訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

共有持分

共有持分

不動産を相続人の共同(共有名義)で相続登記をすることは可能なのか?

不動産を相続した場合、どのように分けるかという点が悩みの種になりがちです。 誰か1人の相続人が不動産を取得して、他の人が金銭を相続できるのであればよいのですが、十分な現預金がない場合も考えられます。 では、不動産を共同(共有名義...
共有持分

共有者が認知症を患っている場合の不動産売却方法

高齢化社会の進行に伴って、認知症患者の数もおそらく今後増え続けるであろうと考えられます。 そこで大きな問題になるのが、契約等の「法律行為」を行いたい場合にどうするのか?ということです。 そのままの状態では重要財産の売却等ができないた...
共有持分

共有名義の不動産売買に必要な委任状の作成方法と書式例

親子、夫婦、兄弟や他人など、誰かと1つの不動産を「共有名義(2人以上の名義)」で持っている場合は、売買の手続きが通常より若干大変になります。 なぜなら、不動産の権利移転は重大な法律的行為であり、共有者といえども勝手に一部の共有者が全体...
共有持分

未成年と共有している不動産の売却方法

親子や兄弟姉妹などで不動産を共有しているとき、共有者が「未成年」のケースがあります。 未成年者と不動産を共有している場合、不動産はどのようにして売却すれば良いのでしょうか? 法律上「未成年者は単独で売買などの取引行為をできない」こと...
共有持分

共有不動産の管理費用の負担は誰に?無駄に払っていませんか?

不動産を所有していると、維持管理をしなければならないので「管理費用」がかかります。 毎年固定資産税もかかりますし、場所によっては都市計画税も課税されるでしょう。 共有不動産であっても同じことです。 しかし、共有している場合「誰が管...
共有持分

共有持分は持ってるだけでハイリスク!対策を解説

不動産についてある程度の知識がある人であれば「共有にすることは望ましくない」という意見を持つことが多いと思います。 共有持分を持つということは他の共有者との関係で非常に大きなリスクを背負ってしまうことがあるため、やむなく共有にする場合...
共有持分

共有名義の不動産の火災保険や地震保険料は誰が支払う?受取人は?

自宅や賃貸用物件などの「建物」を所有するなら、必ず火災保険や地震保険に加入すべきです。 万一の場合に備えて保険に加入していないとリスクが高すぎるからです。 物件を共有している場合、誰が火災保険や地震保険の契約をすれば良いのでしょうか...
共有持分

共有者の自己破産で共有持分が競売にかけられた時の対策

ご夫婦で自宅を共同で購入したけれども離婚してしまった。 そんなとき、離婚後に相手が自己破産してしまうケースがときどきあります。 元夫と不動産が共有の状態で元夫が自己破産したら、元妻にはどのような影響が及ぶのでしょうか? 今回は共有...
共有持分

離婚前の別居中でも不動産を売却することは可能なのか?

結婚後に不動産を購入していたものの、やむなく離婚を考えることになってしまった場合、不動産の行方がどうなるのかは大きな問題です。 中には夫婦のどちらかが家を出て行き別居中であるが、出ていった方の当事者が、自分が居住していない間に不動産が...
共有持分

離婚調停中に自分の不動産持分だけ売却できる?リスクと対処方法を解説

婚姻中、夫婦で自宅を購入して「共有名義」にするケースがよくあります。 その後離婚することになったら「自分の持分」だけを売却できるのでしょうか? もしも離婚調停中に自分の持分だけを売却したら大きなトラブルになる可能性もあります。 「...
タイトルとURLをコピーしました