物件や事故物件等を専門に高額買取する買取業者です。

同社では、必要なリフォーム等を外注でなく高い技術力を持った社内の建築部門が施工するため、物件の価値をコスパよく最大限に高めて再販できます。

そのため、安価で再販できる分、高額価格でゴミ屋敷を買い取ってもらえます。

さらに、270件以上もの買取実績から、これまでに数多くの買取を実現してきた信頼があります。

そのため、所有する空き家をなるべく高額で、信頼できる買取業者に依頼したい方におすすめです。

会社名 株式会社あきんど
本社所在地 大阪府大阪市浪速区稲荷1-5-3
営業時間 9:30~18:00
創業
宅建番号 国土交通大臣(1)第9946号
公式HP https://www.jikobukken.jp/
買取実績はこちら

株式会社なにわ工務店/トラブル物件買取センター【弁護士連携】

trablebukken

株式会社なにわ工務店(トラブル物件買取センター)は、現地調査や売主に対する聞き取り調査を重視して査定価格を提示します。

また、不動産問題に強い弁護士と連携しているため、相続等の問題を抱えている物件も、丁寧に調査し買い取ります。

そのため、相続等による問題を相談し、直接じっくり話を聞いてもらってから業者を選びたい所有者等におすすめです。

会社名 株式会社なにわ工務店
本社所在地 大阪市浪速区稲荷1-5-3
営業時間 9:00~18:00(水曜日 定休)
創業 2013年
宅建番号 国土交通大臣(1)9655号
公式HP https://jobutsu.jp/
買取実績はこちら

株式会社MARKS/成仏不動産【丁寧に買取】


株式会社MARKS(成仏不動産)は、ゴミ屋敷で孤独死があったような、いわゆる事故物件等を買い取っています。

孤独死等の心理的な問題によって「嫌われる物件」を、本来の価値を見出し「選ばれる物件」として再販することを企業理念に掲げています。

特殊清掃や遺品整理、ご供養や相続手続きなど一連の流れをすべて行い、再販まで物件ひとつひとつを非常に丁寧に扱っています。

そのため、被相続人が孤独死してしまったゴミ屋敷を、故人や遺族の心情に寄り添い、供養等もあわせて買い取ってくれる業者に依頼したい方におすすめです。

会社名 株式会社MARKS
本社所在地 横浜市中区山手町246-1 カーネルスコーナーマンション1F
営業時間 9:30~18:30
創業 2016年
宅建番号 国土交通大臣(1)10129号
公式HP https://jobutsu.jp/
買取実績はこちら

株式会社ウィントランス/空き家パス【スピード買取】

株式会社ウィントランス(空き家パス)は、ゴミ等の撤去やお仏壇処理等も含めた買取を積極的に行う買取業者です。

実際に、10年以上も売れずにいた物件を依頼から1か月ほどで手放せたなど、対応の早さと丁寧さに満足したという口コミも多く寄せられています。

また、売主と担当者間の連絡手段は主にLINEで行われるため、「メールや電話よりもLINEでのやり取りのほうが早くて楽」という所有者におすすめです。

会社名 株式会社ウィントランス
本社所在地 東京都渋谷区代々木2-16-15 新宿オークビル4F
営業時間 10:00~20:00(土日定休)
創業 2011年4月25日
宅建番号 東京都知事(1)第102329号
公式HP https://akiya-pass.jp/
買取実績はこちら

イエチカドットコム株式会社【農地や山林に立つ物件も】

イエチカドットコム株式会社は、ゴミ屋敷等の家屋だけでなく、山林や竹藪、農地も買い取っている買取業者です。

また、買取実績も数多く掲載しており、なかには他の買取業者よりも10万円から30万円ほど高い金額で買い取った事例もあります。

そのため、農地や竹藪などを敷地内に含むゴミ屋敷を高く買い取ってもらいたい所有者におすすめです。

会社名 イエチカドットコム株式会社
本社所在地 京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町31番地
営業時間 9:00~21:00
創業
宅建番号 京都府知事(3) 13060号
公式HP https://www.iechika.com/
買取実績はこちら

ゴミ屋敷買取相場は市場価格からコストが差し引かれて決まる

ゴミ屋敷の買取相場は、市場価格と比較して安価になりますが、「市場価格の何割程度」などと一概には算出できません。

そもそもゴミ屋敷とは言っても、溜め込まれたゴミの量や種類、家屋の損傷程度が1件1件異なり、市場価格から差し引かれるコストの金額が変動するからです。

ゴミ屋敷買取後、再販までにかかる主なコストは下記の3つです。

  • ゴミ撤去費用
  • リフォーム費用
  • 消臭作業費用

ただし、不動産知識を持たない個人では必要な費用を正確に算出できません。

すぐに買取価格を知りたい場合は、直接買取業者に査定を依頼することで、難しい計算等を考えなくても簡単に把握できます。

とはいっても、ゴミ屋敷の買取価格から差し引かれる金額を把握しておくことは買取業者選びにも重要ですので、簡単に紹介していきます。

ゴミ撤去費用

ゴミ屋敷を買い取った買取業者は、まず業者に依頼しゴミを撤去します。

ゴミの撤去費用は、ゴミ屋敷の間取りや広さ等によって異なりますが、1件あたりおよそ数十万円から数百万円程が相場になります。

間取り別のゴミ撤去費用相場は下記の通りです。

間取り 費用相場
1R・1K 3万〜10万円前後
1DK・1LDK 5万〜20万円前後
2DK・2LDK 9万〜30万円前後
3DK・3LDK 15万〜50万円前後
4LDK以上・一軒家 20万〜100万円以上

ただし、これはあくまで概算です。

ゴミ屋敷の間取りや広さだけでなく、実際に溜め込まれたゴミの量や種類によって、作業に必要な人数やトラックの台数、処分にかかる費用が異なるからです。

なお、所有者自身があらかじめゴミを処分することで少し費用を抑えられますが、ゴミ屋敷を個人で片づけるには1週間以上見ておきましょう。

労力をかけて片づけても抑えられる費用は少額ですから、業者にお任せしたほうが得策です。

また、ゴミ撤去後にリフォームや特殊清掃作業が必要になる場合があるので、詳しく後述していきます。

リフォーム費用

ゴミ屋敷のゴミを撤去した後、買取業者は家屋の状況を確認し、必要に応じてリフォームを行うことがあります。

ゴミから染みだした液体や、ゴミ屋敷内に住みついた害獣の排泄物等によって、床や天井にシミができていたり、腐食している場合があるからです。

また、定期的に清掃されていなかった場合、キッチンや風呂等の設備の交換が必要になることもあります。

リフォーム内容によって異なりますが、1件あたりおよそ数十万円から数百万円程が相場になります。

リフォームが必要な箇所の例は下記の通りです。

場所 リフォームが必要な箇所
壁・床・天井 腐敗している、カビが取れない
大きく変形している
水分や液体が染み込んでいる
トイレ・浴室 水が出ない、流れない、水漏れ
頑固な汚れやシミがある
便器内や壁、タイル等にカビが生えている
キッチン 水が出ない、流れない
シンクやコンロに頑固な汚れがある

主なリフォーム内容の費用相場は下記の通りです。

リフォーム内容 費用目安
壁紙の張替え 約1,500円/1㎡
フローリングの張替え 約15,000円/1㎡
天井のリフォーム 約10,000円/1㎡
トイレ交換 15万円~40万円
ユニットバス交換 80万円~150万円
キッチン交換 80万円~150万円

特殊消臭作業費用

ゴミを撤去しリフォーム等を行っても、物件内にゴミやカビ等による臭いが残ることがあります。

その場合、買取業者はオゾン消臭(生ごみやカビなどの強烈なニオイもほぼ無臭状態まで消せる消臭方法)などの特殊な消臭作業を行います。

作業にかかる費用は、部屋の広さ、においの強さによって異なり、数千円から数万円程かかります。

ゴミ屋敷を買い取ってもらう流れ

ここまで、専門の不動産買取業者にゴミ屋敷を買い取ってもらうメリットや、業者を選ぶポイントについてご紹介しました。

次は買取業者を選んでから売却に至るまでの流れを把握し、必要な書類をあらかじめ用意して、スムーズにゴミ屋敷を買い取ってもらいましょう。

ゴミ屋敷の買取の流れは下記の通りです。

ゴミ屋敷買取の流れ

  1. 査定を依頼する
  2. 買取条件の調整
  3. 売買契約の締結
  4. 決済・引き渡し

それぞれ説明していきます。

査定を依頼する

前述した相場より高額買取するゴミ屋敷買取業者選びのポイント4つを参考にして、買取業者に査定を依頼します。

繰り返しになりますが、比較対象をもつため、必ず複数の買取業者に依頼してください。

買取条件の調整

依頼した複数の買取業者の担当者と買取価格や条件等を話し合い、調整していきます。

買取条件から買取業者を決定したら、具体的に売買の日程調整や必要書類の説明も行います。

売買契約の締結

売主と買取業者の双方が売買条件に合意できれば、契約内容や条件等を契約書にまとめ、売買契約を結びます。

下記書類が必要になるので、あらかじめ手元に用意しておきましょう。

各種書類 取得方法
登記済権利証(登記識別情報) 不動産取得時に法務局より交付
土地測量図面、境界確認書 全国の法務局で取得可能
固定資産税納付通知書 毎年4~6月ごろに各市町村から送付
印鑑証明書 役所で取得可能
住民票 役所で取得可能
実印 各自で保管
身分証明書 各自で保管
収入印紙 郵便局やコンビニ等で購入可能

なお、登記済権利証を紛失してしまった場合、担当者に相談しましょう。

司法書士や弁護士等によって本人確認し、登記手続きに必要な対応をしてもらえます。

決済・引き渡し

売買契約書で取り決めた日に、買取業者のオフィスに売主(ゴミ屋敷所有者)、買主(買取業者)、司法書士が集まり、決済を行います。

売主と買主とで契約内容を読み合わせて確認し、買主は売主に売買代金を現金手渡し、または買主の口座に入金します。

最後に、そろえた必要書類を持って司法書士が登記所で手続きし、鍵を渡して売却手続きが完了します。

居住するために片づけたいならゴミ屋敷清掃業者に依頼

現在ゴミ屋敷に居住し、ゴミだけ処分したい場合は、不動産買取業者ではなく清掃業者や不用品回収業者に依頼しましょう。

ゴミ清掃業者や不用品回収業者は、屋内に溜まったゴミを運び出して処分し、家具や家電など値段がつくものがあれば買い取ってもらえます。(ゴミ撤去費用相場はこちら

また、業者によって追加オプションになりますが、ゴミ撤去後の清掃や消臭作業まで行ってもらえます。

ただし、前述したとおり、ゴミの撤去後にリフォームが必要になることもあります。

これもまたオプションで対応できる業者もありますが、内容によっては別途リフォーム業者に依頼しなければなりません。

このように、ごみ処分だけのつもりでも結局高額な費用が必要になる場合もあるため、買取業者に現金化してもらうことも検討しておきましょう。

弊社はゴミ屋敷の買取を全国で承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

>>【ゴミ屋敷を費用負担0円で売却する】査定やご相談のみも大歓迎

ゴミ屋敷を放置してはいけない理由

ゴミ屋敷所有者の中には、「ゴミ屋敷のために業者を探して連絡するのが面倒」「ゴミ屋敷の現状を見たくもない」など、気が進まない方も少なからずいるでしょう。

ですが、ゴミ屋敷は決して放置しないでください。

なぜなら、ゴミ屋敷は下記のようなトラブルを引き起こし、多額の請求を受けるおそれもあるからです。

ゴミ屋敷の放置が引き起こすトラブル

  • 放火犯に狙われやすい
  • 不衛生な環境によって健康被害をもたらす
  • 家屋が傷んで資産価値が下がる
  • 近隣住宅の価値を下落させる
  • 行政代執行され費用を請求される
  • 下の階にも損害を与える【マンションの場合】

このようにゴミ屋敷の放置は、所有者の精神的負担や金銭的な負担の増加を招くだけです。

まずは専門の買取業者等に相談しましょう。

弊社でも全国のゴミ屋敷を積極的に買い取っておりますので、所有するゴミ屋敷の処分方法にお悩みの方はまずはご相談ください。

>>【全国のゴミ屋敷を積極買取】完全無料査定&ご相談はこちら

放火犯に狙われやすい

明らかに管理されていないゴミ屋敷は、放火犯に狙われやすい傾向があります。

なぜなら、建物や敷地の外にまでゴミが散乱している状態だと、放火しても気付かれにくいと判断されるからです。

また、ゴミ屋敷に溜まっているゴミの中には、紙製や布製など燃えやすい素材のゴミも多くあるため、あっという間に燃え広がります。

さらに、ゴミに埋め尽くされていると、ボヤ程度では気付けず、気付いたころには近隣住宅にまで燃え広がってしまいます。

もし近隣家屋にまで損害を与えれば、所有者は近隣に見舞金や賠償金を支払うことになるおそれがあります。

不衛生な環境によって健康被害をもたらす

ゴミ屋敷に生ゴミが溜まっていると、特に夏場には強烈な悪臭を放ちます。

また、ゴミが散乱した状態ではきちんと掃除もできないので、埃やカビ等も溜まり、アレルギー等の健康被害を招きます。

ゴミ屋敷内の居住者だけでなく、近隣住民の身体にまで悪影響を与えてしまい、クレームや慰謝料の請求等を招くおそれがあります。

家屋が傷んで資産価値が下がる

ゴミ屋敷には、ネズミやハクビシンなどの害獣や、ゴキブリやシロアリなどの害虫が発生しやすく、家屋に対して下記のような被害をもたらします。

害獣や害虫による被害の具体例

  • 排せつ物による床や天井のシミ・腐食被害
  • 基礎や柱等へのシロアリ被害

また、放置し続ければ、ゴミ屋敷内だけでなく、近隣の住宅にまで生息域を広げ、被害を与えてしまうおそれがあります。

そのため、もし害獣や害虫を発見したら、すぐに害獣駆除業者に依頼し、数万円の費用を払って駆除しなければなりません。

近隣住宅の価値を下落させる

近隣住民に対して大きな悪影響を与えるゴミ屋敷は環境的瑕疵にあたり、近隣住民が家屋を売却する際に告知義務が発生します。

告知義務
なんらかの問題・欠陥等を抱えている物件は、売買契約前にその内容を買主に伝えなければならない義務のこと

つまり、売却したい家屋の近くにゴミ屋敷があることをあらかじめ購入希望者に伝えなければなりません。

ゴミ屋敷の近くに住みたい人はいないので、近隣住民は家屋を安価で売り出し、売れ残るおそれがあります。

その結果、ゴミ屋敷所有者は慰謝料や損害賠償を請求されかねません。

行政代執行され費用を請求される

近隣住民に与える悪影響があまりにも大きいと判断されたゴミ屋敷は、自治体から行政代執行を受けることがあります。

行政代執行とは、自治体が所有者に代わってゴミや不用品等を強制的に撤去することです。

本来、家屋の適切な管理は所有者が行うことなので、行政代執行にかかった費用は当然、所有者に請求されます。

実際にゴミ屋敷に溜められたゴミを自治体が強制撤去した事例があります。

行政代執行例
令和3年(2021年)5月18日、愛知県蒲郡市のゴミ屋敷1件が行政代執行された。家主の60代男性が20年ほどかけて集めたとみられる衣服や食器などが約50メートルにわたって積まれていた。道路にまではみ出して通行を妨げていたり、異臭を放っていたりしたことから苦情が相次いだことで、行政代執行された。ゴミの撤去作業にかかった400万円は家主に請求される。

参照元:FNNプライムオンライン

このように、ゴミ屋敷を放置すると、数百万円もの費用を請求されます。

下の階にも損害を与える【集合住宅の場合】

アパートやマンションの一室がゴミ屋敷状態になっている場合、大量に積み上げられたゴミの重さに耐え切れず、床や下の階の天井に穴が空いてしまうおそれがあります。

また、重さだけでなくゴミから染み出した液体によって天井や柱等を腐らせ、修理が必要になる場合もあります。

もしそうなれば、ゴミ屋敷所有者は自室の部屋の修理費用だけでなく、下の階の部屋の修理費用まで支払わなければなりません。

まとめ

この記事では、ゴミ屋敷を専門とした買取業者を選ぶポイントや買取に依頼するメリットについてご紹介しました。

売却前にゴミの処分が必須であるゴミ屋敷は、専門買取業者に依頼すれば、所有者自身が清掃業者やリフォーム業者に連絡したり、費用を支払う必要がありません。

ただし、ゴミ屋敷を適正な価格で買い取れる業者は限られています。

相場より高額買取するゴミ屋敷買取業者選びのポイント4つを参考に複数の買取業者を選び、査定を依頼し比較してから1社に決めましょう。

確実に高値で買い取ってくれる業者を見つけられます。

弊社は訳あり物件専門の買取業者として、数多くのゴミ屋敷の買取実績があります。

売主さまが不安にならないよう分かりやすい説明を心がけておりますので、買取について詳しく知りたい場合は、ぜひ弊社にご相談ください。

>>【金銭的・精神的負担ゼロ】ゴミ屋敷の無料査定フォームはこちら

「ゴミ屋敷 買取業者」についてよくある質問

まずは、ゴミ屋敷に特化した買取業者か、確認してください。ゴミ屋敷が専門外の業者だと、極端に低い買取価格を提示されたり、そもそも買取を断られたりします。 また、必ず複数のゴミ屋敷買取業者に依頼し、買取価格や条件、担当者の対応を比較してから売却先を決めましょう。
簡単入力30秒
訳あり物件の売却は
今すぐご相談ください
訳あり物件
この記事をシェアする
facebook twitter
訳あり物件買取プロ
タイトルとURLをコピーしました