相続物件

土地の相続後、すぐに売却したほうがいい理由をわかりやすく解説

活用する予定のない相続した土地を「譲り受けた財産だから・・」という理由で、大切に持っているだけ・・というケースが多いのではないでしょうか?「持っているだけ」では土地の維持費がかさむだけで、「得」をすることはありません。 ところが、土地...
再建築不可

なかなか売れない土地を買取してもらう方法をわかりやすく解説します!

土地を売ってしまいたいとき誰もが欲しがる土地であればすぐに売却できてしまうでしょう。 しかし、問題を抱えた土地であるために売却が難しい土地だったらどうしたら良いのでしょうか。 買い手がつき辛い土地の特徴と活用方法及び売却方法とな...
再建築不可

長屋を高く売却するために気を付けておきたいポイントをわかりやすく解説

集合住宅というとマンションやアパートなどをイメージされる方が多いと思いますが、長屋とか連棟式建物と呼ばれるものがあります。 長屋・連棟式建物は、再建築が難しいなど問題がある物件が多いため売却が難しいといわれており、専門的な知識がないと...
相続物件

抵当権の抹消登記はどんな流れで行うのかわかりやすく解説

住宅ローンなどを利用すると担保として提供した不動産の登記簿に抵当権の設定登記が行われますが、ローン完済時には当該抵当権の抹消登記を行うことが可能になります。 抵当権の登記が残っていると不動産の売却ができないなどの不利益を受けますので速...
空き家

廃墟化してしまった建物の売却ならアルバリンク!処分方法を分かり易く解説

様々な事情により長い間使用されず、激しい老朽化によって廃墟化してしまった住居や店舗などは周辺の環境を悪化させ、放火や不法投棄などトラブルの原因となることもあります。 なるべく早く処分したり、再生させたりすることが望ましいのですが、売却...
空き家

所有している空き家に他人が勝手に住んでいた場合どう対処すればいい?!売却のポイントもわかりやすく解説

日本全国の「空き家」は年々増加しており、平成30年の総務省調査によると全国の空き家数は849万戸にものぼります。 劣化した建物の倒壊の危険や、防犯・衛生上の問題にとどまらず、空き家に「不法侵入」される問題も多発しています。 不法...
相続物件

事故物件に定義はあるのかわかりやすく解説

近年、「事故物件」という言葉がメディアで取り上げられることも多く、一般的の人にも知られるようになりました。 事故物件は、「事件や事故などで人が亡くなった事実がある」「不具合や欠陥がある」「周辺環境に問題点がある」といった物件を指します...
立ち退き

立ち退き交渉の流れから、代行利用のメリットデメリットまで徹底解説

大家業をしていると本当に色々な借主に出くわすものです。 中でも一番多く想定されるトラブルは家賃滞納ですが、利用方法が契約に違反している、近隣に迷惑をかける行為をしているなどさまざまな事例があります。 大家側がこれ以上賃貸借契約を...
個人間売買

不動産の個人売買で住宅ローンを組める?ポイントをわかりやすく解説

不動産仲介会社を通さずに「個人売買」する場合、住宅ローンを組めるのでしょうか? 実は個人間売買では多くの金融機関が住宅ローンの審査に通してくれません。 とはいえ「住宅ローンを利用できないと購入資金を払えない」方も多いでしょう。 ...
個人間売買

個人売買における契約不適合責任とは?注意点をわかりやすく解説

個人売買をする場合の法的ルールは民法の「債権法」に定められていますが、この規定が2020年4月から大きく変わりました。 特に売主側については責任が重くなった部分もあり、後から思わぬ責任が生じるのを防ぐ意味でも正しく理解しておく必要があ...
タイトルとURLをコピーしました