訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

再建築不可

再建築不可

『古家付き土地の売却』と『更地の売却』はどちらが有効?

空き家などのなかなか買い手が見つからない不動産を相続した方の中には、どのようにすれば早期に、できるだけ高い価格で売却できるかについて悩んでいる方も多いことと思います。 不動産業界では、築年数の経過した古家の売却が難しい場合、建物として...
再建築不可

私道持分がない土地を売る際にトラブルを避ける為に知っておきたいこと

2019年10月に長崎県で私道閉鎖の話が話題に上がりました。 テレビで大々的に報道されましたので、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。 長崎県内の古い分譲地内で、新たに道路所有者になった不動産管理会社が地域住民に対して私道の通行料...
再建築不可

市街化調整区域の物件を売るためのポイントをわかりやすく解説!

売却市街化調整区域の土地を所有しているものの、活用ができないまま持て余している方も多いのではないでしょうか? 「土地の雑草対策などの管理が面倒」「使わない土地に固定資産税を払い続けたくない」「売却したいが思うように売れない」といった悩...
再建築不可

未接道の土地の評価はどうして低い?上手な売却方法をわかりやすく解説

古い時代におこなわれた広い土地の切り売りや、相続などによる土地の分筆など。 さまざまな事情によって、土地と道路のつながり(接道)が現在の建築基準法からは外れている物件は少なくありません。 そうした物件は「未接道」と呼ばれ、評価が...
再建築不可

旗竿地(はたざおち)は売却が難しい?高く売るために知っておくべきこととは?

旗竿地は変形した敷地が使いにくいデメリットや、物件によっては建て替えができないケースもあり、売却が難しい土地のひとつといえるでしょう。 売却する際には、自分の所有する旗竿地の特性やデメリット部分をしっかり理解しておくことが重要です。 ...
再建築不可

袋地を所有しているがどうすれば良い?活用法と売却のポイントを解説!

「袋地(ふくろち)」は、不動産物件の中でも特殊な形状の土地です。 一般的な土地と比べて、活用方法には法的制限があるため、袋地を所有し続けることに悩んでいる方もいるでしょう。 扱いにくい袋地の活用の仕方や、手放して売却する場合や業...
再建築不可

再建築不可物件を相続した時の対策!知っておきたい相続の手続きと売却方法

不動産を相続してから物件をよく調べてみたら再建築不可だったと気付き、その後の売却や利活用に苦労される方は少なくありません。 物件査定を依頼してみたところ、不動産仲介業者からの指摘で発覚するケースがとても多いのです。 ...
再建築不可

再建築不可物件がもしも倒壊したら?リスクをわかりやすく解説

再建築不可物件のリスクは文字通り、再建築ができないことです。 再建築不可物件は、1950年の建築基準法制定から始まり、その後の度重なる法令改正や都市計画変更などによって、建築当時は法律に適合していた物件が現行法下では不適合となってしま...
再建築不可

道路に面していない土地は売却できる?疑問点をわかりやすく解説します

道路に面していない土地に建つ建物は、建築基準法の制限に抵触するため、建て替えや増築ができません。購入しても自由に活用できない土地ということになりますので、自ずと売却は難しくなります。 このような道路に面していない土地の相場は、...
再建築不可

狭小地、狭小住宅でも買取りしてくれる?売却のポイントを分かりやすく解説

狭小地や狭小住宅は、東京や大阪などの都市部でよく見られる土地や住宅です。 高度経済成長期に大量に作られた狭小地や狭小住宅の活用は、都市の景観向上や防災の観点から規制されるようになり、中には再建築不可の物件になってしまったケースもあります。...
タイトルとURLをコピーしました