訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

共有持分

マンションの共有持分を売却する3つの方法

複数の人が1つの不動産を持つことを「共有」といいますが、共有状態のマンションは必ずしも自分の自由にはならず、またスムーズに売却できない事態に陥るなど、悩ましいこともあります。 では、共有のマンションの抱える問題点は何か、そしてそれを売...
共有持分

共有持分を相続放棄するとどうなるの?他の相続人や共有者への影響まで解説

共有持分を相続したとき、他人と共同で不動産を所有するのが嫌なので相続放棄する方もいらっしゃいます。 相続放棄したら、どういった状態になるかご存知でしょうか? 相続放棄にはメリットだけではなくデメリットがありますし、他の相続人への影響につ...
共有持分

共有者の持分が差し押さえられた場合の対処方法

ある日突然、共有者の持分が差し押さえられるケースがあります。 あなたご自身は借金していなくても共有者が借金返済を滞納したら、共有者の債権者が共有者の持分を差し押さえて競売にかけることができるのです。 そのまま放っておいたら共有者...
共有持分

共有物分割請求とは?実際に裁判を起こす方法と手順

不動産の共有状態を解消したいときには「共有物分割請求」をしなければなりません。 他の共有持分権者と話し合っても分割に合意できない場合、裁判所で「共有物分割訴訟」という裁判を起こす必要があります。 共有物分割訴訟をするとどのような結果...
差し押さえ

不動産の差押え登記の解除手続き要件とその流れ

自分の不動産を担保に入れてお金を借りていたり、担保に入れていなくても債務や税金を滞納している場合、金融機関や役所などにより自分の不動産に差押えの登記をされることがあります。 ただ、この「差押え登記」があることが売却の妨げとなることが多...
共有持分

共有者に共有持分の買取請求は不可能?代わりに使える共有物分割請求とは

不動産を共有しているとき、他の持分権者に共有持分を買い取ってもらえたら簡単に共有状態を解消できます。 しかし相手が持分の買取を拒絶する場合には無理矢理買い取らせることができません。 自分が他の共有持分権者の持分を買い取るのも強要はで...
共有持分

不動産の共有に関する民法条文のまとめ【保存行為、変更行為、管理行為とは?】

不動産を共有するというのは、1つの不動産(=登記簿1つ)について二者以上が名義を持っていることを指します。 ただ、これは物理的に「Aが北側、Bが南側を使用できる」といったものではなく、AもBも全体に対して使用収益等の権利及び義務がある...
共有持分

共有持分放棄の登記手続きの方法と注意点

不動産が共有状態になっている場合、いろいろと面倒なことが発生します。そのようなとき、共有持分を「放棄」することによって共有関係から離れることができます。 「共有持分を放棄」とはどういうことなのか? どのようにしたら有効に「放棄」でき...
共有持分

離婚して共有名義の不動産を売却する際に知っておきたいこと

離婚の際、夫婦で共有している自宅があったらどのように処分すれば良いのでしょうか? 婚姻中、夫婦でお金を出し合ってローンを組まずに家を購入しているケースもあれば、ペアローンや連帯保証などを利用してローンが残っているケースもあるでしょう。 ...
相続物件

相続したけど売れなくていらない空き家や土地の処分方法

現金や預貯金の相続なら大抵の人は大歓迎でしょう。 しかし、面倒ごとが発生しそうな不動産を相続、となると躊躇してしまいそうですよね。 では、もし「うちの不動産はもしや価値がない?売るのも難しい?」と思ったらどうすればよいのでしょうか。...
タイトルとURLをコピーしました