訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

共有持分

共有持分

共有名義不動産における登記識別情報(権利証)の基本と取り扱い

不動産の所有者が変更されると、新たな所有者へ「登記識別情報」が交付されます。 登記識別情報は従来の「権利証」に代わるものであり「不動産の権利者である証」なので、大切に保管しなければなりません。 今回は共有名義不動産における「登記識別...
共有持分

マンション の敷地利用権を独立して売却することはできない

建物を建てたり所有したりする場合には、必ず「何らかの形でそれが建つ土地の利用権を持っている」必要があります。 全く権利がない土地に勝手に建てると、それは単なる不法占拠になってしまうからです。 ただ、一戸建てとマンションでは少々異...
共有持分

私道持分って何?私道に接する物件を売買する際のトラブルや注意点をわかりやすく解説

造成した宅地を所有している場合などに、私道持分というキーワードを目にする場合があります。私道は公道と違い、維持管理は私道の所有者が行う必要があります。私道に接する物件を売買する際、私道持分についてトラブルに発展するケースも多くあります。 ...
相続物件

共有名義の不動産を単独名義に変更する

共有名義の不動産を持っているが、現在何らかの不便を感じていたり、将来的にはその不動産に関与したくないという人もいるのではないでしょうか。 そのような場合には共有関係を解消する具体的方法を考えていかなくてはなりませんが、やみくもに表面的...
共有持分

不動産の共有者から共有持分を取得する方法

不動産を共有していると自由に活用できないので、できれば「自分一人のものにしたい」と考える方も多いでしょう。 共有者からその人の共有持分を取得するには「贈与」や「売買」、裁判所での「共有物分割請求」などの手続きをしなければなりません。 ...
共有持分

共有持分の不動産評価を分かりやすく解説!実際いくらで売れるのか?

相続などの原因で親族と不動産を共有することになった、または何らかの理由で他人と共有しているという人は、自分の共有持分がどのような価格に評価されるのかが気になるのではないでしょうか。 では、共有持分の資産価値は実際どうなっているのか? ...
共有持分

不動産の共有状態を解消する裁判「共有物分割請求訴訟」を丁寧に解説

不動産を共有していると、自由に活用や処分もできないので不便です。 共有状態を解消したいとき、他の共有者と話し合って解決できればよいのですが、協議が整わない場合には共有物分割訴訟という裁判をしなければなりません。 今回は共有不動産を分...
共有持分

親子で共有名義になっている不動産に注意!認知症リスクと対策方法

親子で不動産を共有している状態は決して珍しいことではありません。 ただ、その状態をずっと維持したまま親が高齢になってくると、予想もしていなかったリスクにさらされることがあり、そのためできれば早期に共有関係を解消した方が良いケースもあり...
共有持分

兄弟間で不動産を共有してはいけない3つの理由!具体例と解決策

兄弟で不動産を共有することになるきっかけはいくつかありますが、その代表的なものは「親から相続した不動産を共有で相続登記した」ことによるものでしょう。 遺産分割協議がなかなかまとまらなくて「とりあえず共有にしておこう」のように安易に考え...
共有持分

離婚に伴う財産分与のキーポイントは住宅ローンの残債

夫婦の3組に1組が離婚すると言われている現代にあっては、2人が共有していた財産をどのように分けるかというのはとても大切、かつ大変な問題です。 特に住宅ローンを組んで不動産を購入した夫婦は、自分たちが納得するだけでなく、第三者である銀行...
タイトルとURLをコピーしました