共有持分

共有持分

共有持分を使用貸借した場合のトラブル事例と対処方法

使用貸借とは無償で物を貸し借りすること 例えば、友人に「家でゆっくり読みたいから明日までこの本貸してくれない?」と頼まれたとします。特に貸せない理由がなければ、本を友人に貸すでしょう。 この時、わざわざ借用書を書いてもらったり、お金...
共有持分

未登記建物の共有持分を売却するまでの流れと注意点

共有名義の未登記建物でも売却可能 登記されている建物と同様、未登記建物が共有名義であっても売却することは可能です。 その代わり、未登記であることや共有名義によって注意すべき点が多く、スムーズに売却できるようイメージを掴んでおきましょ...
共有持分

共有名義マンションには危険が潜む!共有の回避方法と解消方法を網羅!

マンションが共有名義になるパターン まずは、マンションが共有名義になる典型的なパターンを見ていきましょう。基本的にマンションが共有名義となるのは「新規購入時」または「遺産相続時」の2パターンです。 ただし、マンションを共有名義で持つ...
共有持分

生活保護中に共有名義の不動産を相続しても住み続けることはできるのか

生活保護とはどんな制度か 生活保護とは、経済的に困窮する方に対して国や自治体が、「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するために、生活費を給付する公的扶助制度のことです。 生活保護法第一条では「この法律は、日本国憲法第二十五条に規定する...
共有持分

相続税対策は早めの対策が重要!共有名義の活用方法と注意点を解説

共有名義の不動産を相続した時の相続税対策で重要な4つのポイント 生前に計画的に共有持分を贈与することで、相続人(相続財産を受ける人)の資産を増やし、被相続人(相続財産を渡す人)の資産を減らすことができるので、相続税対策になります。 ...
共有持分

共有持分解消の相談は弁護士でいいの?あなたに合った紛争解決の手引き

共有不動産のトラブル解消に弁護士が必要か最終確認 弁護士を通して協議や調停を進めれば、共有者の態度も変わり交渉に応じるかもしれません。 もし交渉がうまくいかなくとも、最終的に裁判(共有物分割請求訴訟)をして判決までもらうという覚悟が...
共有持分

共有名義不動産の世帯主は誰になる?変更手順や納税義務者を簡単解説!

共有不動産における「名義人」と「世帯主」の違い そもそも、共有不動産の「名義人」と「世帯主」について、役割や義務を混同している方も多くいます。 まずは、名義人と世帯主について、それぞれの定義から解説していきます。 共有不動産の「名...
共有持分

共有名義解消の完全マニュアル|共有不動産の超危険なリスクを回避!

共有名義とは 共有名義とは、複数人で1つの不動産を所有している状態を指します。 この記事で使用する専門用語を定義します。 共有者 不動産を共有している人 共有持分 共有不動産に対して各共有者が持つ割合的な...
共有持分

共有名義の住宅ローンを繰り上げ返済する時の贈与税の疑問について答えます

住宅ローンを繰り上げ返済したときに贈与税が発生する3つのケース 日常生活をともにする夫婦であっても、住宅ローンの繰り上げ返済のために金銭のやりとりがあると夫婦間での贈与と見なされ、贈与税が課せられることがあるため注意が必要です。 こ...
共有持分

共有名義の不動産で親子間で譲渡や相続があった場合は名義変更が必要

親子共有名義の名義変更が必要なケース 親から共有持分を譲渡してもらったときや、親が亡くなって相続になった場合に名義変更が必要です。 大きく分けると、次の通りです。 必要書類 税金 親からの譲渡 売買契...
タイトルとURLをコピーしました