河田憲二

河田憲二プロフィール

経歴

  • 1987年生まれ 大阪出身(生後2カ月から東京で育つ)
  • 2008年 国士舘大学政経学部卒業
  • 2012年 学生時代から自身で運営していたメディアを法人化
  • 2015年 不動産賃貸業を展開
  • 2019年 メディア事業を売却し、現在の不動産買取・再販事業を開業

好きな言葉

「吾唯足知」 「義利合一」

河田憲二インタビュー

不動産の買取再販事業を立ち上げるまでの経歴を簡単に教えてください

大学卒業後は企業には就職せず、債務整理などの内容を取り扱う法律メディアを自身で運営し、生計を立てていました。

その後、結婚して子供ができたことをキッカケに稼ぐことにさらに情熱を注ぐようになり、メディアの運営で得た資金を元手に不動産を購入して、大家業をはじめました。

法律メディアの運営と不動産の大家業、二足の草鞋を履く中で見えてきたのが、空き家や訳あり物件など流動性の低い不動産の存在です。

何らかの事情で売ることも住むことも難しくなってしまった、数多の訳アリ不動産… 固定資産税の負担や、物件を子供に相続してしまう不安に頭を抱える所有者さんの存在…

このような現実を目の当たりにし、自分に何かできることはないかと考えて始めたのが、現在の不動産買取・再販事業です。

お客様の不動産を買い取る際に大切にしていることは何ですか?

当たり前ではありますが、物件の今までの背景や歴史を尊重することです。

例えば、今は田舎で放置され老朽化してしまった空き家であっても、かつては売主様が幼少時代や学生時代を過ごした大切なご実家です。

もう少し遡れば、売主様の親御さんや先代の方が、ご家族のために一念発起して購入した大切なマイホームです。

このような物件の背景を尊重したうえで物件を査定・買取したいと常々考えています。

また、訳アリ物件のご相談をお受けする際に頻繁に感じるのが「もったいない」ということです。

「このまま放置しておけばどんどん価値が下がってしまう…」 「この問題を解決すればもっと価値が高い物件になるのに…もったいない!」

幸い、自社は物件が抱える「もったいない」を解決する知見やノウハウを豊富に持ち合わせているので、それを活かして売主様が抱える問題を一緒に解決できればと思います。

現在は私自身が現場に出て物件を買い取る機会は少なくなってしまいましたが、社員にも「物件の背景を尊重する」「売主様に寄り添って問題を解決する」という考え方を、常に伝え続けています。

これまでに買い取った中で強く印象に残っているのはどんな物件ですか

これまで多くの訳あり物件を買い取らせていただきましたが、特に印象に残っているのは孤独死が起きた物件でしょうか。

都内某市内にある戸建て住宅で、所有者である70代のお母様が孤独死。ご遺体の発見まで1週間以上経過してしまっていたため、そのままの状態では売ることも住むことも困難な状態でした。

売主である息子様は「どの不動産業者にも買取を断られてしまった」と途方に暮れていました。 自分はそんな売主様とお会いして、「せっかく弊社に相談していただいたのだから、少しでもお力になりたい」と強く思ったのを覚えています。

そのような意味で、とても印象に残っている物件です。 結果として、何社も断られてしまったというその物件は、弊社が50万円で買い取らせていただきました。

なお、買取後は十分な特殊清掃や設備の取替えを行った後、不動産投資家に再販し、賃貸物件として活用させていただいています。

物件の売却を検討している方、今後物件を売却するかもしれない方へメッセージをお願いします

「かつては家族の憩いの場だった家が、誰にも住まれなくなり、静かに劣化していく」 「希望を持って購入した不動産が、固定資産税や相続など所有者の不安の根源となり、負の遺産と化していく」 個人的に、このような事態は非常に悲しいこと、もったいないことだと思います。

放っておいたらマイナスの側面しかない不動産も、手放せばまた新たな人に住んでもらえますし、売主様も税金や相続の不安から解放されます。

もちろん、売主様は売却代金も手に入ります。

それなのに放っておくのは、なんてもったいないんだろう… しかし、そこには物件を手放したくても手放せない売主様の事情や葛藤があると、私自身、数々の不動産買取の現場を見て痛感してきました。

弊社は、上記でご紹介した物件以外にも、他社で買取を断られてしまった物件を買い取った実績が多数ございます。

事故物件と呼ばれてしまうような不動産や共有持分など「売れないかも…」という不安を抱えている方も、まずは弊社の担当者にご相談ください。

他の不動産業者が買い取れなくても、弊社なら買取可能ということも大いにあり得ます。 どんな物件もお気軽に、まずはご相談からしていただければと思います。 我々が売主様の肩の荷を降ろすお手伝いができれば幸いです。

SNS

notehttps://note.com/albalink

Twitterhttps://twitter.com/kawataalbadayo

監修記事

Biz Hits「【自宅以外でリモートワークするのにおすすめの場所ランキング】男女382人アンケート調査」

Crarepo「テレアポにおすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法」

外壁塗装110番「【中古物件を買って失敗したことランキング】男女116人アンケート調査」

RS MEDIA「社会人に人気の勉強ランキング!おすすめの勉強方法やタイミングも紹介【男女416人アンケート調査】」

不動産投資お役立ち情報サイト「【2023年最新】おすすめ不動産投資会社ランキング16選」

不動産投資お役立ち情報サイト「訳あり物件買取プロの評判・口コミは?特徴や買取の流れを徹底解説!」

高齢喪女からの逆転「お金がないのに家を建てるメリット|新築マイホームで子育てしたい理由」

シルバニアの団らん「埼玉で訳あり不動産物件を買取できるおすすめ業者3選|事故物件を査定して売却する方法」

株式会社Lifeplay運営外壁塗装・解体工事ナビ「【おすすめ10選】外壁塗装の比較サイトをランキング形式で紹介!業者選びのポイントは?」

イエシラベ「擁壁工事の費用・単価!10m20m間知土留めI型など価格は?安い?」

ハウスサーチ「1LDK平屋ローコスト住宅!タマホームやスズキハウス新築!10・15坪など」

サイト

https://albalink.co.jp/

河田憲二の記事一覧

底地・借地

借地権に多いトラブル事例12選!不動産のプロが解消方法まで解説

借地権に多いトラブル事例と、借地権トラブルを解消するための方法、借地権の売却方法を解説します。この記事を読むと、借地権をスムーズに売却できるようになり、借地権トラブルから解放されます。
その他

隣人のせいで売れない土地の賢い対処法3選

隣人トラブルに見舞われて売れない土地でも、短期間で売却できる方法は存在します。隣人のせいで土地が売れないとお悩みの方は、この記事で解説している対処法をぜひ参考にしてください。
その他

古家を更地にして売るのがNGな理由!解体せずに売却する方法を解説!

安易に古家を解体して更地にして売るのはNG 古家を売る方法には「建物を解体し更地にしてから売却」「古家付き土地として売却」の2通りがあり、それぞれに以下のようなメリットとデメリットがあります。 売却方法 メリット デメリ...
アンケート調査

【一人暮らしの平均的な貯金額に関する意識調査】男女506人アンケート調査

ネットで「一人暮らしの貯金額」を調べると、高い金額が出てきて「自分にはとてもできない」と落ち込んだことがある人も多いのではないでしょうか?そこで今回は一人暮らしをしている506人に、リアルな「毎月の貯蓄額」を答えてもらいました。
事故物件

事故物件を買ってしまったときの対処法3選!【完全保存版】

事故物件とは「物件内で人が亡くなった物件」 事故物件に関する明確な定義は存在しませんが、一般的には建物内で発生した事件や事故などによって人が亡くなった物件を指します。事故物件の購入や入居にあたって心理的に嫌悪感を抱く方が多いことか...
再建築不可物件

【プロ直伝】再建築不可物件を再建築可能にする裏ワザ6選!

そもそも再建築不可になってしまうのはどのような土地? 土地上に建物を建てる際には、建築基準法や都市計画法などの法令で定められている細かな制限をクリアする必要があります。しかし中には、法令の要件を満たしておらず、既存の建物を取り壊し...
再建築不可物件

再建築不可物件の固定資産税額を簡単に調べる方法を不動産のプロが解説!

固定資産税・都市計画税とは不動産所有者が納める税金 固定資産税とは、毎年1月1日の時点で不動産を所有している人が、市町村に納付しなければならない税金のことです。 1月1日以降にマイホームを購入したり、相続で家や土地を取得した...
事故物件

火事で人が死んだ土地でも売却を諦める必要ナシ!高額売却のコツ

火事で人が亡くなった土地は20%〜50%ほど価格が下がる 火事で人が亡くなった土地は、通常の不動産と同様の価格帯では売れません。 この章では、人との死が発生することで価格が下がる要因や、どの程度下落するかについて解説します。なお、次...
アンケート調査

【将来的に実家をどうする?】親が住んでいる家や土地に関する不安ランキング|502人アンケート調査

親御さんの死後、実家の扱いに悩む方は多いです。「売却」「貸し出す」「空き家にする」などいつくつかの選択肢がありますが、いずれの方法にも費用や手間がかかります。今回は「実家に関する不安」について502人にアンケート調査を行いました。
アンケート調査

【愛知県の住みたい街ランキング】501人アンケート調査

自動車産業や「名古屋めし」で有名な愛知県は、コンパクトな都会と自然が融合した住みやすい県でもあります。今回は全国の男女501名にアンケートを実施。「愛知県の住みたい街」や「愛知県の魅力」について調査しました。
タイトルとURLをコピーしました