共有持分

不動産の共有に関する民法条文のまとめ【保存行為、変更行為、管理行為とは?】

共有物の使用 各共有者には使用収益権がある 冒頭に説明したように、共有というのは物理的にその不動産を2つ以上に分けて使用権を持つのではなく、全体に対して、全員が持分に応じた使用収益権を持つという概念的なものです。 つまり、誰か...
共有持分

共有持分放棄の登記手続きの方法と注意点

共有持分の放棄とは まずは「共有持分の放棄」とはどういうことなのか、理解しましょう。 そもそも共有持分の放棄って何? 共有持分の放棄とは、不動産などの共有物の自分の持分権を一方的に「要らない」と宣言することです。共有持分を放棄したら、...
共有持分

離婚して共有名義の不動産を売却する際に知っておきたいこと

婚姻中に購入した自宅は「財産分与」の対象になる 婚姻中に夫婦が不動産を共有名義で取得した場合、離婚後も共有持分がそのままの割合で維持されるとは限りません。夫婦で不動産を共有している場合、他人同士が共有している状態とは異なる考え方が適用され...
相続物件

相続したけど売れなくていらない空き家や土地の処分方法

まずは本当に売れないのかを確かめる(買取) 売りづらい土地と言っても、具体的にはどのようなものでしょうか。 一般的に考えられる要素を見てみましょう。 立地が悪い 土地というのは極論してしまえば「どこに位置するのか」がほぼその...
共有持分

共有名義不動産に住んでいる人への家賃請求について

共有持分を有する人ができること、できないこと 不動産の共有者は各自が「その持分に応じて」使用収益する権利がありますので、他の共有者の使用収益権を妨げることもできません。 共有者が単独でできる行為、できない行為については民法でその範囲...
差し押さえ

差し押さえされた不動産を売却(買取)できるのか

不動産が差し押さえられる3つのパターン 不動産が差し押さえられると、裁判所や税務署、自治体などから不動産の所有者のもとに差し押さえに関する通知書が届きます。 どこから書類が届いたかにより、差し押さえの意味や自主的な売却の可否が異...
共有持分

共有名義の不動産を相続した時の注意点

共有と単有 不動産の名義を変えるためには法務局で「所有権の登記」をする必要がありますが、1つの不動産につき所有者は1人(単有)と限られているわけではなく、2人以上で持つ状態(共有)もありえます。 その場合、必ず「A持分2分の1、B持...
共有持分

共有持分の売却でトラブルとなる事例とその対策

そもそも「共有持分」のみを売却できるのか? 不動産を複数の人で共有している場合、1人の判断で不動産そのものを売ることはできません。 共有不動産については、共有者全員の合意がないと以下のような行為をできないことになっているから...
タイトルとURLをコピーしました