【ご近所トラブルランキング】428人アンケート調査

経験したご近所トラブル 不動産総研
facebook twitter

近隣住人とのトラブルが起こると、平穏で快適な日常生活を送れなくなってしまいます。

では実際には、どのような「ご近所トラブル」が多く発生しているのでしょうか。

そこで今回はご近所トラブルを経験した428人にアンケートを実施。

「体験したご近所トラブル」や「トラブルへの対処法」について聞きました。

【調査概要】

  • 調査対象:ご近所トラブルを経験した方
  • 調査期間:2022年10月13日~27日
  • 調査機関:自社調査
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 有効回答数:428人(女性277人/男性151人)
  • 回答者の年代:10代 0.9%/20代 20.6%/30代 36.7%/40代 24.1%/50代 13.3%/60代以上 4.4%
調査や調査データについて

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。
出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。
また、ご使用に際して「Alba Link 広報窓口」までご一報ください。

監修者
株式会社AlbaLink代表取締役の河田憲二と申します。訳あり物件や売りにくい不動産の買取再販業を営んでおります。サービスサイトとして、「訳あり物件買取PRO」を運営しています。訳あり物件買取PROの責任者として、執筆・編集・監修のすべてに携わっています。

ご近所トラブルのダントツ1位は「生活音・騒音」

ご近所トラブルを経験した428人にトラブルの内容を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

経験したご近所トラブル

1位になったのは「生活音・騒音(188人)」です。

2位「ゴミ出し関連(55人)」、3位「駐車・駐輪関連(47人)」、4位「悪臭(32人)」と続きます。

「生活音・騒音」が圧倒的多数となっています。

生活音を出さないのは難しく、戸建てでも集合住宅でも音はご近所トラブルになりやすいですね。

「ゴミ出し」「駐車・駐輪」など、生活上のマナーが原因でトラブルになった人も多いとわかりました。

また「植木・庭関連」「ゴミ屋敷・清掃関連」は、自宅や自宅周りの手入れに関するトラブルです。

家や庭の手入れが不十分だと、植物が伸び放題になったり害虫が発生したりして、周辺に迷惑をかけてしまい、トラブルになることもあります。

では具体的な回答を紹介します。

1位 生活音・騒音

  • 上階の住人が昼夜問わず楽器の練習をしていたことです。うるさくて非常に迷惑でした(20代 女性)
  • マンションの上階から子どもの足音が聞こえていました。「多少なら仕方ない」と思って我慢していたのですが、あまりにもひどかったのでトラブルになったことがあります(30代 男性)
  • 住宅密集地なのに、近所の方達がバーベキューをされていました。深夜まで騒いでいたので困りました(40代 女性)

1位は「生活音・騒音」でした。

「足音」「楽器演奏」「人が集まって騒いでいる声」に悩んでいた人が多くなっています。

「昼間なら我慢するが、夜までうるさいと我慢できない」という声が多数寄せられました。

生活音を完全になくすのは難しいですし、音楽を聴きたいことも友達と楽しみたいこともあるでしょう。

しかし、音を出す時間帯に注意しないと、トラブルになりやすいとわかります。

また子育て中の人からは、「気をつけてはいたけれど、子どもの声や足音がうるさいと苦情を受けた」という体験談も多く寄せられました。

2位 ゴミ出し関連

  • ゴミの捨て方。ゴミステーションでの置き方が雑だったり、ゴミ袋に穴が開いていたりした(20代 男性)
  • ゴミステーションが家の前で、燃えるゴミの日は生ゴミなどが散乱。カラスがしたことではあるものの、捨てる側にも問題があったため、近所の方々とモメました(30代 女性)
  • ゴミの捨て方で注意されたことがある。いつも見張りをしている人がいるので、少しでもマナーが悪いと注意される(50代 女性)

「ゴミ出し関連」が2位。

周辺にゴミ出しのルールを守らない人がいると、トラブルになりやすいです。

カラスにゴミを漁られてゴミステーション周辺が不潔になると、地域の美観にも関わります。

またルールを守っているのにも関わらず、「ゴミ袋を開けて中身をチェックされ、気持ちが悪かった」という経験をした人もいました。

3位 駐車・駐輪関連

  • 自転車の止め方が乱雑。あまり広くない駐輪場だったので、毎回自転車を動かして入れるという手間が頻繁にありました。(20代 男性)
  • 自分が契約している駐車場に、他の方が車を駐めること。来客に駐めさせているのか毎回車が変わるので、特定できず困っていました(30代 女性)
  • 近隣住民がいつも路上駐車していて、車の出入りがしにくく非常に迷惑していました(60代以上 女性)

3位は「駐車・駐輪関連」。

駐車については「路上駐車」「無断駐車」などのトラブルが寄せられました。

緊急に車で出かけたいときもありますので、道やスペースを塞がれると本当に困ってしまいますよね。

また「マンションの駐輪場が乱雑で困る」という意見も。

駐輪場が汚いと自転車が出しにくいですし、「マナーがよくないマンション・アパート」と思われて、イメージも悪くなってしまいます。

4位 悪臭

  • 隣人が夜にアパート敷地内で七輪を使って魚を焼き始め、魚の臭いで困った(20代 男性)
  • 2階建てアパートの2階に住んでいたときに、1階の住人がアパート前の駐車スペースでバーベキューをしており、臭いが洗濯物についた(30代 女性)
  • 下の階に住む人が使っている柔軟剤の臭いがキツく、家族が体調を崩した(50代 男性)

4位は「悪臭」。

「柔軟剤」「バーベキュー」の臭いに悩んでいる人も多くなりました。

臭いはどんどん広がりますし、臭いに敏感な人や臭いで体調を崩してしまう人もいます。

洗濯物に他人が出した臭いがつくのもイヤですよね。

ベランダや敷地内で臭いがでることをする場合には、「迷惑にならない場所かな?」と考えるべきでしょう。

5位 植木・庭関連

  • 隣家が樹木の手入れとして農薬を散布しています。私の家にも降りかかってくるので、非常に怖くて迷惑です(30代 男性)
  • 敷地内に隣家の木が入ってきており、伐採をお願いしてもやってくれない(40代 男性)
  • 隣家の植え込みがこちら側にかなり張り出してきて、駐車場が落ち葉や枝で汚くなった(50代 女性)

5位は「植木・庭関連」です。

「隣家の木が自分の敷地に入ってきて困る」という声が多数。

木の枝があたると車や窓が傷つくこともあるので、心配になりますよね。

マンションでも「隣の家がベランダ菜園をしており、虫や土が飛んできて迷惑」という声がありました。

戸建てでもマンションでも、植物を育てるときには「隣家への配慮」「こまめな手入れ」が必要です。

6位 ペット関連

  • 二軒隣で飼育されている犬が、柵の隙間から道路に出てきてしまいます。車で前の道路を通るときに轢いてしまわないかヒヤヒヤします(20代 女性)
  • 隣人に放し飼いされているネコが、うちの庭にフンをした(30代 男性)
  • 小型犬を飼っている方が、フンの処理をしないでちょくちょく放置していました(50代 女性)

6位は「ペット関連」でした。

「放し飼いされているペットが、敷地に入ってきてしまう」「隣人がペットのフンを片付けない」などの体験談がありました。

またペットを飼育しているわけではないものの「隣人が鳥や野良猫に餌付けしており迷惑」という意見もありました。

「すべての人が動物好きではない」「動物好きでも、フンや鳴き声は迷惑になる」ことを認識しておきたいですね。

7位 ゴミ屋敷・清掃関連

  • 隣人がベランダに大量のゴミ袋を放置していたため、ゴキブリやネズミが発生しました(30代 女性)
  • 隣人がゴミを庭に放置し、風が強い日などにうちの庭に飛んできて困った(40代 女性)
  • 近所にゴミ屋敷がある。敷地内にゴミを置ききれず、土地を借りてまで粗大ゴミ置き場を拡大し続けている(50代 男性)

7位は「ゴミ屋敷・清掃関連」。

近隣に「ゴミ屋敷」「片付けや清掃が行き届いていない家」があると、見るたびにイヤな気持ちになってしまう人もいるでしょう。

また害虫や害獣が発生するなど、衛生的にもよくありませんよね。

「溜まっているゴミに放火されやすい」など、ゴミ屋敷の住人側にもリスクがあります。

ご近所トラブルへの対応は「管理会社に相談する」が1位

ご近所トラブルを経験した428人に「ご近所トラブルへの対応」を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

ご近所トラブルへの対応

1位になったのは「管理会社に相談する(93人)」です。

2位「相手に直接伝える(82人)」、3位「何もせず我慢(69人)」、4位「警察に相談する(33人)」、5位「自治会に相談する(21人)」と続きます。

「管理会社」「警察」「自治会」など、第三者に相談する人が多くなっています。

直接相手に伝えることで、トラブルが大きくなってしまう可能性もあるからでしょう。

また「我慢する」「引っ越す」など、相手にも第三者にも伝えない人も一定数いました。

では具体的な回答を紹介します。

1位 管理会社に相談する

  • 直接話し合いに行くとトラブルになりかねないので、マンションの管理会社に連絡し、注意してもらうようお願いした(20代 女性)
  • 管理会社へ連絡し「契約者以外は駐車しない」「知人などに駐車させない」と記載したビラを投函していただいた(30代 女性)
  • 管理人さんに連絡。翌日以降エレベーターに張り紙がされていて、騒音は多少マシになった(50代 男性)

1位は「管理会社に相談する」でした。

賃貸マンション・アパートなら大家さんや管理会社、分譲マンションなら管理人や管理組合に相談可能です。

「直接注意するのが怖い」「誰が騒音や臭いを出しているかわからない」という場合にも相談できます。

管理会社や管理組合は、まず「張り紙や全戸への注意喚起チラシ配布」で対応するケースが多いです。

それでも迷惑行為がなくならないなら、直接本人に注意します。

ただ注意された人が迷惑行為を否定するケースもあり、「管理会社に相談したが解決しなかった」という体験談もあります。

2位 相手に直接伝える

  • 普段から話をしているご近所さんには、「ペットの鳴き声が耳に障る」と直接話した(30代 女性)
  • 最初は我慢していたのですが、徐々にエスカレートしてきたので直接注意しました(40代 男性)
  • たまたま現場に遭遇したときに注意しました(50代 女性)

「相手に直接伝える」が2位。

「普段から話をするご近所さん」であれば、波風立てないようにそれとなく「困っている」と伝えることもできるでしょう。

また、迷惑行為の現場を目撃したときには注意しやすいですね。

いずれにしても直接注意するなら、感情的にならないよう冷静に伝えるのが穏やかに解決するポイントです。

3位 何もせず我慢

  • 基本的に無視しています。さらなるトラブルに巻き込まれたくないため、何も対処せず放置しています(20代 男性)
  • 感覚が違いすぎる方のようなので、何も言えず困っています(40代 女性)
  • 「隣はまだ若いから仕方ないか」と思い、我慢しました(60代以上 男性)

3位は「何もせず我慢」。

「トラブルを大きくしたくないので言えない」という声が多数。

「何もしないうちに騒音がおさまった」「ちょうど引っ越しを控えていたので我慢できた」という意見もありました。

隣人が威圧的な人だと、「言うのが怖いな」という思いが強くなってしまいますよね。

ただ、騒音などの迷惑行為は睡眠不足や体調不良にもつながります。

我慢しすぎるのはよくないので、なかなか解消されないなら管理会社や自治会に相談することも考えてみましょう。

4位 警察に相談する

  • 家族が対応してくれたものの終わりが見えないため、警察を呼び仲裁していただきました(20代 女性)
  • 匿名で不法投棄の通報をし、パトロールや職務質問をしてもらうしかない(50代 男性)
  • 直接注意しても改善されなかったので、最終手段として警察に通報しました(60代以上 女性)

4位は「警察に相談する」。

「直接注意したが改善されない」「相手と直接話ができる状態ではない」といった理由で、警察に通報した人もいました。

警察に通報するのは気が引けるかもしれませんが、「身の危険」「犯罪の可能性」を感じたら連絡しましょう。

緊急性がない場合には、110番ではなく地元警察の「生活安全課」などで相談できます。

5位 自治会に相談する

  • 自治会の回覧板で注意喚起していただきました(20代 女性)
  • 町内会長さんに「ゴミステーション利用のルールを守るようにしてほしい」と訴え、ゴミステーション横にある掲示板に張り紙をしていただきました(30代 女性)
  • 町内会長に相談した(50代 男性)

5位は「自治会に相談する」です。

「ゴミ出しルール」など、地域のルールを守らないことによるトラブルの場合には、自治会に相談するのが適当でしょう。

まずは「張り紙」「回覧板」などで対応する自治会・町内会が多いようですね。

最初に近隣住民と相談し、複数人で町内会に掛け合った人もいました。

6位 相手に謝罪する

  • 騒音の苦情を受けてすぐに直接謝罪し、状況を把握してきました。帰宅後すぐに騒音対策し、その後階下からの苦情はありません(30代 女性)
  • 菓子折りを持って、謝罪にいきました(50代 男性)
  • 「ひたすら謝る」を繰り返しています(60代以上 男性)

6位は「相手に謝罪する」でした。

「子どもの足音がうるさいと言われた」「駐車スペースをはみ出してしまった」など、自分が相手に迷惑をかけてしまった際の対応ですね。

謝罪と同時に今後迷惑をかけないように対策を施し、ご近所さんに納得してもらったケースもありました。

7位 引っ越す

  • 鉄筋の住宅に引っ越しました。上階に住居がないので、騒音も聞こえません(30代 男性)
  • 1年で家を解約して引っ越しました(40代 女性)
  • らちが明かないので、家を売って引っ越した(60代以上 男性)

7位は「引っ越す」。

管理会社に相談したり直接注意したりしても改善されず、最終手段として引っ越したという人も多くなりました。

賃貸ですと、ご近所トラブルがあった場合でも比較的引っ越しやすいですね。

ただ持ち家の人からも「家を売って引っ越した」という体験談があり、ご近所トラブルが大きなストレスになることが伺えます。

ご近所トラブルを起こさないために「生活音に気を遣う」人が多数

ご近所トラブルを経験した428人に「ご近所トラブルを起こさないために気をつけていること」を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

ご近所トラブルを起こさないために気を付けていること

1位になったのは「生活音に気を遣う(125人)」です。

2位「近隣住民とのコミュニケーション(100人)」、3位「ルール・マナーを守る(88人)」、4位「気難しい人に近づかない(46人)」と続きます。

「生活音に気を遣う」「ルールを守る」など、自分が加害者にならないよう注意している人が多くなりました。

また「話し方に注意」「第三者を介して注意する」など、トラブルが起きたときの伝え方に気を遣っている人も多いとわかります。

では具体的な回答を紹介します。

1位 生活音に気を遣う

  • 生活音などを極力減らす。掃除機などは時間帯を考えて行う(20代 男性)
  • 生活音をまったく出さないのは不可能ですが、時間帯をわきまえて掃除や洗濯などは迷惑にならない時間に済ませます(30代 女性)
  • なるべく大きな音を出さないように暮らす。マットなどを活用し騒音対策する(40代 男性)

1位は「生活音に気を遣う」でした。

とくに「夜間に大きな音を出さないように気をつけている」という人が多数。

洗濯機や掃除機など大きな音が出る家電は、昼間に使うよう心がけている人が多いこともわかります。

なお気にする人が多い足音対策としては、「防音マットを敷く」「ゆっくり歩く」といった方法があります。

2位 近隣住民とのコミュニケーション

  • 顔を合わせる機会があったらしっかり挨拶して、顔見知りになっておく(30代 女性)
  • 近所の方々と頻繁にコミュニケーションを取るようにしています。生活音に対しての苦情がなくなり、トラブルも発生しにくくなりました(40代 男性)
  • 町内会の役員をしたり挨拶したりして多くの人とつながっていると、何か問題があったときに対応しやすい(50代 女性)

「近隣住民とのコミュニケーション」が2位。

「顔見知りになっておくと、トラブルを回避しやすい」という意見が多数寄せられました。

顔見知りになっていると、迷惑をかけてしまったとしても優しい言い方で指摘してもらえたり、「お子さんがまだ小さいからしかたないね」と許容してもらえたりする可能性が高まります。

周りが気の合う住民ばかりとは限りませんが、最低限挨拶くらいはできる間柄になっておきたいものです。

3位 ルール・マナーを守る

  • 自分がトラブルを起こさないために、アパートや地域のルールを守るように心がける(20代 男性)
  • アパート・マンションに住む場合は、掲示されているルールやマナーをしっかり守る(30代 女性)
  • ゴミは分別するなど、社会的なルールを守る(40代 女性)

3位は「ルール・マナーを守る」。

自分が苦情を受けないよう、ルールやマナーを意識して生活するのは大切なことです。

とくに「ゴミ出し」「マンション・アパート共用部の使い方」のルールはしっかりと把握しておきましょう。

ルールは地域ごとに違うこともありますので、引っ越し当初はとくに注意したいですね。

4位 気難しい人に近づかない

  • 関わると厄介そうなご近所さん宅の前を通る時は、出くわさないように早足で通ります(30代 女性)
  • 接点を持たない。トラブルメーカーと会わないように、時間をズラして外出したり帰宅したりしている(40代 女性)
  • ゴミ屋敷やゴミ屋敷の住人には近寄らない(50代 男性)

4位は「気難しい人に近づかない」。

トラブルに巻き込まれないように、「トラブルの元になっている人や場所」「トラブルを起こしそうな人」を避けている人もいました。

周辺住民と、価値観に大きな隔たりを感じることもあります。

話し合ってもお互いに理解できないなら、できるだけ関わりをもたないのが平和かもしれませんね。

5位 自宅周辺を清潔に保つ

  • 雑草や木を切り、家の周りを定期的に綺麗に掃除し、迷惑をかけないようにしている(30代 女性)
  • 家の周りはきれいにするように心がけている(40代 女性)
  • 垣根が伸びて隣まで伸びそうなときは、早めに切るようにしています。逆の立場ならイヤな気持ちになります(60代以上 男性)

5位は「自宅周辺を清潔に保つ」です。

自宅が汚かったり、庭の木が伸びすぎたりすると、周囲に迷惑をかけてしまいます。

車が傷つくなどの実害が伴わなくても、美観の面でイヤな思いをする人がいたり、「だらしない家だな」と感じる人がいたりすることも考えられますね。

地域で生活していくには、ある程度「ご近所さんに見られている」という意識が必要かもしれません。

6位 伝え方に注意する

  • 怒りをぶつけるのではなく、相手の主張も聞いてみる(30代 女性)
  • 気を悪くなさらないように、ジュースのペットボトルを持って話に行きました(40代 女性)
  • 指摘するときに、なるべく丁寧な言葉づかいで話した(50代 男性)

6位は「伝え方に注意する」でした。

相手に直接苦情を伝える際、言葉遣いや態度に注意している人も多くなっています。

ストレートに怒りをぶつけてしまうと、相手が反発したり逆上したりすることも考えられるからですね。

さらなるトラブルに発展しないよう、冷静かつ穏やかに話すのがポイントです。

7位 第三者を介して対処する

  • 直談判しない(20代 女性)
  • 自分から注意しない。管理会社を通す(30代 男性)
  • 直接話さず、第三者がいれば間に入ってもらう(50代 男性)

7位は「第三者を介して対処する」。

当事者同士が話し合うと、感情的になって解決に至らないこともあります。

注意を受けたほうに「迷惑をかけてしまった」「申し訳ない」という意識がないことも多いからですね。

当事者同士で冷静に話し合いができなさそうなら、「管理会社」「自治会」などの第三者を通すのがいいでしょう。

まとめ

ご近所トラブルの代表的なものは「生活音・騒音」「ゴミ出し」「駐車・駐輪」です。

ペットを飼育している場合はペット、庭や植木がある場合は植物もトラブルのもとになりえます。

トラブルが起きたときには、直接苦情を言いに行くと、さらなるトラブルに発展することも。

冷静かつ穏やかに対応するためにも、まずは管理会社や自治会などに相談することをおすすめします。

また自分が「ご近所トラブルのもと」にならないよう、「地域のルールやマナーを守る意識」や「周辺住民の生活リズムへの配慮」も大切。

「子どもが小さく、注意しても足音が響いてしまう」など、迷惑になりそうなことがわかっているなら、予めご近所さんにことわりを入れておきましょう。

関係性を構築しておくと苦情を受けにくくなります。

簡単入力30秒
訳あり物件の売却は
今すぐご相談ください
不動産総研
この記事をシェアする
facebook twitter
訳あり物件買取プロ
タイトルとURLをコピーしました