訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

事故瑕疵物件

病死があったら事故物件の原因になるのか?状況によって判断基準をわかりやすく解説

高齢化が進む中、単身のお年寄りが賃貸住宅で最期の瞬間を迎えるケースが増加しています。 物件オーナー様の中には、もし所有物件で入居者が亡くなることで事故物件とみなされ、以降の賃借や売却ができなくなったらと考えて不安に思われる方も多いこと...
共有持分

夫婦で住宅ローンを組む際のポイントと注意点を解説

住宅を購入する際に一番判断が難しいことの一つは、住宅ローンに関することです。 金利・支払期間などに加えて、名義をどうするか、支払いの夫婦間のバランスの考え方について、夫婦それぞれの雇用形態・収入などから総合的に勘案する必要があります。...
再建築不可

私道持分がない土地を売る際にトラブルを避ける為に知っておきたいこと

2019年10月に長崎県で私道閉鎖の話が話題に上がりました。 テレビで大々的に報道されましたので、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。 長崎県内の古い分譲地内で、新たに道路所有者になった不動産管理会社が地域住民に対して私道の通行料...
再建築不可

市街化調整区域の物件を売るためのポイントをわかりやすく解説!

市街化調整区域の土地を所有しているものの、活用ができないまま持て余している方も多いのではないでしょうか? 「土地の雑草対策などの管理が面倒」「使わない土地に固定資産税を払い続けたくない」「売却したいが思うように売れない」といった悩みを...
共有持分

共有名義の不動産を売却!領収書の書き方をわかりやすく解説

共有名義の不動産を売却するとき「領収書」はどのように作成すれば良いのでしょうか? そもそもどういった場合に領収書が必要になるのか、「印紙」を貼らなければならないケースについても確認しましょう。 今回は共有名義不動産を売却するとき...
相続物件

ある日あなたに突然の相続が発覚!放棄すべきか相続すべきか分かり易く解説

日本人に古来あった「家」という意識が薄れつつあることや、3組に1組が離婚する時代になったこともあって、親族の死亡により自分が相続人になったことを後になってから突然知るケースが多発しています。 「相続」というのは被相続人(亡くなった人)...
再建築不可

未接道の土地の評価はどうして低い?上手な売却方法をわかりやすく解説

古い時代におこなわれた広い土地の切り売りや、相続などによる土地の分筆など。 さまざまな事情によって、土地と道路のつながり(接道)が現在の建築基準法からは外れている物件は少なくありません。 そうした物件は「未接道」と呼ばれ、評価が...
相続物件

法定相続分の割合に決まりはあるのかわかりやすく解説!

親族で誰かが亡くなった際、亡くなった人(被相続人)の相続財産が発生した場合、残された家族はどのように財産を分配すればよいのでしょうか。 実は民法では、被相続人の遺産を誰がどのくらい相続するかについての基準が定められているのです。 ...
個人間売買

不動産の個人間売買ではどんな税金がかかるのか分かりやすく解説!

不動産を売買する方法の一つに個人間売買があります。 この方法を使えば、不動産業者を通さず取引が行えるため、仲介手数料が不要になったり、契約条件や価格を自由に設定することが可能です。 しかし、スムーズに契約を締結させるためには、個...
事故瑕疵物件

所有物件が事故物件になったら?直後の対応やリフォーム・処分方法を解説します!

所有している物件が訳あり物件で売却できるかどうか分からない、どのように売却したらいいか分からない方も多いと思います。 そんな中でも特に難しい訳あり物件の一例として事故物件が挙げられます。 事故物件(≒人が死亡した物件)の売却の場...
タイトルとURLをコピーしました