訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

共有持分

共有持分

共有不動産にかかる消費税とは?定義や課税対象、計算方法についてわかりやすく解説

共有不動産と消費税 「不動産を共有する」とは、一つの不動産を複数の人間で「持分」の割合に応じて共有名義で不動産を持ち合う状況を指します。 共有名義で所有する不動産であっても、通常の不動産と同様、固定資産税や不動産取得税、相続による事...
共有持分

不動産の夫婦共有名義で得られるメリットとは?気を付けておきたいポイントも一緒に解説!

マイホーム購入を考えているものの、片方の収入だけではローンが不足するので夫婦の収入を合わせて購入しようと考える人も多いでしょう。 そのような場合、通常は夫婦両方の名義を入れて「共有」の登記をします。 では、共有にした場合...
共有持分

購入した不動産を「夫婦共有名義」にしたら、贈与税がかかる?

夫婦で家を購入するとき、「お互いに平等にしたい」と考えて「共有名義」にするケースが少なくありません。 しかし安易に共有名義にすると「贈与税」がかかってしまう可能性があるので注意しましょう。 今回は不動産を共有名義...
共有持分

共有名義の不動産所得計算方法、経費の範囲や確定申告について

複数の人が収益不動産を「共有」している場合、得られた家賃収入はどうやって分ければ良いのでしょうか? 不動産を賃貸すると「収益」を得られるだけではなく「経費」もかかるので、共有者で経費の負担も配分する必要があります。 また不動産賃...
共有持分

共有名義の不動産を売却した際の確定申告を完全網羅

不動産を売却した際に利益が出ていたら、「所得税」「住民税」を支払わなくてはならず、そのため確定申告が必要となります。 土地や建物を売却した時の所得は他の所得とは合算せずに計算されます(分離課税)。 本記事では、売却による...
共有持分

住宅ローンが連帯債務や連帯保証で共有名義になっていて離婚する場合の解決法

昭和くらいの時代までのマイホームの取得方法としては「夫が1人で住宅ローンを組み、家を買ったら夫の単独名義」というパターンが多数派でしたが、近年は住宅取得の事情も大きく変わりました。 夫の収入が伸びないことにより1人の稼ぎのみでの住宅取...
共有持分

共有不動産の持分のみを売却する際の手順と売買契約書の注意点

二者以上が共有している不動産は、もしその全体を売却しようとする場合は、共有者全員の同意を取り付け、手続きに協力してもらわなくてはなりません。 ただ、共有者が売却に反対した場合は各自が自分の「持分のみ」を売却することが可能です。 ...
共有持分

共有名義不動産の時効取得はハードルが高い

自分の土地と信じて居住や利用をしていても、実は「他人と共有していた」というケースがあります。 長年にわたって不動産を使い続けてきたなら「時効取得」を主張して、不動産を自分のものにできないのでしょうか? 実は時効によって不動産を取得す...
共有持分

共有名義不動産における登記識別情報(権利証)の基本と取り扱い

不動産の所有者が変更されると、新たな所有者へ「登記識別情報」が交付されます。 登記識別情報は従来の「権利証」に代わるものであり「不動産の権利者である証」なので、大切に保管しなければなりません。 今回は共有名義不動産における「登記識別...
共有持分

マンション の敷地利用権を独立して売却することはできない

建物を建てたり所有したりする場合には、必ず「何らかの形でそれが建つ土地の利用権を持っている」必要があります。 全く権利がない土地に勝手に建てると、それは単なる不法占拠になってしまうからです。 ただ、一戸建てとマンションでは少々異...
タイトルとURLをコピーしました