再建築不可物件

再建築不可物件

建て替えできない土地を5つの観点から解説!高額で手放す方法も伝授

そもそも建て替えできない土地とは 土地が建築基準法上の道路(原則、道路の幅員が4m以上あるもの)と2m以上接していない場合、その土地は「建て替えできない土地(=再建築不可物件)」になります。建築基準法第43条によって、以下の内容が定義され...
再建築不可物件

旗竿地は専門の買取業者へ!高く売る3つのコツ&オススメ業者5選

旗竿地とは 旗竿地(はたざおち)とは、下図のように敷地の出入り部分が細くなっていて、その先に敷地が広がっている土地のことをいいます。 つまり、旗竿地の「旗」と「竿」の部分は、以下のように定義可能です。 旗 奥...
再建築不可物件

囲繞地を売却するなら専門の買取業者へ!高く売るための方法も伝授

囲繞地とは 囲繞地(いにょうち)は、上図のように袋地(ふくろち)を囲んでいる土地のことをいいます。 上の図を見ていただいても分かるように、袋地の所有者は囲繞地を通過しないと、敷地の外に出ることができません。 そのため、囲繞...
再建築不可物件

市街化調整区域にある不動産が売れないはウソ!売却方法を超簡単解説

そもそも市街化調整区域とは 早速、市街化調整区域にある不動産が売れないと言われるその真相について解説していきたいところですが、まずは市街化調整区域が一体どういうものなのか、用語の意味について再確認していきます。 市街化調整区域は、街...
再建築不可物件

旗竿地が売れないはウソ!専門の買取業者なら高確率で売却できます

売れない旗竿地の原因を探る アナタの旗竿地(はたざおち)が売れないのには、必ず原因があります。旗竿地を売るのであれば、この後紹介する旗竿地の種類にあわせて、売り方を変えることが必要不可欠です。 旗竿地が再建築できるかできないかを明確に ...
再建築不可物件

再建築不可物件は専門の買取業者へ!業者選びのポイントも紹介します

再建築不可物件の定義 建築基準法の道路(幅員が4m以上ある道路)に建築物の敷地が2m以上接していない場合は、再建築ができません。 建物を新たに建てるためには、接道義務を満たす必要があると建築基準法で定められているからです。 建築物...
再建築不可物件

再建築不可物件の買取相場は一概に言えません!相場の計算方法を紹介

再建築不可物件を売却する2つの方法 まず前提として、再建築不可物件を売る際の方法には、以下の2つがあります。 仲介 買取 仲介方式での売却と、買取方式の売却について、それぞれ仕組みを解説していきます。 仲介の仕組み...
再建築不可物件

再建築不可物件を売る3つの方法とは?専門業者に売却ですぐに現金化

再建築不可物件の概要 現在ある建物を解体しても、新しい建物を建てることのできない土地を「再建築不可物件」といいます。 都市計画区域と準都市計画区域に建物を建てるには、接道義務を満たさなくてはなりません。接道義務は、建築基準法第43条...
再建築不可物件

再建築不可物件は建て替えできる?建て直す方法を詳しく解説!

そもそも再建築不可物件とは? 再建築不可物件とは、現在ある建物を解体しても、新しい建物を建てることのできない土地のことをいいます。再建築不可物件は、都市計画法によって定められている以下の2つのみに存在します。 都市計画区域(都市...
再建築不可物件

セットバックで再建築が可能に?工事費用とメリット・デメリットを解説

なぜセットバックが必要なのか セットバックとは、建物と接している道路の幅員を確保するために、所有する敷地側に道路の境界線を後退させることを言います。 所有する土地をあえて狭くして道路にすることの目的は、主に以下の二点となります。 ...
タイトルとURLをコピーしました