訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

再建築不可

再建築不可

旗竿地(はたざおち)は売却が難しい?高く売るために知っておくべきこととは?

旗竿地は変形した敷地が使いにくいデメリットや、物件によっては建て替えができないケースもあり、売却が難しい土地のひとつといえるでしょう。 売却する際には、自分の所有する旗竿地の特性やデメリット部分をしっかり理解しておくことが重要です。 ...
再建築不可

袋地を所有しているがどうすれば良い?活用法と売却のポイントを解説!

「袋地(ふくろち)」は、不動産物件の中でも特殊な形状の土地です。 一般的な土地と比べて、活用方法には法的制限があるため、袋地を所有し続けることに悩んでいる方もいるでしょう。 扱いにくい袋地の活用の仕方や、手放して売却する場合や業...
再建築不可

違法建築物件は買取りしてもらえるのか?高値買取りのポイントと注意点

売却を検討している持ち家が「違法建築物件」の場合、 不動産会社に断られるのではないか? 買い叩かれて、安値になるのでは? など、不安な気持ちや疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか? この記事では、違法建築物件の...
再建築不可

再建築不可物件を相続した時の対策!知っておきたい相続の手続きと売却方法

不動産を相続してから物件をよく調べてみたら再建築不可だったと気付き、その後の売却や利活用に苦労される方は少なくありません。 物件査定を依頼してみたところ、不動産仲介業者からの指摘で発覚するケースがとても多いのです。 ...
再建築不可

再建築不可物件がもしも倒壊したら?リスクをわかりやすく解説

再建築不可物件のリスクは文字通り、再建築ができないことです。 再建築不可物件は、1950年の建築基準法制定から始まり、その後の度重なる法令改正や都市計画変更などによって、建築当時は法律に適合していた物件が現行法下では不適合となってしま...
再建築不可

道路に面していない土地は売却できる?疑問点をわかりやすく解説します

道路に面していない土地に建つ建物は、建築基準法の制限に抵触するため、建て替えや増築ができません。購入しても自由に活用できない土地ということになりますので、自ずと売却は難しくなります。 このような道路に面していない土地の相場は、...
再建築不可

一棟ビル・マンション・アパートの高額買取ならアルバリンク 売却のポイントを分かり易く解説

「年に何度も発生する建物の修繕費が高い」 「運営は大変なのになかなか利益が上がらない」 「問題のある入居者がいて、対応に困っている」 アパートやマンション、ビルなど運営・管理していると様々なトラブルに遭遇する可能性があります。特に...
再建築不可

狭小地、狭小住宅でも買取りしてくれる?売却のポイントを分かりやすく解説

狭小地や狭小住宅は、東京や大阪などの都市部でよく見られる土地や住宅です。 高度経済成長期に大量に作られた狭小地や狭小住宅の活用は、都市の景観向上や防災の観点から規制されるようになり、中には再建築不可の物件になってしまったケースもあります。...
共有持分

私道持分って何?私道に接する物件を売買する際のトラブルや注意点をわかりやすく解説

造成した宅地を所有している場合などに、私道持分というキーワードを目にする場合があります。私道は公道と違い、維持管理は私道の所有者が行う必要があります。私道に接する物件を売買する際、私道持分についてトラブルに発展するケースも多くあります。 ...
再建築不可

再建築不可の高額買取ならアルバリンク 売却の際のポイントや実績をご紹介

再建築不可物件は、建物の増改築を伴うリフォームや建て替えに大きな制限がかかることから、土地活用の観点からは制限が多い物件とされています。 相続等で再建築不可物件を手に入れた場合、活用の予定がない場合は売却することも選択肢として考えられ...
タイトルとURLをコピーしました