共有名義不動産

離婚に伴う財産分与のキーポイントは住宅ローンの残債

財産分与とは 財産分与とは、離婚した夫婦の一方が、他方に対して、財産の分与を求めるものです(民法第768条第1項)。 離婚に際して財産分与が認められるのは主に次の3つの理由からです。 夫婦は婚姻中財産を形成するために協力し...
共有名義不動産

遺言で不動産が共有になるとリスクだらけ?相続人も被相続人も知っておくべき対策

遺言書の基本 そもそも遺言書とはどういったもので、遺言書によって不動産が共有になるのはどのようなケースなのか、みていきましょう。 遺言書の効力 遺言書とは、遺言者の最終の意思を死後に残すための書類です。 遺言書を作成すると、死後...
共有名義不動産

離婚時に共有名義になっている不動産の住宅ローンはどうすればよいのか?

財産分与の基本 財産分与の基本的な考え方は、夫婦が共に生活していた間の共有財産の清算をするというものです。 慰謝料の意味合いを含む財産分与もありますが、慰謝料は別途の請求として行い、財産分与は単に清算的な意味で行われることが多くなり...
共有名義不動産

共有持分の相続登記を司法書士が簡単解説!申請手順や登記後のリスクを網羅

被相続人の単有不動産を複数人で相続登記することは可能 被相続人(財産を残して亡くなった人)が生前、1人で所有していた不動産を、複数人の法定相続人(民法上の遺産を受け継ぐ人)が共有名義として相続登記をすることは可能です。 たとえば、父...
共有名義不動産

共有者が認知症を患っている場合の不動産売却方法

認知症患者は法律行為を行うことが出来ない ある人が認知症を患ってしまった場合、一定以上に症状が重くなると一切の法律行為ができなくなります。 法律行為という言い方をすると、高額財産の売買だけを連想しがちですが、広義に解釈するなら、日常...
共有名義不動産

共有名義の不動産売買に必要な委任状の作成方法と書式例

共有不動産の売却には共有者全員の立会いが必要 不動産の売買は、売主にとっては「権利を失う」重大な行為です。 もちろん、売却代金が入るというメリットはあるのですが、純粋に「不動産登記」という観点だけで考えると「売主は不利な立場」という...
事故物件

事故物件の告知義務はいつまで?ガイドラインや判例をもとに簡単解説

事故物件の売却・賃貸契約時には告知義務がある 瑕疵(欠陥や不具合)を抱えた物件を貸す・売るとき、売主・貸主は、告知義務を負います。 告知義務とは、売買・賃貸契約前に売主・借主が負う義務で、買主・借主に瑕疵の内容を伝えなければなりませ...
事故物件

不動産の告知事項ありの意味と種類を解説|売主側には告知の義務がある

物件情報の中に「告知事項あり」という言葉を見かけたことがある方も多いでしょう。告知事項とは買主や借主の契約の意思に影響を与える可能性のある、物件にまつわるマイナス情報のこと。記事内では、告知事項の内容や告知義務について詳しく解説します。 「物理的瑕疵」「心理的瑕疵」「法的瑕疵」「法的瑕疵」
訳あり物件

未登記建物の所有者の調べ方が一瞬でわかる!【完全保存版】

未登記建物の所有者の調べ方 早速ですが、未登記建物の所有者を調べる方法をご紹介していきます。 法務局で土地の謄本を調べる 法務局で登記簿謄本(登記事項証明書を取得すると、該当する物件や土地が誰の名義なのか調べることができます。法務局で...
不動産売却

共同担保目録とは?日本一わかりやすく解説します

共同担保目録とは? 不動産登記簿(登記事項証明書)を取得すると「抵当権」の欄に「共同担保目録番号」が書いてあるケースがあります。 「共同担保目録とは何なのだろう?」と疑問を持たれた経験のある方も多いのではないでしょうか? ...
タイトルとURLをコピーしました