再建築不可

再建築不可

セットバックで再建築が可能に?工事費用とメリット・デメリットを解説

なぜセットバックが必要なのか セットバックとは、建物と接している道路の幅員を確保するために、所有する敷地側に道路の境界線を後退させることを言います。 所有する土地をあえて狭くして道路にすることの目的は、主に以下の二点となります。 ...
再建築不可

カミソリ地に隣接する不動産をスムーズに売却するためのポイントとは?

カミソリ地が生じる背景 カミソリ地は、長方形や三角形の長細い土地で、土地と道路の間に存在する他人名義の土地のことを指します。 カミソリで剃ったような細長い土地のため”カミソリ地”という俗称で呼ばれています。 カミソリ地...
再建築不可

なかなか売れない土地を買取してもらう方法をわかりやすく解説します!

買い手がつき辛い土地の特徴 買い手がつき辛い土地の特徴について例を挙げて解説します。 軟弱地盤や傾斜地 軟弱地盤に建物を建てると、建物の重みに地盤が負け、不同沈下の発生により建物が傾き、壁の亀裂やひび割れなどだけでなく、健康被害の原因...
再建築不可

長屋を高く売却するために気を付けておきたいポイントをわかりやすく解説

長屋・連棟式建物の特徴 長屋とか連棟式建物と呼ばれる集合住宅には次のような特徴があります。 隣の家と壁を共有している独立住戸 共同住宅と呼ばれるアパートやマンションは、居住者は出入り口、階段や廊下などの共用部分を経由して各住戸に出入り...
再建築不可

『古家付き土地の売却』と『更地の売却』はどちらが有効?

古家つき土地とは何か? 古家付き土地は、築年数が経過した経済的価値の低い古い家が建っている状態の土地を指します。 築年数が経過した住宅は買主がなかなかみつからないため、「古い家が建っている土地」とすることで土地検討層にも当該不動産を...
再建築不可

私道持分がない土地を売る際にトラブルを避ける為に知っておきたいこと

私道の基礎知識 私道は個人や団体などが所有している道路のことです。通行許可の権限も原則、私道の所有者にあります。一方、国や自治体が所有・管理を行っている道路を公道と呼びます。 私道は建築基準法によって以下の3種類に区分されて...
再建築不可

市街化調整区域の物件を売るためのポイントをわかりやすく解説!

市街化調整区域とは 市街化調整区域は、都市計画法で市街化を抑制する地域として定められている地域で、各都道府県が区域を指定します。 市街化調整区を制定する目的は、無秩序な都市化によって農地や林野がなくなることを防止するためです...
再建築不可

未接道の土地の評価はどうして低い?上手な売却方法をわかりやすく解説

そもそも「未接道の土地」とは? 各都道府県が指定した「都市計画区域」の土地に建物を建てる場合、敷地に道路が接していることが必須条件になります。 しかも、道路なら何でもいいというわけではなく、建築基準法上で定義されている条件を満たして...
再建築不可

旗竿地(はたざおち)は売却が難しい?高く売るために知っておくべきこととは?

旗竿地(はたざおち)とは? 旗竿地とは名前の通り、旗竿のような形状になっている土地を指し、別名、「敷地延長」や「敷延(しきえん)」「路地上状敷地」とも呼ばれています。(下図参照) 道路に接する出入口が細長い通路状になっていて、そ...
再建築不可

袋地を所有しているがどうすれば良い?活用法と売却のポイントを解説!

袋地とはどのような土地なのか? そもそも「袋地」とはどのような土地を指すのか、よくわからない方も多いでしょう。 建築基準法で定められた袋地の定義をわかりやすく示したものが、下の図です。 図のように、周りを他の土地にぐる...
タイトルとURLをコピーしました