共有持分の買取請求を「する」側と「される」側から超簡単解説

共有名義不動産

「他の共有者が不動産の管理費を払ってくれない…」
「他の共有者から共有持分を強制的に買い取る方法はないだろうか…」

共有名義の不動産には、不動産の活用や金銭を巡るトラブルがつきものです。

結論から言いますと、ある条件を満たせば、他の共有者から持分を強制的に買い取れます(条件については記事内で解説)。
共有者各自には、「共有持分買取請求権」という権利が認められるからです。

また、この記事を読んでいる人の中には、他の共有者から買取請求を起こされて焦っている人がいるかも知れません。

というわけで、この記事では、買取請求を「する側」「される側」に分けて以下の内容を解説していきます。

共有持分の買取請求には法律的で難しい話が出てきますが、わかりやすさの限界に挑戦した内容となっていますので、ご安心ください。
最後まで読んでいただければ、共有関係におけるトラブルを一瞬で解決できることをお約束いたします。

なお、買取請求まで発展した共有関係なら、自身の共有持分のみを売却して共有名義から離脱することも視野に入れてください(具体的な売却方法は本文で解説します)。

ちなみに、当サイトを運営する「株式会社AlbaLink」は共有持分に強い専門の買取業者です。
いままでに数多くの共有トラブルを解決してきたノウハウがあります。

弁護士や司法書士などの専門家と連携して、全力でお客様の相続トラブルを問題解決までサポートさせていただきます。
ご相談だけでも大歓迎ですので、まずは弊社へご相談ください。

>>【共有持分のみでも高額売却】無料で買取査定を依頼する

※「物件住所」「氏名」「メールアドレス」を伝えるだけで相談を依頼できます。(※個人情報保護は万全です)
※無料相談はサービスの一環であり、買取を前提とするものではありませんので、お気軽にご利用ください。

共有持分の売却は「訳あり物件買取プロ」へ!

トラブルが付きものな共有持分も高額で売れる!

無料で共有持分の高額査定を試す

目次
  1. 共有持分の「買取請求」を2種類に分けて解説
    1. 共有持分買取請求権とは「強制的」に持分を買い取る方法
    2. 通常の持分買取とは「お願い」して持分を買い取る方法
  2. 他の共有者に対し法的強制力のある持分買取権を行使する
    1. 「持分買取権の行使」による強制買取の流れ
      1. 管理費用の請求
      2. 持分買取権の行使を通知
      3. 支払う対価(償金)を決定する
      4. 対価の支払い
      5. 登記申請
    2. 【具体例付き】「持分買取権の行使」で支払う対価
  3. 他の共有者から法的強制力のある持分買取権を行使された際の対処法
    1. 持分の買取は拒否できない
    2. 対価(償金)を協議で決する
    3. 登記手続きに協力する
  4. 他の共有者に対し持分を買い取らせて欲しいとお願いする
    1. まずは「持分買取のお願い」で交渉を持ち掛けよう
      1. 「持分買取のお願い」の流れ
    2. 交渉がまとまらなければ「共有物分割請求」も可能
      1. 「共有物分割請求」による共有不動産の3つの分割方法
      2. 「共有物分割請求」の流れ
      3. 買取を希望するなら弁護士に相談
  5. 他の共有者から持分を買い取らせて欲しいとお願いされた際の対処法
    1. 提示金額に納得できる場合は素直に買取に応じる
    2. どうしても不動産を手放したくない場合は相手の持分を買い取る
    3. 相手方の共有者に売却したくない場合は第三者への売却も視野に
    4. 協議がまとまらない場合は弁護士連携の買取業者に相談
  6. 共有持分は「買取業者」への売却がおすすめ!【ラクに共有関係を解消できる】
    1. 共有持分を買取業者に売却する3つのメリット
    2. 共有持分の売却相場に決まりはない
    3. 共有持分専門の買取業者の選び方【優良業者ならトラブルは起こらない】
    4. 共有持分を買取にともなう税金【基本的に譲渡所得税はかからない】
  7. 共有持分の買取が得意な専門の買取業者3選
    1. 株式会社AlbaLink (全国対応)
    2. ライズ株式会社 (首都圏メイン)
    3. 株式会社クランピーリアルエステート(全国対応)
  8. まとめ

共有持分の「買取請求」を2種類に分けて解説

「共有持分の買取請求」と聞いて、思い浮かべるイメージは人によって異なります。
「共有持分を強制的に買い取る」というイメージや、「買い取りたいので話し合いましょう」というイメージを持つかもしれません。

この記事では都合上、

「共有持分買取請求権の行使」
民法上の強制力を持つ買取請求
「通常の持分買取のお願い」
単に共有者間での話し合いを求める買取請求

の2つに分けて「共有持分の買取請求」を解説していきます。

ちなみに、この記事を読んでいる方の中には「逆に共有者とのトラブルを避けるために、自分の共有持分を売却してしまいたい。権利関係から開放されたい。」という方もいるかも知れません。
そのような方は、共有持分のみの売却に特化した専門の不動産買取業者に相談するべきです。

弊社Albalinkも訳アリ物件専門の不動産買取業者として、共有持分の買取を積極的に行っておりますので、ぜひ一度の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【共有持分のみでも高額売却】無料で買取査定を依頼する

以下の記事に「共有持分のみの売却」や「信頼できる専門の不動産買取業者」についてまとめていますので、お読みください。

共有持分買取のトラブルと回避法を伝授!優良買取業者を一挙15社紹介!
共有名義の不動産は他の名義人の賛同が得られないと売却や活用ができず、他の共有者と意見が対立するケースは珍しくありません。本記事では、共有持分をスピーディーかつ安全に買い取ってもらえる共有持分買取業者について解説します。

共有持分買取請求権とは「強制的」に持分を買い取る方法

「共有持分買取請求権(以下、持分買取権)」とは「民法上の強制力を持って他の共有者の持分を買い取る権利」のことです。

参照元:e-Gov法令検索|民法第253条2項

共有持分の買取請求権

持分買取権の行使による買取請求を行えば、他の共有者の意思に関係なく持分を強制的に買い取ることが可能です。

ただし、この権利を行使(適用)するためには

  • あなたが他の共有者の負担分も不動産の管理費を肩代わりしている
  • 管理費の負担分を他の共有者に請求している
  • 他の共有者が管理費の請求から1年以上支払いをしない

という前提条件が必要です。

持分買取権を行使して、他の共有者へ買取請求を行いたいという方は、後述の「他の共有者に対し法的強制力のある持分買取権を行使する」を参考にしてください。

逆に不動産の管理費を滞納して、他の共有者から買取請求を受けているという方は、後述の「他の共有者から法的強制力のある持分買取権を行使された際の対処法」を参考にしてください。

通常の持分買取とは「お願い」して持分を買い取る方法

前述した、民法上の共有持分買取請求は、強制力のある権利行使のことを指します。

ただ、一般の方の中では、民法上の権利ではなく、「他の共有者に対して買い取って欲しいとお願いすること」を買取請求と呼ぶ方もいます。

持分買取のお願い

この記事では、民法上の権利行使と明確に線引きするために、他の共有者に対して「買い取って欲しいとお願いすること」を「通常の持分買取のお願い」と表現します。

共有持分とはいえ、自身の持分には完全な所有権を有しているので、他の共有者と売買代金などの条件さえ合意できれば、当然に売買可能です。

共有持分は単独で売却可能!

ですが、相手方も当然拒否できます。

他の共有者へ持分買取のお願いをしたいという方は、後述の「他の共有者に対し買い取らせて欲しいとお願いする」を参考にしてください。

逆に他の共有者から持分買取のお願いを受けているという方は、後述の「他の共有者から買い取らせて欲しいとお願いされた際の対処法」を参考にしてください。

なお、共有持分を他の共有者に内緒で売却する方法は以下の記事で解説しています。
併せて参考にしてください。

共有持分を内緒で売る方法!揉めずに家の持分を売却する注意点3選
共有持分を内緒で売る4つの方法 共有不動産の建物全体を売却するには共有者全員の合意が必要です。 参照元:民法第251条(共有物の変更) しかし、「共有持分のみ」であれば、他の共有者の同意は不要で、自身の判断で売却できま...

他の共有者に対し法的強制力のある持分買取権を行使する

状況次第では他の共有者の持分を強制的に買い取ることが可能です。

前述の通り、

  • あなたが不動産の管理費を他の共有者の分も負担している
  • あなたからの支払い請求を受けている共有者が、請求から1年を超えてもその支払いをしない

上記の条件を満たすことで、「持分買取権」を行使できるからです。

持分買取権については民法253条で定められており、実際の条文は以下の通り。

民法第253条
1.各共有者は、その持分に応じ、管理の費用を支払い、その他共有物に関する負担を負う。
2.共有者が1年以内に前項の義務を履行しないときは、他の共有者は、相当の償金を支払ってその者の持分を取得することができる。

引用元:e-Gov法令検索|民法第253条

条文だけでは分かりづらいので順を追って解説していきます。

不動産の共有者は各自の持分割合に応じて「管理費」や「税金」を負担する義務を負っています。

No773_共有持分の税金・維持管理費は共有者全員で負担する

ただ現実的には、共有不動産にかかる費用を共有者のうちの1人が肩代わりしていることも多々あります。

この時、費用を負担している共有者には、「他の共有者に本来支払うべき負担分を請求する権利(求償権)」が発生します。
そして、負担分の請求を1年超滞納している場合、費用を負担している共有者は滞納者に対して「持分買取権」を行使できるようになります。

「持分買取権の行使」による強制買取の流れ

前項で「持分買取権」を行使する前提条件を解説してきました。

ここからは「持分買取権」で他の共有者の持分を強制的に買い取る流れを解説していきます。

「持分買取権」の行使から買取までにかかる期間は、管理費の滞納者が手続きに協力的かどうかで異なります。
もし他の共有者が手続きに協力的でない場合は、裁判等の余計な手順を踏まなければならず、時間がかかります。

具体的な買取までの期間は、滞納者が協力的なら「1か月程度」、滞納者が非協力的なら「半年~1年程度」で考えておくとよいでしょう。

「持分買取権の行使」で他の共有者の持分を強制的に買い取る流れは以下の通りです。

  1. 管理費用の請求
  2. 持分買取権の行使の通知
  3. 支払う対価(償金)を決定する
  4. 対価の支払い
  5. 登記申請

以下で、1つずつ詳しく解説していきます。

管理費用の請求

あなたが肩代わりした管理費や税金を他の共有者に対して請求します。

共有不動産に対する管理費や税金が発生して、他の共有者の負担分を肩代わりした瞬間に、あなたには「負担分を請求する権利」が生じます(前述)。

共有名義の固定資産税の支払い方

法律上、請求方法や請求書の様式についての規定はなく、口頭での通知でも構いません。
ただ後々「言った、言わない」とトラブルになる可能性があるので、請求した事実が残る書面やメールで請求する方が安心でしょう。

持分買取権の行使を通知

前項の請求から1年以内に支払いがないときは、その共有者に対して持分買取権の行使が可能となります。

持分買取権を行使する際は、管理費を支払わない共有者に対して「持分買取権を行使する」と意思表示をします。

「持分買取権の行使」は、買取請求を行う本人の意思表示のみで、法的効力が発生します。

法律上、意思表示の方法に規定はありませんが、後の手続きを安心して進めるために「内容証明郵便」で通知した方がよいでしょう。

内容証明郵便
内容証明郵便とは、いつ(年月日)、誰から誰宛てに、どのような内容の文書が差し出されたかが、謄本(原本の内容を全部書き写した文書)によって証明される郵便のこと。
送付された文書の内容、差出人及び受取人、差し出した日の日付が郵便局(日本郵便株式会社)により証明されるという効力がある。

参照元:法テラス「内容証明郵便は、どのような効力を持ちますか?

【内容証明郵便 見本】

「内容証明郵便」を利用することで、万が一裁判となった場合でも「意思表示をおこなった事実」を証明することが可能です。

支払う対価(償金)を決定する

持分を買い取る際に支払う対価(償金)について、当事者間で協議を行い金額を決定します。

万が一、協議で対価についての話し合いがまとまらない場合は、以下の手順で対価の金額を決定します。

  1. 不動産鑑定士に鑑定を依頼
    共有者間で不動産鑑定士に不動産の鑑定評価を依頼し、鑑定結果をもとに再度協議を行う。
  2. 弁護士に相談
    当人同士だけで協議がまとまりそうにない場合は、今後の「調停」や「裁判」の手続きを弁護士に依頼します。
    今回のような民事事件の場合、弁護士費用の相場は「50万円~100万円程度」です。
    ただ、不動産の価格等の条件によって変動するため、依頼する前に見積もりをお願いするとよいでしょう。
  3. 民事調停を申し立てる
    「調停委員会」を間に通して当事者間での落としどころを見つける。
  4. 裁判所による判決
    裁判所に訴訟を申し立てて、最終的には判決により対価の金額が決まる。

上記のように協議で話し合いがまとまらないと弁護士に話し合いの仲介を依頼する必要があり、費用が「50万円~100万円程度」かかります。

また、「不動産鑑定士への依頼」と「民事調停(話し合い)」は省略できます。

つまり、協議での解決が無理であると判断した時点で、裁判所に訴訟を申し立てることも可能です。

対価の支払い

滞納者に対して、決定した対価を支払います。

対価の支払い完了により、滞納者の持分は持分買取権行使者の所有となります。

ただし、この権利関係は持分買取権行使者と滞納者との当事者間でしか主張することができません。

第三者へも自身の所有を主張するためには、次の持分移転登記手続きが必要です。

登記申請

持分移転登記を行い、滞納している共有者の持分をあなた名義に変更します。
登記を行うには「滞納者」「持分買取権行使者」両方の共有者が共同で登記申請を行わねばなりません(不動産登記法第60条)。

ですが、買取請求の意思表示を行ったとしても、滞納している共有者が登記申請に協力するとは限りません。
滞納者が登記申請に協力しない場合は「所有権移転登記手続請求訴訟」を地方裁判所へ申し立てます。

※所有権移転登記手続請求訴訟
所有権(持分)の移転登記申請に協力するよう求める訴訟

裁判所で訴訟内容が認められれば、あなた単独での登記申請が可能になります不動産登記法第63条

共有持分の移転登記にかかる費用については、以下の記事で詳しく解説しています。

共有持分の移転登記にかかる費用や税金!手続きの流れ、注意点も徹底解説
共有持分の移転登記にかかる費用や手続きの流れ、持分移転登記を行う際の注意点を解説します。この記事を読むと、共有持分の移転登記にどのくらいの費用がかかるのかが分かり、手続きをスムーズに行えるようになります。

【具体例付き】「持分買取権の行使」で支払う対価

ここからは具体的な数字を交えて「持分買取権の行使」で支払う対価がいくらになるかを分かりやすく解説していきます。

【具体例】
あなたと弟が「2分の1ずつ」で不動産を共有
あなたが肩代わりした「管理費の負担分100万円」を弟が請求から1年を超えて滞納
不動産鑑定士に鑑定を依頼し、不動産全体の鑑定評価額は「3,000万円」

上記の例で、不動産鑑定士の鑑定結果を元に対価を決定する場合「3,000万円の2分の1」なので対価の金額は「1,500万円」となります。

また、この時支払う対価から「あなたが肩代わりしている金額(求償分)」を差し引くことが可能です。
上記の例では「1,500万円-100万円」なので、最終的に支払う対価は「1,400万円」となります。

他の共有者から法的強制力のある持分買取権を行使された際の対処法

ここまで「持分買取権の行使」で他の共有者の持分を買い取る手順を解説してきました。
前述の通り「持分買取権の行使」とは、「民法上の強制力をもって他の共有者の持分を買い取ること」です。

中には、「管理費の支払いを先延ばしにしていたら突然、持分買取権の行使による買取請求の通知が届いて驚いている」方もいるかもしれません。

ここからは、あなたが持分買取権を行使された際の正しい対応について解説していきます。

持分買取権を行使された際は、以下の3点をおさえて対応してください。

  • 持分の買取は拒否できない
  • 対価(賞金)を幾らにするか協議する
  • 登記手続きに協力する

以下で、1つずつ順に解説していきます。

持分の買取は拒否できない

持分買取権の行使者が「あなたの持分を買い取る」という意思表示を行った時点で、法的効力が発生します。
法的効力が発生してしまうと、持分が買い取られることに対してあなたは拒否できません。

例えば、相手からの連絡を無視する等で、買取を拒否することはおすすめできません。
裁判を起こされた場合、あなたが連絡を無視した事実によって、裁判所の判断が厳しくなり「あなたが受け取る対価」が低く見積もられる可能性が高まります。

対価(償金)を協議で決する

「買取請求をした」「買取請求を受けた」両方の共有者で協議を行い、あなたが受け取る対価を決めましょう。
持分が買い取られてしまうことは免れませんが、あなたが受け取る対価(償金)は当事者間で決めることが可能です。

万が一、協議がまとまらない場合に対価の金額を決定する手順は前述の「支払う対価(償金)を決定する」で解説しております。

登記手続きに協力する

あなた自身の持分を譲り渡すために、買取請求をした共有者と共同で登記申請を行う必要があります。

登記手続きを拒んだとしても、訴訟を起こされれば持分の譲り渡しは避けられないので、登記申請には協力した方が良いでしょう。

他の共有者に対し持分を買い取らせて欲しいとお願いする

これまで解説してきた「持分買取権の行使」は「他の共有者が管理費や税金の支払いに1年以上応じない」という前提条件がなければ行えない方法でした。

ここからは通常の「持分買取のお願い」で他の共有者に対して買取請求を行う流れを解説します。

「持分買取のお願い」は強制力のある「持分買取権の行使」とは違って、お互いに売買条件に合意できれば買取ができます。

なお、以下の記事でも共有者から共有持分を取得する方法を解説しているので、併せて参考にしてください。

不動産の共有者から共有持分を取得する方法
共有持分を相手方から取得する3つの方法 共有持分者と連絡がとれる通常のケースで共有持分を取得するには、以下の3種類の方法があります。 贈与してもらう 1つ目は共有持分権者から不動産を贈与してもらう方法です。 贈与とは「無料で...

まずは「持分買取のお願い」で交渉を持ち掛けよう

前提条件が揃わず「持分買取権の行使」による法的な強制買取に踏み切れない場合は、他の共有者に対して「持分買取のお願い」で話し合いを持ち掛けましょう。

No731_共有持分売買の打診ただ「持分買取のお願い」では、

  • 他の共有者から持分を買い取れるかどうか
  • 持分の買取価格
  • その他の売買契約条件

等の全てが共有者間の交渉次第で決まります。

つまり、他の共有者を説得できるかどうかが売買成功のカギです。

「共有者間での持分売買で持分のみを安く買い取るための交渉術」は、以下の記事で解説しておりますので、参考にしてください。

共有名義の不動産を親族間の持分買取でまとめる全手順とベストな交渉術
共有者同士で持分を売買することで、共有不動産の権利関係を整理することが可能です。本記事では、共有持分を親族間売買することによる買主と売主双方のメリット・リスク・手順・例文を交えた交渉術・共有持分をトラブルなくスムーズに売却する方法について、解説します。

「持分買取のお願い」の流れ

「持分買取のお願い」によって他の共有者の持分を買い取る流れは以下の通りです。

  1. 他の共有者と「買取価格」等の条件を交渉する
  2. 「契約書の作成」や「登記手続き」を司法書士に相談する
  3. 共有者間で売買契約を締結する
  4. 「売買代金の決済」をして、司法書士が「持分移転登記」を行う

詳しい流れは、以下の記事で解説しておりますので、参考にしてください。

共有状態を解消する全てのパターン別に「流れ」や「手順」を完全網羅
共有状態の解消前に必要な2つの手順 不動産の共有関係を解消する前に必要な準備は以下の2つです。 共有者の調査 共有者全員で共有解消方法について話し合う 共有者の調査 まずは、共有者が誰なのか、確定させておく...

交渉がまとまらなければ「共有物分割請求」も可能

他の共有者が「持分買取のお願い」に応じない場合には共有物分割請求(以下、分割請求)」という手段があります。

ただ、この分割請求は「他の共有者に対して共有状態の解消を求める」ことであり、あなたが必ずしも持分を買い取れるとは限りません。
訴訟の申立先である地方裁判所が、最終的な不動産の分割方法を判断するからです。

例えば、判決の内容次第では「不動産全体を競売にかけ、得た売却代金を持分割合に応じて分割する」という結果になることもあります。

「共有物分割請求」による共有不動産の3つの分割方法

分割請求を起こした場合、以下の3つの方法のうちどれかで不動産を分割することになります。

【相続・共有持分】現物分割・代償分割・換価分割

代償分割
共有者のうち1人が共有不動産を取得する代わりに、他の共有者に対して持分相当分の金銭を支払う方法。
簡単に言えば、共有者同士で持分を売買する分割方法。
換価分割
共有不動産全体を売却(競売)して、得た売却益を持分割合に応じて分割する方法。
現物分割(土地のみの場合)
共有名義の土地を物理的に切り分けて(=分筆)分割する方法。
切り分けた(分筆後の)各土地は、それぞれ元の土地と同じ割合の共有状態となる。
それぞれの土地の持分を交換し合うことで、各土地を双方が単独で所有することができる。

上記のうち「代償分割」で「あなたが不動産の取得者となること」が認められれば、あなたが他の共有者から持分を買い取ることができます。

共有物分割請求をするべきか迷う方は、「共有物分割請求をするべきケース・しないべきケース|実際の流れと判例も紹介」を参考にしてください。

「共有物分割請求」の流れ

分割請求を行う際、最初からいきなり裁判を起こすことはできず、共有者間での協議から段階を踏んで手続きを進める必要があります。

具体的な分割請求の流れは以下の通りです。

  1. 弁護士に相談する
    「共有者間での協議の取りまとめ」や「裁判手続き」等を弁護士に依頼します。
  2. 共有物分割協議を行う
    共有者全員で不動産の分割方法について話し合います。
  3. 地方裁判所に訴訟を申し立てる
    協議がまとまらないのであれば訴訟を申し立て、裁判となります。
  4. 各共有者が口頭弁論を行う
    口頭弁論や証拠の提出等で、訴訟内容に間違いがないかを、裁判所が確認します。
  5. 裁判所から判決が下る
    口頭弁論や証拠等の内容を受け、裁判所が不動産の適切な分割方法を決定します。

共有物分割請求の詳細な流れは以下の記事にて解説しておりますので、参考にしてください。

「共有物分割請求訴訟」が世界一わかる!手順や費用面などを完全網羅
共有状態を解消したい場合、「共有物分割請求訴訟」が有効です。本記事では、共有物分割請求訴訟の3パターンの判決・共有物分割請求訴訟のメリットとデメリット・共有物分割請求訴訟を起こす7つのステップ・通知が届いた場合のとるべき4つの対処法・共有物分割請求訴訟をせず、共有持分のみを手放す方法を解説します。

買取を希望するなら弁護士に相談

あなたが分割請求を起こすことで、他の共有者の持分を買い取れる見込みがあるかどうかは弁護士に相談しましょう。

万が一、協議がまとまらずに裁判となった場合、どのような判決が下されるかというのは、一般の個人では見当のつけようがありません。

弁護士であれば過去の様々な判例から、あなたの状況に応じた見解を示してくれます。

他の共有者から持分を買い取らせて欲しいとお願いされた際の対処法

ここまでは「持分買取のお願い」で他の共有者に買取請求を起こす流れを解説してきました。

ですが、この記事を読んでいる方の中には、他の共有者から突然「持分を買い取らせてほしい」とお願いされて困惑している方もいるかと思います。

他の共有者から持分買取のお願い」で買取請求をされた場合の対処法は以下の4つになります。

  • 提示金額に納得できる場合は素直に買取に応じる
  • 不動産を手放したくない場合は相手の持分を買い取る
  • 相手方の共有者に売却したくない場合は第三者へ売却する
  • 協議がまとまらない場合は弁護士と連携している買取業者に相談する

あなたの状況や、相手の意図によって対応が異なりますので、しっかり確認してください。

提示金額に納得できる場合は素直に買取に応じる

もしもあなたが、「現状で共有不動産を活用していないから手放してもいい」と感じていた場合、金額さえ合えば買取に応じることで提案者もあなたも双方にメリットがあります。

買取の提案者はあなたの持分を買い取れますし、あなたも共有不動産を手放してまとまった現金を受け取ることができるからです。

ですが「可能な限り高値で買い取ってもらいたい」と思うものです。

「共有者間であなた自身の持分を高く買い取ってもらうための交渉術」は、以下の記事で解説しておりますので、参考にしてください。

共有名義の不動産を親族間の持分買取でまとめる全手順とベストな交渉術
共有者同士で持分を売買することで、共有不動産の権利関係を整理することが可能です。本記事では、共有持分を親族間売買することによる買主と売主双方のメリット・リスク・手順・例文を交えた交渉術・共有持分をトラブルなくスムーズに売却する方法について、解説します。

どうしても不動産を手放したくない場合は相手の持分を買い取る

逆にあなたがどうしても「不動産を手放したくない!」のであれば、あなたが相手の持分を買い取るという方法があります。

この方法は、持分買取の提案を持ちかけてきた共有者が、

  • 不動産の権利関係を整理したい
  • 将来のリスクを考えて共有状態を解消したい

等で「不動産の取得」ではなく「共有状態の解消」を目的にしている場合におすすめです。

提案してきた共有者からしても、不動産の共有を解消できれば良いのですから「どちらが不動産を所有するか」について関心がない可能性があります。

交渉が成立して相手の持分を買い取ることができれば、あなたが不動産を自由に活用できるようになります。
「あなたが持分を買い取る」ということも視野に入れて、共有者と協議を進めましょう。

相手方の共有者に売却したくない場合は第三者への売却も視野に

どうしても「相手方の共有者には自分の持分を売り渡したくない!」という場合もあるでしょう。

例えば、

  • 以前から共有者間の関係が悪い
  • 相手から提示されている金額が不当に安価である

等様々な理由が考えられます。

このような場合は「あなた自身の持分のみを第三者に売る」ことも検討しましょう。

あなたの持分のみを第三者に売却すれば、共有関係から抜けることで共有者との関係を断つことが可能です。

ただし、共有持分はそれのみを買い取ったところで、不動産全体を自由に活用できないため、一般の個人へ売却しようとしても売れません。
また、一般の不動産屋もまず取り扱ってくれません。

しかし、共有持分を専門に取り扱う買取業者であれば、活用ノウハウがあるので持分のみであっても買い取ってもらえます。

共有持分専門の買取業者を利用するメリットについては「共有持分を買取業者へ売却するメリット」の章で解説しています。

弊社Albalinkでも、共有持分のみの買取を積極的に行っておりますので、他の共有者からの不当な買取請求でお困りの方はお気軽にご相談ください。

>>【共有持分のみでも高額売却】無料で買取査定を依頼する

※「物件住所」「氏名」「メールアドレス」を伝えるだけで相談を依頼できます。(※個人情報保護は万全です)
※無料相談はサービスの一環であり、買取を前提とするものではありませんので、お気軽にご利用ください。

なお、他の共有者が自身の共有持分を第三者へ売却することも十分考えられます。
その際にどのようなトラブルが発生する恐れがあるのか、対処法と併せて下記記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

他の共有者に持分を売却されてしまった際のトラブル4選!対処法を解説
他の共有者に共有持分を売却されたときに起こり得るトラブル事例や対処法を解説します。この記事を読むと共有持分に関する知識を習得でき、共有トラブルを未然に回避できます。

協議がまとまらない場合は弁護士連携の買取業者に相談

万が一裁判になると、競売にかけるという判決が出る可能性があり、そうなると共有者全員が損をする可能性があります。

ですから、共有者間で持分売買の交渉がまとまらず、裁判にもつれ込みそうという場合は「弁護士と連携した専門の買取業者」に相談しましょう。

弁護士と連携した買取業者であれば、あなたの持分を買い取り、共有者間の協議を引き継いでくれる可能性があります。

ただし、買取業者からしても買取後に、他の共有者との話し合いに時間がかかったり、裁判になった際の費用がかかるリスクがあるため、買取価格は安価になりがちです。

安価でもいいから、面倒な話し合いから抜け出したいという方は、買取業者に一度相談してみることをおすすめします。

なお、弊社Albalinkは訳アリ物件専門の買取業者です。
そのため、共有持分といった特殊な不動産の買取実績も豊富にあり、高額買取に自信を持っています。
また、弁護士とも連携しておりますので、買取り後の共有者との話し合いにも対応できます。

ですから、少しでも高く共有持分を売却したい場合は、ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【共有持分のみでも高額売却】無料で買取査定を依頼する

※「物件住所」「氏名」「メールアドレス」を伝えるだけで相談を依頼できます。(※個人情報保護は万全です)
※無料相談はサービスの一環であり、買取を前提とするものではありませんので、お気軽にご利用ください。

共有持分は「買取業者」への売却がおすすめ!【ラクに共有関係を解消できる】

前述したとおり、共有持分を「買取業者」に買い取ってもらえば、共有関係のトラブルをラクに解消できます。

持分売却による現金化

確かに、前述した「持分買取権」を行使すれば、強制的に共有関係を解消できます。

しかし、持分買取権を行使するには裁判を行う手間や約100万円の弁護士費用もかかり、実行するにはかなりハードルが高いです。

また、持分買取権を行使された側としても、提示された価格に納得できなかったり、やりたくもない登記手続きに協力したりなど、持分買取権に応じるストレスは計り知れません。

共有者間での持分を売却する方法も紹介しましたが、双方で協議を進めようにも、素人同士の協議では話が上手くまとまらないケースがほとんどです。

このように、「持分買取権」や「共有者間での持分売却」を実現するのは、実際には難しいのが現状です。

ですが、「買取業者」へ持分を売却すれば、手間や費用、ストレスなしで共有関係を解消できます。詳しくは次の章から解説していきます。

なお、弊社Albalinkでも共有持分の買取を積極的に行っております。
費用や時間をかけずに、持分を売却し、共有関係から抜け出したい方は、ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【共有持分のみでも高額売却】無料で買取査定を依頼する

共有持分の買取相場については、以下の記事も参考にしてみてください。

共有持分の売却相場を実際の買取事例から確認!高額で売却する方法3選
共有持分の購入相手別の売却相場、相場よりも高く買い取ってもらうテクニックを解説します。この記事を読むと共有持分のおおよその相場観をつかめ、より高く売却できるようになります。

共有持分を買取業者に売却する3つのメリット

共有持分を買取業者に売却する方法には、以下の3つのメリットがあります。

  • 裁判や登記の手間がない
  • 他の共有者と顔を合わさずに売却できる
  • 短期間で売却できる

前述したように、買取業者へ持分を売却する場合は、持分買取権を行使した時と違い、裁判手続きが不要です。登記手続きも買取業者が提携している司法書士が代行してくれます。

また、持分を買取業者へ売却する際に、他の共有者と顔を合わすことなく売却できます。
前述したように、持分売却では共有者への同意がいらず、しかも買い手は「買取業者」なので、他の共有者が出る幕はないからです。

さらに、買取業者に依頼すれば、あなたの持分を数日~数週間程度で売却できます。
面倒な裁判などを行う必要もなく、買取業者が利益を見込めると判断し、依頼者が金額に納得すれば売買契約が成立するためです。

仲介と買取の売却スピードの違い

買取価格についても、専門の買取業者は持分買取に詳しいプロなので、あなたの持分価格を正確に算出してくれます。

ちなみに、弊社Albalinkは訳アリ物件専門の買取業者ですので、共有持分の買取実績も豊富にあります。
ですから、弊社にご依頼いただけば、無料で査定額を提示し、スピーディに
買い取ることも可能です。

「手間なし、費用なし、ストレスなし」で共有持分を売却し、共有関係を解消したい方は、ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【共有持分のみでも高額売却】無料で買取査定を依頼する

共有持分の売却相場に決まりはない

共有持分を買取業者に売却する際の価格相場に明確な決まりはありません。
あなたの持分をいくらで買い取ってくれるかは、査定する買取業者次第だからです。

一応世間では、共有持分の買取相場は「物件の市場価格×持分割合×1/2」で計算できると言われています。

例えば、物件の市場価格が「5000万円」、持分割合が「1/3」の場合、持分の価格は以下の通りになります。

市場価格5000万円×持分割合1/3×1/2=833万円

ただ、上記はあくまで目安であり、実際の買取価格は物件の状況や立地などの影響も受けます。

共有持分の価格相場に決まりはないので、正確な価格が知りたい場合は、買取業者へ査定を依頼してみてください。

弊社Albalinkでも無料で買取査定を行っていますので、ご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【共有持分のみでも高額売却】無料で買取査定を依頼する

なお、共有持分の売却相場については、以下の記事も参考にしてみてください。

共有持分の売却相場を実際の買取事例から確認!高額で売却する方法3選
共有持分の購入相手別の売却相場、相場よりも高く買い取ってもらうテクニックを解説します。この記事を読むと共有持分のおおよその相場観をつかめ、より高く売却できるようになります。

共有持分専門の買取業者の選び方【優良業者ならトラブルは起こらない】

共有持分を買い取ってくれるからといって、買取業者ならどこでも良いわけではありません。

持分買取業者の中には、あなたの持分を不当に安い価格で買い取ったり、あなたの持分を買い取った後、他の共有者の持分も強引に買い取ろうとする悪徳業者も存在するからです。

買取業者が他の共有者との持分を強引に買い取ろうとした場合、最初にその業者に持分の売却を依頼したあなたに他の共有者からの非難が殺到する恐れがあります。

そのようなトラブルを回避するには、優良な持分買取業者を選ぶことです。

その際に、最も注目して欲しいのは「買取業者の実績が豊富かどうか?」です。

弊社のように「手書きのお客様の声」が公式サイトに掲載されていれば、お客様が満足している確固たる証拠なので、間違いなくトラブルは起こりません。

アルバリンクのお客様の声

引用元:株式会社アルバリンク「お客様の声」

実際に弊社の場合、あなたの共有持分を買い取る際は、お互いにwin-winの取引となるように、慎重に話し合いをさせていただきます。

また、共有持分を買い取った後、他の共有者へ以下のような交渉を行います。

  • 共有持分を買い取ってもらえないか交渉する
  • 共有持分を一緒に売りに出さないか交渉する
  • 共有者の持分を買い取らせてもらえないか交渉する

決して、悪徳業者のような「共有者から持分を強引に奪おうとするような交渉」は行いません。

弊社は下記のように全国各地の共有持分を買い取っており、中には1000万円以上で買い取ったこともあります。

引用元:共有持分の買取事例(Albalink)

ただ、上記のような買取事例だけを見せられてもピンとこない方もいるでしょう。
そこで、弊社が共有持分を買い取ったお客様からいただいた、直筆のメッセージも紹介します。

引用元:お客様の声(Albalink)

このお客様は共有者である親族と折り合いが悪く、話し合いができる関係ではありませんでした。
そのため、弊社が共有持分を買い取ったことで「(共有者と)やり取りをしなくて済むようになり、気持ちが楽になった」というメッセージをお寄せくださいました。

上記のお客様以外にも、弊社に物件の買取依頼をしていただいたお客様からは「肩の荷が下りた」「もっと早く依頼すれば良かった」といった感謝の言葉を多数いただいております(下記Google口コミ参照)。

相馬桂子
相馬桂子
2023-09-29
担当してくれた方がとても優しく 迅速に処理していただけてるので助かっております
豊田直子
豊田直子
2023-09-04
役場から空家の適切な管理をお願いしますと通知が来ました。早くどうにかしないとご近所に迷惑がかかると思いネットでアルバリンクさんを検索し相談しました。担当の野間さんが丁寧な対応で「一緒に頑張りましょう」と言って頂き、心強かったです。買取りもスピーディで、本当に感謝しています。ありがとうございました。
山本建夫
山本建夫
2023-09-01
二十数年前に四国(松山市内)の実家を相続しましたが、今後とも活用の予定がなく、処分(売却)する方向で地元(松山市)の不動産業者を中心に処分の相談をしていましたが、立地条件等の関係から話がまとまらず、困っていました。 そんな折、たまたまテレビ(フジテレビ系列)でアルバリンクさんの「空き家処分について」の放映が目に留まりました。早速、相談させていただこうと電話で土地と建物の現状を説明したところ、担当の方(池澤さん)が非常に親切で丁寧にご対応くださり、おかげさまで売買契約の締結に至りました。アルバリンクさんのテレビ放映を見るまでは、もう処分は無理かと諦めていたこともありました。 アルバリンクさん(担当:池澤さん)に出会えて本当に良かったです。感謝しております。ありがとうございました。
木村敏子
木村敏子
2023-08-12
このたびは、アルバリンク担当安藤様に大変お世話になりました。父の相続手続きで、一番ネックだったのが、10年近く空き家状態になっていた実家の処遇でした。地元の不動産屋数件にも現地確認に来てもらいましたが買い取りを断られ続け、更地にしてはどうか?と提案されましたが、数百万かけて解体しても、再建築不可の土地のため、売れるはずがないと途方に暮れていました。 そんな時、たまたまネット検索で訳あり物件買取プロがヒットし、安藤さんと数回お電話させていただき、とても親しみやすい方で親身に話を聴いていただいたことを覚えています。しかも、ラインで実家の写真や不動産関係書類を送信するだけで、こういった取り引きが成立することに、まずは驚きました。先祖代々引き継がれた、父母とも過ごした思い出の家でしたが、再建築不可の場所でもアルバリンクさんのおかげで、所有権移転登記することができました。誠に感謝申し上げます。 今回、アルバリンク様のおかげで売却できたこと、お盆のお墓参りで先祖にも報告できましたし、自分自身の気持ちもスッキリ軽くなりました。本当にありがとうございました!!
ちゃむ
ちゃむ
2023-07-28
再建築不可(家の側の道は原付が通れる幅しかない)、残置物あり、長年動物を飼育していたため家屋のダメージあり…と地元の不動産会社数件には相手にもされなかった実家の物件を藁にもすがる思いでアルバリンク様に相談させて頂きました。きっと断られるんだろうなと思いましたが、担当の池澤様から前向きな返答を頂きビックリした事を覚えています。 私が体調面で不安を抱えていた事も考慮して下さり、なるべく身体に負担のないようにスムーズに進めて下さいました。 リフォームするとしても数百万かかるだろうし、同じく数百万かけて解体しても使い道がなく税金が跳ね上がるだけの負の遺産を手放せた時には長年の悩みが無くなり肩の荷が下りました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。御丁寧に対応して下さり本当にありがとうございました。
森の熊
森の熊
2023-07-21
不動産の悩みは、同業多くあれどAlbaLinkさんは外さない方がいいです。担当者さんが親身で丁寧、LINEでリアルタイムに写真付きでやり取り出来て話も早い。安心して取り引き出来ます、たいへん助かります。
おはゆうちゃん
おはゆうちゃん
2023-06-28
再建築不可&傾いた古い家の処分で困ってました。 地元の不動産では相手にもされず、固定資産税の関係で更地にもできず、草抜きや隣家との対応など高年齢が近い夫婦ではとても日頃の管理は重労働でした。 こちらに相談したところ快く買い取っていただき、肩の荷がおりました。本当にありがとうございました。 担当いただいた菊池様の心遣いに感謝しております。
ウーティスメチウス
ウーティスメチウス
2023-06-09
横浜在住です。築50年以上の中国地方の再建築不可戸建てを相続し、不動産買取業者に聞いても断られ、処分に困っていました。必死の思いでネットで見つけたアルバリンクさんに査定依頼したところ、すぐに米長さんからご連絡をいただき、親身に相談にのっていただきました。一週間後には売買契約書に署名捺印の運びとなりました。本当に助かりました。

また、弊社はお客様からの評価が高いだけでなく、不動産買取業者としては数少ない上場企業でもあり、社会的信用も得ています。

信頼できる買取業者に安心して共有持分を売却し、共有関係から解放されたい方はぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(売却前提の問い合わせでなくても構いません)。

>>【共有持分でも高額売却!】無料で買取査定を依頼する

共有持分を買取にともなう税金【基本的に譲渡所得税はかからない】

一般的に、不動産を売却した際に利益が出た場合は譲渡所得税を支払う義務があります。

譲渡所得税とは

譲渡所得税
譲渡所得とは、一般的に、土地、建物、株式、ゴルフ会員権などの資産を譲渡することによって生ずる所得に対して支払う税金のこと。

しかし、持分売却において譲渡所得税を支払うことはほとんどありません。
持分売却で利益が出ることはほとんどないからです。

利益が出るには、取得費(購入価格)より高く売れる必要があります。
通常の不動産売却なら、購入時より高く売れることは頻繁にあるので、譲渡所得税が発生します。

しかし、共有持分の売却はあくまで「権利」の売買であり、持分を買ったところで不動産を自由に使えるわけではないので、取得費(購入価格)より高く売れることはまずありません。

例えば、前提として、譲渡所得税は以下の計算式で算出されます。

譲渡所得税=譲渡所得金額※×税率
※譲渡所得金額=収入金額ー(取得費譲渡費用

仮に、「取得費4000万円、譲渡費用500万円」の家をあなたと兄弟で「持分割合1/2」ずつ所有していた場合、「2000万円以上」で売却できなければ、利益が出ないことになります。

しかし、前述したように「持分」はあくまで権利なので、2000万円以上では売れることはなく、利益が出ません。
つまり、以下のように譲渡所得税も発生しないのです。

譲渡所得=2000万円ー( 2000万円 + 500万円)=-500万円
譲渡所得税=ー500万円×税率20%=0円
※税率20%=短期譲渡所得(所有期間5年未満)の場合の税率

このように、持分売却を行ったところで、譲渡所得税が発生することはないと思っておいて大丈夫です。

しかし、絶対に利益が出ないわけではないので、持分を売却した際は必ず税理士に相談してください。

不動産売却時に発生する税金については以下の記事で詳しく解説しているので、併せて参考にしてください。

【世界一わかる】不動産売却に関する税金完全ガイド!お得な特例も紹介!
不動産売買に関する税金について、網羅的に解説。具体的には、印紙税・登録免許税・譲渡所得税について、求め方、試算・納付方法を解説。また譲渡所得税を軽減する各種特例についても完全解説。さらに税金のことで困ったら時のとっておきの対処法も公開。

共有持分の買取が得意な専門の買取業者3選

前章で買取業者へ共有持分を売却するメリットや、買取業者の選び方について解説しました。

そこでこの章では、共有持分の買取が得意な専門の買取業者を3社紹介します。

買取業者 株式会社AlbaLink 株式会社ライズライズ株式会社 株式会社クランピーリアルエステート㈱クランピーリアルエステート
おすすめ度 ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆
対応エリア 全国 首都圏メイン 全国
買取実績・相談実績 買取実績年間600件超
相談件数年間5000件(※)
買取実績累計1000件以上 1,500以上の関連士業との提携
問い合わせ先 詳細 詳細 詳細

※訳あり物件買取プロ:2023年1月1日~2023年10月25日現在の実績:相談/5,555件:買取/600件

自身で買取業者を調べる時間のない方や、どの業者に頼めばいいかわからない方は、まずは上記3社に査定依頼を出してみてください。

株式会社 Alba Link

弊社Albalinkは訳アリ物件専門の買取業者であり、共有持分の買取も得意としています。
実際、弊社は下記のように全国各地の共有持分を買い取っており、中には1000万円以上で買い取ったこともあります。

引用元:共有持分の買取事例(Albalink)

上記のお客様をはじめ、これまで買取をさせていただいたお客様からは、以下のように感謝のお言葉を多数いただいております。

相馬桂子
相馬桂子
2023-09-29
担当してくれた方がとても優しく 迅速に処理していただけてるので助かっております
豊田直子
豊田直子
2023-09-04
役場から空家の適切な管理をお願いしますと通知が来ました。早くどうにかしないとご近所に迷惑がかかると思いネットでアルバリンクさんを検索し相談しました。担当の野間さんが丁寧な対応で「一緒に頑張りましょう」と言って頂き、心強かったです。買取りもスピーディで、本当に感謝しています。ありがとうございました。
山本建夫
山本建夫
2023-09-01
二十数年前に四国(松山市内)の実家を相続しましたが、今後とも活用の予定がなく、処分(売却)する方向で地元(松山市)の不動産業者を中心に処分の相談をしていましたが、立地条件等の関係から話がまとまらず、困っていました。 そんな折、たまたまテレビ(フジテレビ系列)でアルバリンクさんの「空き家処分について」の放映が目に留まりました。早速、相談させていただこうと電話で土地と建物の現状を説明したところ、担当の方(池澤さん)が非常に親切で丁寧にご対応くださり、おかげさまで売買契約の締結に至りました。アルバリンクさんのテレビ放映を見るまでは、もう処分は無理かと諦めていたこともありました。 アルバリンクさん(担当:池澤さん)に出会えて本当に良かったです。感謝しております。ありがとうございました。
木村敏子
木村敏子
2023-08-12
このたびは、アルバリンク担当安藤様に大変お世話になりました。父の相続手続きで、一番ネックだったのが、10年近く空き家状態になっていた実家の処遇でした。地元の不動産屋数件にも現地確認に来てもらいましたが買い取りを断られ続け、更地にしてはどうか?と提案されましたが、数百万かけて解体しても、再建築不可の土地のため、売れるはずがないと途方に暮れていました。 そんな時、たまたまネット検索で訳あり物件買取プロがヒットし、安藤さんと数回お電話させていただき、とても親しみやすい方で親身に話を聴いていただいたことを覚えています。しかも、ラインで実家の写真や不動産関係書類を送信するだけで、こういった取り引きが成立することに、まずは驚きました。先祖代々引き継がれた、父母とも過ごした思い出の家でしたが、再建築不可の場所でもアルバリンクさんのおかげで、所有権移転登記することができました。誠に感謝申し上げます。 今回、アルバリンク様のおかげで売却できたこと、お盆のお墓参りで先祖にも報告できましたし、自分自身の気持ちもスッキリ軽くなりました。本当にありがとうございました!!
ちゃむ
ちゃむ
2023-07-28
再建築不可(家の側の道は原付が通れる幅しかない)、残置物あり、長年動物を飼育していたため家屋のダメージあり…と地元の不動産会社数件には相手にもされなかった実家の物件を藁にもすがる思いでアルバリンク様に相談させて頂きました。きっと断られるんだろうなと思いましたが、担当の池澤様から前向きな返答を頂きビックリした事を覚えています。 私が体調面で不安を抱えていた事も考慮して下さり、なるべく身体に負担のないようにスムーズに進めて下さいました。 リフォームするとしても数百万かかるだろうし、同じく数百万かけて解体しても使い道がなく税金が跳ね上がるだけの負の遺産を手放せた時には長年の悩みが無くなり肩の荷が下りました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。御丁寧に対応して下さり本当にありがとうございました。
森の熊
森の熊
2023-07-21
不動産の悩みは、同業多くあれどAlbaLinkさんは外さない方がいいです。担当者さんが親身で丁寧、LINEでリアルタイムに写真付きでやり取り出来て話も早い。安心して取り引き出来ます、たいへん助かります。
おはゆうちゃん
おはゆうちゃん
2023-06-28
再建築不可&傾いた古い家の処分で困ってました。 地元の不動産では相手にもされず、固定資産税の関係で更地にもできず、草抜きや隣家との対応など高年齢が近い夫婦ではとても日頃の管理は重労働でした。 こちらに相談したところ快く買い取っていただき、肩の荷がおりました。本当にありがとうございました。 担当いただいた菊池様の心遣いに感謝しております。
ウーティスメチウス
ウーティスメチウス
2023-06-09
横浜在住です。築50年以上の中国地方の再建築不可戸建てを相続し、不動産買取業者に聞いても断られ、処分に困っていました。必死の思いでネットで見つけたアルバリンクさんに査定依頼したところ、すぐに米長さんからご連絡をいただき、親身に相談にのっていただきました。一週間後には売買契約書に署名捺印の運びとなりました。本当に助かりました。

お客様からの支持が高く、買取実績も豊富な買取業者に安心して売却を依頼したい場合は、ぜひ弊社にご依頼ください。
査定依頼は以下の無料買取査定フォームより簡単に行えます。

>>【共有持分でも高額売却!】無料で買取査定を依頼する

会社名 株式会社 Alba Link
本社住所 東京都 江東区 富岡 2-11-18 リードシー門前仲町ビル 6F
TEL 0120-849-198
MAIL info@albalink.co.jp
営業時間 10:00~19:00 (日曜日 定休)
代表者 河田憲二
創業 2011年
宅建免許番号 国土交通大臣(1)第10112号
公式HP https://wakearipro.com/
買取実績 年間600件以上

ライズ株式会社 (首都圏メイン)

ら

ライズ株式会社も訳アリ物件専門の買取業者であり、創業から7年間で、共有持分を含めた訳あり物件の買取実績が1,000件以上に上ります(※グループ全体の合計)。

同社は不動産のリフォームやリノベーションのノウハウを豊富にあるため、建物が老朽化していることが理由で、他社に共有持分の買取を断られてしまった人などにおすすめです。

会社名 ライズ株式会社
住所 東京都 港区 南青山 5-12-3
TEL 03-5766-3648
MAIL 不明
営業時間 10:00~21:00(水曜定休日)
代表者 田中 孝久
創業 2015年
宅建番号 東京都知事(7)62024号
公式HP http://rise-info.jp/kyoyu/
買取実績 7年間で1,000件以上

株式会社クランピーリアルエステート(全国対応)

株式会社クランピーリアルエステート

株式会社クランピーリアルエステートも共有持分の買取に強い専門の買取業者です。

同社は「弁護士や税理士などの法律家を対象とした不動産コンサルティング」をメイン事業にしているため、1500以上の弁護士などの士業との強いパイプを持っています。

そのため、共有者と揉めているなど、利権問題抱えた共有不動産の持分を売却したい方は、同社に相談してみると良いでしょう。

会社名 株式会社クランピーリアルエステート
本社住所 東京都中央区築地2-10-6 Daiwa築地駅前ビル 9F
TEL 03-6226-2566
MAIL 不明
営業時間 10:00~19:00 (土日 定休)
代表者 大江剛/寺田真吾
創業 2018年
宅建番号 東京都知事 (1) 第101797号
公式HP https://c-realestate.jp/
高額買取が可能なワケ 1,500以上もの関連士業と連携しており、権利調整が得意。

まとめ

この記事では、共有持分の買取請求について、「請求する側」「請求される側」両方の視点から、対処法を解説してきました。

記事内で解説した通り、他の共有者が物件の管理費を、請求から1年を超えて滞納している場合、滞納者の共有持分を強制的に買い取ることが可能です。

また、他の共有者から、買取請求の内容証明を受け取っている人は、それが持分買取請求権に基づく法的強制力のある請求行為なのか、共有者個人によるお願いなのかによって取るべき対応が異なります。

いずれにしても、共有者同士で管理費を巡るトラブルが起きているのであれば、できる限り、共有状態の解消を目指すべきです。

他の共有者と今後一切関わりたくない、という人は、自身の共有持分のみを売却することで、最短で共有名義から抜け出せます。

なお、弊社Albalinkは共有持分に特化した専門の買取業者です。

年間多数の買取実績とノウハウを元に、共有持分をできる限り高く買い取っており、「フジテレビ」を始めとする各メディアにも取り上げられています。

イットで紹介されました

弊社は「全国対応」、査定や相談は「無料」ですので、少しでも買取を検討していましたら、ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【共有持分のみでも高額売却】無料で買取査定を依頼する

※「物件住所」「氏名」「メールアドレス」を伝えるだけで相談を依頼できます。(※個人情報保護は万全です)
※無料相談はサービスの一環であり、買取を前提とするものではありませんので、お気軽にご利用ください。

共有持分の買取に関するよくある質問

"共有持分を買取業者に買い取ってもらう際に起こりえるトラブルとしては、以下の2点が考えられます。 1:あなたの共有持分を安い価格で強引に買い取られる 2:買取後、他の共有者の持分も強引に買い取ろうする しかし、上記のような行為を行うのは「悪徳業者」だけです。しっかりと優良業者を選べばトラブルは起こりません。 優良業者の選び方については、当記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。"
共有持分を買取してもらう最大のメリットは、「他の共有者に顔を合わせず売却できる」ということです。ですから、もしあなたの共有者の関係が悪いなら、買取業者による持分買取が、共有関係を解消する最適な方法となります。
共有持分を買取してもらった場合、もし利益が出るようなら「譲渡所得税」を支払う義務が発生します。ただし、共有持分買取で譲渡所得税を支払うことなるケースはほとんどありません。持分の値段が買った時の不動産価格よりも高く売れることがほぼないからです。詳しくは当記事で解説していますので参考にしてみてください。
監修者

久保田純史 司法書士

プロフィールページへ
神宮外苑司法書士事務所 代表司法書士。
多種多様の業種での職歴を経験後40代で司法書士となり、2022年に独立開業。家族信託・相続・後見関連業務など、高齢化に伴う財産管理の課題解決を得意分野としている。

◆所属・関連リンク
東京司法書士会会員 8128号
簡裁訴訟代理等業務認定会員 1801014号(法務省
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート会員 3112944号
公益社団法人東京公共嘱託登記司法書士協会会員

共有名義不動産を高額売却できる無料の買取査定を依頼する

    物件種別必須
    物件住所必須

    お名前必須
    電話番号
    メールアドレス必須
    備考

    個人情報の取扱いについて」に同意の上、送信してください。

    簡単入力30秒
    訳あり物件の売却は
    今すぐご相談ください
    共有名義不動産
    この記事をシェアする
    facebook twitter
    訳あり物件買取プロ
    タイトルとURLをコピーしました