訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

再建築不可

再建築不可

再建築不可物件購入後に起こりがちなトラブルはどんなものがあるか

「再建築不可物件を購入したら近隣トラブルが発生した」 「再建築不可物件の購入後に瑕疵が発覚した」 「トラブルが起こった場合にはどうしたら良い?」 再建築不可物件は建築から50年以上が経過している物件も多く、購入した後でトラブルが発...
再建築不可

再建築不可のアパート経営に潜むリスクとは?有効な活用方法はあるのか

再建築不可物件を相続したり、資産運用の手段として再建築不可物件のアパートを購入した場合、どのような活用方法があるのでしょうか。 この記事では再建築不可物件のアパート経営に潜むリスクや、不動産活用の方法に関してご紹介していきます。 再...
再建築不可

再建築不可物件は住宅ローンを組めるのか

再建築不可物件は建物の建て替えができない物件のことをいい、物件の価格が相場に比べて安いのが特徴です。近年は居住用だけではなく投資用の物件としても費用が安いことからも注目されています。 この再建築不可物件を購入する場合、問題になるのが購...
再建築不可

再建築不可物件は火災保険に入れる?万が一に備えて火災保険の重要性を解説

建物を購入する場合、建物が火事になった場合を想定して火災保険に加入するのが一般的です。万一、建物が火事になった場合でも火災保険に加入しておけば焼失した建物を再建築する際に保険金を利用することもできます。 しかし、再建築不可物件は同じ土...
再建築不可

位置指定道路とは?再建築不可となる理由について

再建築不可物件の活用や売却を考えている際、「位置指定道路」というキーワードを耳にすることがあります。この位置指定道路とはどんな道路なのか。位置指定道路の活用によって再建築不可物件を活用できるのかなど、今回の記事では位置指定道路に関する疑問に...
再建築不可

再建築不可物件の救済措置とは?43条但し書き道路の条件と申請方法

建物の建て替えができない「再建築不可物件」は、制約が大きい代わりに周辺の物件に比べて格安で購入できる物件です。しかし「救済措置」を講じることによって建て替えが可能となる場合があります。救済措置によって建て替えができるようになると資産価値が大...
再建築不可

再建築不可物件の活用方法11パターン

結論から言うと、再建築不可物件を活用する方法はいくつかあります。しかし、どの方法もあなたが保有している物件にそのまま使えるかというと、そうではありません。 なぜなら、不動産はそのエリアごとに違った特性があり、形状も気候も違えば活用方法...
再建築不可

再建築不可物件のリフォームはどこまで可能か

再建築不可物件とはどんな物件なのか、どこまでのリフォームが可能なのか、リスクや注意点をご紹介していきましょう。 >>再建築不可物件の売却相談はアルバリンクへ 建築確認の要・不要 そもそも再建築不可物件とは 再建築不可...
再建築不可

囲繞地通行権の通行料はいくらが相場か

「相続した土地が囲繞地通行権を行使する必要のある土地だった」 「囲繞地通行権を行使する際にどれくらい費用がかかるか知りたい」 「囲繞地通行権に費用が発生するケースはある?」 囲繞地に囲まれた袋地に土地や建物を所有していたり、袋地で...
再建築不可

囲繞地通行権と通行地役権の違い

「住んでいる住宅が袋地になっていて、難しい不動産用語に困っている」 「囲繞地通行権と通行地役権の違いがわからない」 「囲繞地通行権と通行地役権はどのように使い分けたら良いか悩んでいる」 道路に接していない土地を保有していたり、道路...
タイトルとURLをコピーしました