訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

共有持分

住宅ローンが連帯債務や連帯保証で共有名義になっていて離婚する場合の解決法

昭和くらいの時代までのマイホームの取得方法としては「夫が1人で住宅ローンを組み、家を買ったら夫の単独名義」というパターンが多数派でしたが、近年は住宅取得の事情も大きく変わりました。 夫の収入が伸びないことにより1人の稼ぎのみでの住宅取...
再建築不可

道路に面していない土地は売却できる?疑問点をわかりやすく解説します

道路に面していない土地に建つ建物は、建築基準法の制限に抵触するため、建て替えや増築ができません。購入しても自由に活用できない土地ということになりますので、自ずと売却は難しくなります。 このような道路に面していない土地の相場は、...
共有持分

共有不動産の持分のみを売却する際の手順と売買契約書の注意点

二者以上が共有している不動産は、もしその全体を売却しようとする場合は、共有者全員の同意を取り付け、手続きに協力してもらわなくてはなりません。 ただ、共有者が売却に反対した場合は各自が自分の「持分のみ」を売却することが可能です。 ...
共有持分

共有名義不動産の時効取得はハードルが高い

自分の土地と信じて居住や利用をしていても、実は「他人と共有していた」というケースがあります。 長年にわたって不動産を使い続けてきたなら「時効取得」を主張して、不動産を自分のものにできないのでしょうか? 実は時効によって不動産を取得す...
底地

底地に関するよくあるトラブルとその対処法を分かり易く解説

底地は一般的な土地と違い特殊なので、トラブルが起きやすい不動産です。 今回の記事では、底地をめぐるトラブルについて解説します。 起こりやすい代表的なトラブル、トラブルになった際の対処法、トラブルを防ぐ方法について詳しく解説していきま...
底地

底地を買い取りする際にローンは使えるのか?

底地は一般的な更地とは異なり、権利関係が複雑です。 そのため、底地を買い取るときに「ローンを利用するのは難しい」といわれています。 通常の売地に比べ特殊な土地である底地は、金融機関によって扱い方が異なります。 また、「誰が」底地を購入...
相続物件

底地を相続する際の注意点!相続税の考え方と売却方法について解説

相続はいつ発生するかわからないものです。いつ相続が発生したとしても、慌てない、トラブルに巻き込まれないためには、事前に準備をするなどの対策を講じておくことが重要です。 その際、もし相続するものの中に底地があった場合は、特に注意が必要と...
底地

底地の評価額の計算方法と売却時の注意点

底地の売却を検討している方からいただく質問として多いのは 「底地を売却したいが相場がわからない」 「所有している底地の評価額・売却価格を教えてほしい」といったものです。 その背景として、固定資産税が高く地代収入が残らない、...
特集記事

一棟ビル・マンション・アパートを高く売る方法を解説

「年に何度も発生する建物の修繕費が高い」 「運営は大変なのになかなか利益が上がらない」 「問題のある入居者がいて、対応に困っている」 アパートやマンション、ビルなど運営・管理していると様々なトラブルに遭遇する可能性があります。特に...
共有持分

共有名義不動産における登記識別情報(権利証)の基本と取り扱い

不動産の所有者が変更されると、新たな所有者へ「登記識別情報」が交付されます。 登記識別情報は従来の「権利証」に代わるものであり「不動産の権利者である証」なので、大切に保管しなければなりません。 今回は共有名義不動産における「登記識別...
タイトルとURLをコピーしました