再建築不可物件

再建築不可物件

カミソリ地に隣接する土地は再建築不可の可能性大!売却方法も伝授

カミソリ地が生じる背景 カミソリ地は、長方形や三角形の長細い土地で、土地と道路の間に存在する他人名義の土地のことを指します。 カミソリで剃ったような細長い土地のため”カミソリ地”という俗称で呼ばれています。 カミソリ地...
再建築不可物件

長屋(連棟式建物)を高く売却するポイントをわかりやすく解説

長屋(連棟式建物)は価格を下げないと売れにくい 冒頭でもお伝えした通り、長屋や連棟式建物の売却が難しいのは事実です。 詳細は後ほどお伝えしますが、一般の買い手が長屋を購入しようとしても、住宅ローンの審査に通りにくいことや、将来建て替...
再建築不可物件

『古家付き土地の売却』と『更地の売却』はどちらが有効?

古家つき土地とは何か? 古家付き土地は、築年数が経過した経済的価値の低い古い家が建っている状態の土地を指します。 築年数が経過した住宅は買主がなかなかみつからないため、「古い家が建っている土地」とすることで土地検討層にも当該不動産を...
再建築不可物件

市街化調整区域の物件を売るためのポイントをわかりやすく解説!

市街化調整区域とは 市街化調整区域は、都市計画法で市街化を抑制する地域として定められている地域で、各都道府県が区域を指定します。 市街化調整区を制定する目的は、無秩序な都市化によって農地や林野がなくなることを防止するためです...
再建築不可物件

未接道の土地の評価が低い理由4選!損しない売却方法と未接道の判断方法も

そもそも「未接道の土地」とは? 各都道府県が指定した「都市計画区域」の土地に建物を建てる場合、敷地に道路が接していることが必須条件になります。 しかも、道路なら何でもいいというわけではなく、建築基準法上で定義されている条件を満たして...
再建築不可物件

旗竿地(はたざおち)は売却が難しい?高く売るために知っておくべきこととは?

旗竿地(はたざおち)とは? 旗竿地とは名前の通り、旗竿のような形状になっている土地を指し、別名、「敷地延長」や「敷延(しきえん)」「路地上状敷地」とも呼ばれています。(下図参照) 道路に接する出入口が細長い通路状になっていて、そ...
再建築不可物件

袋地を所有しているがどうすれば良い?活用法と売却のポイントを解説!

袋地とはどのような土地なのか? そもそも「袋地」とはどのような土地を指すのか、よくわからない方も多いでしょう。 建築基準法で定められた袋地の定義をわかりやすく示したものが、下の図です。 図のように、周りを他の土地にぐる...
再建築不可物件

再建築不可物件を相続した時の対策!知っておきたい相続の手続きと売却方法

相続全体の流れを理解する 事前に相続する不動産が再建築不可であることが分かっていれば、相続が発生する前に売却や買取を検討したり、法人や自治体に寄付・譲渡をしてしまうことなども検討が可能です。 検討の幅を広げるためにも、相続全体の流れ...
再建築不可物件

再建築不可物件がもしも倒壊したら?リスクをわかりやすく解説

再建築不可物件が倒壊する前に知っておくべきリスク 建て替えができない 再建築不可物件は、ご存知の方も多いと思いますが、建て替えや増築を行うことはできません。 再建築不可については、自然災害による倒壊の場合でも建て替えを行うことはで...
再建築不可物件

道路に面していない土地を売却する方法|疑問点をわかりやすく解説

道路に面していない土地の定義とその確認方法 道路に面していない土地の種類 土地が道路に面していない状態ではなぜ建て替えや増築、新たな建築ができないのでしょうか。その理由を知るためには、まずは道路に面していない土地について把握する...
タイトルとURLをコピーしました