事故物件

事故物件

孤独死があったマンションは事故物件?確実に売却する方法を解説!

マンションでの孤独死は遺体発見が遅れると事故物件になる 一般に、建物内で人が亡くなっている物件は「事故物件」として扱われます。売買・賃貸にあたって買い手・借り手に心理的嫌悪感や抵抗感を抱かせることから「心理的瑕疵物件」とも呼ばれま...
事故物件

孤独死物件に特殊清掃は本当に必要?事故物件の最適な対処法教えます

孤独死が発生した物件は専門の特殊清掃業者に相談しよう 孤独死をした方の遺体は、死後1時間が経つと腐り始めるといわれています。すると腐敗ガスが発生して遺体が膨張し、やがて目や鼻、口、破れた皮膚などから腐敗臭とともに体液・血液が漏れ出...
事故物件

事故物件を買ってしまったときの対処法3選!【完全保存版】

事故物件とは「物件内で人が亡くなった物件」 事故物件に関する明確な定義は存在しませんが、一般的には建物内で発生した事件や事故などによって人が亡くなった物件を指します。事故物件の購入や入居にあたって心理的に嫌悪感を抱く方が多いことか...
事故物件

火事で人が死んだ土地でも売却を諦める必要ナシ!高額売却のコツ

火事で人が亡くなった土地は20%〜50%ほど価格が下がる 火事で人が亡くなった土地は、通常の不動産と同様の価格帯では売れません。 この章では、人との死が発生することで価格が下がる要因や、どの程度下落するかについて解説します。なお、次...
事故物件

事故物件を見分ける6つの方法!知らずに購入したときの対処法も解説

事故物件の売主は建物内や敷地内で人の死があった旨を知らせずに売却してはいけないという「告知義務」が課されています。とはいえ、本当に事故物件でないか自身で調べたいと思う方も少なくないでしょう。というわけでこの記事では事故物件の調べ方6選を解説しています。
事故物件

いわくつき土地でも高額で売却できる方法や注意点を易しく解説!

いわくつき土地の売却自体は可能だが告知義務が生じるおそれがある いわくつき土地とは、人の死にまつわる噂が残る土地のことです。 過去に住んでいた人が自殺や他殺などで亡くなった土地を指し、「事故物件」とも言われます。 事故...
事故物件

事故物件を手放したい!確実かつ高額で売却する方法を専門家が伝授!

事故物件とは心理的瑕疵に該当する物件 事故物件とは、過去に心理的瑕疵に該当する出来事が起きた物件を指します。 心理的瑕疵 不動産自体に問題はないものの、住む人に心理的抵抗やストレス、嫌悪感を与える瑕疵(=欠陥)のこと。 孤独死(自然...
事故物件

マンション共用部での飛び降り自殺は告知義務なし!適切な売却方法を徹底解説

マンションの共用部からの飛び降り自殺は告知義務がない 自殺や殺人事件が起こった物件を売却や賃貸する際に、売主や貸主は買主や借主に告知する必要があります。 しかし、共用部から飛び降り自殺が起きたマンションの部屋を、売却または賃貸すると...
事故物件

事故物件の建て替え・更地化は告知義務の対象|解体後の売却が損な理由を解説

事故物件を建て替えたり更地にしても告知義務は残り続ける 事故物件を所有している場合は告知義務をなくすために、解体して売却を検討する人がいます。 告知義務 買主の契約判断に重大な影響を与える瑕疵を事前に告知する義務 しかし事故物件を建...
事故物件

事故物件を相続するのはまだ早い!相続のデメリットから活用方法まで徹底解説

相続前に把握しておくべき事故物件の定義 事故物件とは居住者の死によって、買主(借主)に心理的抵抗感を生じる物件のことをいいます。具体的には他殺や自殺などの心理的に抵抗感を生じる瑕疵がある物件をさしています。 瑕疵 売買契約の目的物(不...
タイトルとURLをコピーしました