【千葉県の住みたい街ランキング】500人アンケート調査

千葉県の住みたいまちランキング 不動産総研
facebook twitter

千葉県は再開発によるインフラ整備が進み、「住んでみたいエリア」として注目を集めています。

都心へ通勤・通学している方にとっては、東京までのアクセスが良いのも魅力。

そこで今回は全国の男女500名にアンケートを実施し、「千葉県の住みたい街」を調査しました。

【調査概要】

  • 調査対象:全国の男女
  • 調査期間:2022年10月26日~11月6日
  • 調査機関:自社調査
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 有効回答数:500人(女性309人/男性191人)
  • 回答者の年代:10代 0.6%/20代 19.0%/30代 34.8%/40代 29.0%/50代 13.0%/60代以上 3.6%
調査や調査データについて

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。
出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。
また、ご使用に際して「Alba Link 広報窓口」までご一報ください。

監修者
株式会社AlbaLink代表取締役の河田憲二と申します。訳あり物件や売りにくい不動産の買取再販業を営んでおります。サービスサイトとして、「訳あり物件買取PRO」を運営しています。訳あり物件買取PROの責任者として、執筆・編集・監修のすべてに携わっています。

千葉県の住みたい街ランキング1位は「浦安市」

全国の男女500名に「千葉県の住みたい街」を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

千葉県の住みたいまちランキング

1位になったのは「浦安市(166人)」です。

2位「千葉市(55人)」、同率3位「柏市(38人)」「船橋市(38人)」と続きます。

大型テーマパークで有名な浦安市がダントツのトップ。

その他「千葉市」「船橋市」「市川市」「松戸市」など、都心部へのアクセスに優れた自治体が多くランクインしています。

都心で働くことを考えると、やはり通勤が便利な立地は魅力的ですよね。

では具体的な回答を紹介します。

1位 浦安市

  • 富裕層の人が多いイメージで、落ち着いていそう(29歳 女性)
  • 成人式が人気テーマパークで開催されるのをニュースで毎年見ていて、とてもうらやましいです(34歳 女性)
  • 東京都心にアクセスがよく便利。新浦安駅あたりは街並みもおしゃれで、ホテルや飲食店も豊富(56歳 男性)

1位は「浦安市」でした。

「人気テーマパークがある」「東京に近い」という声が多く寄せられています。

また浦安市は市民の所得が高いことでも有名で、財政力指数でも全国トップクラスです。

街並みもキレイに整えられているため、住んでいるだけで気分がよくなりそうですし、自慢できそうですね。

実際に住んだ経験がある人からは「病院などの生活インフラが整っており便利」という意見も寄せられました。

2位 千葉市

  • 海浜幕張。街全体がキレイで、周辺には商業施設などもあり生活しやすそうなので(24歳 男性)
  • 「中央区」「美浜区」「稲毛区」などは交通の便がよいからです。都心へのアクセスも簡単です(42歳 女性)
  • 政令都市であることと、どこに行くのにもアクセスが良いこと。田舎過ぎず都会過ぎず、ちょうど良いバランスなのもよい(53歳 女性)

「千葉市」が2位。

とくに海浜幕張駅や幕張新都心のある「美浜区」が多く挙がりました。

「商業施設」「大型イベントが行われるコンベンション施設」「整然とした街並み」を魅力と考える人が多いようです。

東京へのアクセスが良いのもメリットですね。

また千葉市内には海水浴場もあり、都会的な政令指定都市ながら、海のレジャーや自然を楽しめるバランスの良さも魅力です。

3位 柏市

  • 駅前の商業施設が充実しているし、東京にも行きやすいから(29歳 女性)
  • 田舎と都会のいいとこ取りができていて、都心へのアクセスもいいからです(34歳 女性)
  • プロサッカーチームがあるからです。柏に住んでホームゲームを全試合観戦したいです(43歳 男性)

3位は「柏市」。

「駅前の施設が充実している」「プロサッカーチームがある」といった意見が多く寄せられています。

住んでいる街にプロチームがあると、応援したくなりますよね。

また「ほどよく発展している」「都会すぎず田舎すぎない」というコメントも多く、生活の便利さと落ち着いた雰囲気のバランスに注目している人が多かったのも印象的でした。

同率3位 船橋市

  • 東京へのアクセスもよく、ほどよく郊外で便利だと思うから(22歳 男性)
  • 都内へのアクセスが良いのに、都内よりも家賃が安いからです。ショッピングモールなどもあるので、生活に困らなさそうです(34歳 女性)
  • 都心に近く、JRも私鉄もある(55歳 男性)

同率3位は「船橋市」。

都心へのアクセスの良さや、利用できる路線の多さを挙げた人が多くなりました。

船橋市にはJRだけで3路線が走っており、他に「東京メトロ東西線」「京成電鉄」「東武鉄道」なども利用できます。

大型商業施設も複数あり、生活に不便を感じることが少なそうですね。

5位 市川市

  • 以前友人が市川市に住んでおり、何度か訪れました。交通アクセスは良く落ち着いた雰囲気が感じられる街で、「住んでみてもアリかな」と思えたからです(27歳 女性)
  • 東京と県境であり、都心からも近く、交通の便が良いためです(37歳 男性)
  • 都心から近くて子育て世代に手厚い環境だし、市川駅前は栄えているからです(46歳 女性)

5位は「市川市」です。

市川市も浦安市同様に東京都と接しており、市川駅から東京駅まで電車で18分程度と、都心部へのアクセスは良好です。

そのため「交通アクセスの良さ」を挙げた人が圧倒的に多くなりました。

また市川駅前にも本八幡駅前にも商業施設があり、日用品などの買い物はひと通りできます。

6位 流山市

  • 住みやすそう。最近都市開発が進み駅前でなんでも揃うようになったし、病院や保育園も多い(24歳 女性)
  • 以前テレビで「住みやすい街である」と紹介されていたため(32歳 女性)
  • 都心へのアクセスが良い。また、自然が豊かだから(47歳 男性)

6位は「流山市」でした。

流山市では近年子育て支援や都市開発に力を入れており、取り組みがテレビなどでも紹介されています。

そのため将来性に期待して「住みたい」と考えている人が多くなりました。

とくに、大型商業施設がある流山おおたかの森駅周辺に興味をもっている人が目立っています。

7位 松戸市

  • 松戸の近くに住んでおり、たまに車で通るのですが、雰囲気がとてもいいなと思っています。東京までのアクセスも便利です(31歳 女性)
  • 柏にも東京にも埼玉にも行けるので便利(42歳 男性)
  • 都心へのアクセスが良く、文化遺産も多く子育てファミリーにも好評なところ(57歳 男性)

7位は「松戸市」。

「東京に近い」という回答はもちろん、「埼玉や茨城にも行きやすい」という声が多数寄せられました。

「実家が埼玉や茨城」かつ「職場が東京」だと、便利な立地なのかもしれません。

また自然や公園、文化財も多く、落ち着いた雰囲気が味わえるのも松戸の魅力です。

千葉県の魅力1位は「交通アクセスがよい」

全国の男女500名に「千葉県の魅力」を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

千葉県の魅力

1位になったのは「交通アクセスがよい(219人)」です。

2位「観光スポットが多い(170人)」、3位「自然豊か(158人)」、4位「都会と田舎のバランス(109人)」、5位「食べ物がおいしい(72人)」と続きます。

「交通アクセスがよい」「商業施設が充実」など、生活するうえでの便利さに魅力を感じている人が多いとわかりました。

「穏やかな雰囲気」「温暖な気候」なども含め、千葉県は暮らしやすそうと考えている人が多いとわかりますね。

また「観光スポットが多い」「自然豊か」など、休日を充実して過ごせる環境に魅力を感じている人も多くなっています。

では具体的な回答を紹介します。

1位 交通アクセスがよい

  • 都会に近く交通便利(27歳 女性)
  • 都内へのアクセスが良い。また飛行機のアクセスも含めて、いろいろな交通手段での移動が可能(35歳 女性)
  • 東京都に隣接しているので、職場が東京でも通勤しやすい(47歳 男性)

1位は「交通アクセスがよい」でした。

住んでみたい市町村ランキングでも、「アクセスの良さ」を挙げた人が多くなっていましたね。

エリアにもよりますが、千葉は都心部や国際空港に近く、鉄道の路線も豊富です。

そのため「東京に通勤しやすい」という声が多数。

東北方面や空港にも行きやすいので、旅行や出張の際にも便利でしょう。

2位 観光スポットが多い

  • 子連れで楽しめるテーマパークがたくさんあります(39歳 女性)
  • 有名なテーマパーク以外にも、自然の中で楽しめる施設が多く、ドライブするにも良い環境です(42歳 女性)
  • 千葉県の魅力は、楽しいスポットがたくさんあること(52歳 男性)

「観光スポットが多い」が2位。

千葉県にはテーマパークや自然を活かした観光施設が豊富で、休日に出かけられるスポットが豊富です。

海沿いにいけば海水浴やサーフィンなどの海遊びも楽しめます。

休日に近場で楽しめるのは、子育て中の方にも嬉しいですね。

3位 自然豊か

  • 海や山に面していて、自然豊かなところ(36歳 女性)
  • 自然が多いこと。外房の「九十九里浜」「鋸山」「亀山湖」などには何度も行っています(49歳 男性)
  • 南北の緯度差が大きく、いろいろな自然環境を楽しめます(58歳 女性)

3位は「自然豊か」。

千葉には海も山もあり、自然が豊かです。

そのため海が好きな人も、山でのハイキングが好きな人も楽しめます。

自然には癒やし効果があると言われているので、リラックスして暮らせそうですね。

4位 都会と田舎のバランス

  • 都会すぎず田舎すぎないところ(18歳 女性)
  • 都会のように楽しめるスポットもありつつ、田舎のような心洗われる絶景スポットもある。都会と田舎の魅力を併せ持っている点が魅力だと思います(35歳 男性)
  • 海も山も都会もあり、バランスがとれている(48歳 女性)

4位は「都会と田舎のバランス」。

「東京に近いのに、田舎感や自然も楽しめる」「都会すぎず田舎すぎない」という絶妙なバランス感を魅力だと感じている人も多くなりました。

「都会的すぎてもせわしなくて疲れるし、田舎すぎると生活が不便」と考えている人が多いのでしょう。

いわゆる「トカイナカ(都会と田舎の中間)」での暮らしを望む人にとって、千葉は有力な候補地になりそうです。

5位 食べ物がおいしい

  • お野菜が美味しいイメージで、魅力的だと思います(23歳 女性)
  • 落花生が美味しいところ(33歳 男性)
  • 野菜が取れるので新鮮な野菜が食べられそう。海もあるので、海産物も新鮮そう(57歳 女性)

5位は「食べ物がおいしい」です。

千葉県は農業産出額が全国4位(令和2年)と、全国でもトップクラスの農業県。

地産地消(千産千消)にも力を入れており、千葉県産農産物のPRも盛んです。

また海に面していて海産物では「キンメダイ」「アサリ」なども有名なので、「食べ物が美味しそう」という声が多くなりました。

地元のものを新鮮なうちに食べられる生活は魅力的ですよね。

6位 穏やかな雰囲気がある

  • ちょうどよい人の数で、あまりごみごみしていないのが良いと思う(27歳 女性)
  • 人が忙しく動いていない。心にゆとりのある人が多い(33歳 男性)
  • 肩ひじ張らずに自然体でいられる感じがします(46歳 男性)

6位は「穏やかな雰囲気がある」でした。

「東京ほど人口密度が高くなく、のんびり暮らせそう」という声が多数。

都心の人混みにもまれている人は、少しゆったりした雰囲気の場所に惹かれるのかもしれませんね。

また「人が穏やかで親切」など、県民性についての回答もありました。

7位 商業施設が充実

  • ショッピングモールが充実している(18歳 男性)
  • 「アウトレット」「ショッピングモール」「外資系大型スーパー」「大型家具店」などがあり、買い物するのに便利(34歳 女性)
  • テレビで扱うようなステキなお店が多い(44歳 女性)

7位は「商業施設が充実」。

千葉県内には大型のショッピングモールやアウトレットモールがたくさんあり、外資系の大型スーパーや家具店も進出しています。

大型のショッピングモールは、買い物だけではなく食事やレジャーの場としても便利。

日常の買い物が便利なだけではなく、休日に「ちょっと特別なショッピング」も楽しめそうですね。

同率7位 都心に比べ物価が安い

  • 新鮮な食べ物が比較的安価で手に入りそうなところ(37歳 男性)
  • 土地が安いのでマイホームを買いやすく、賃貸で借りる場合もコストパフォーマンスが良い(47歳 男性)
  • 東京よりは家賃が安い(61歳 女性)

同率7位は「都心に比べ物価が安い」。

とくに「住居費が安いこと」をメリットとして挙げた人が多くなっています。

同じ金額なら、都心よりも広い家を買ったり借りたりできるでしょう。

9位 温暖な気候

  • 比較的気候が穏やか(22歳 女性)
  • 台風や雪の時期に「千葉は穏やかで暮らしやすいよね」と言う声をよく聞きます(42歳 女性)
  • 温暖な気候のイメージがある(63歳 男性)

9位は「温暖な気候」でした。

千葉県は三方面が海に面しており、温暖な海洋性気候です。

とくに南房総エリアは暖かい黒潮の影響を受けており、冬でもほとんど霜が降りないほど。

実際には成田市など冬の寒さが比較的厳しいエリアもありますが、「千葉は温暖」というイメージが定着しているようです。

まとめ

千葉県内の「住みたい街」を調査したところ、東京に近い市区町村が多くランクインしました。

やはり都心への通勤・通学が便利なのは魅力的ですよね。

また千葉県美浜区や流山市など、「街並みがきれいな市区町村」が多く挙げられたのも印象的でした。

「これから引っ越すとしたら、衰退していく地域よりも発展していく地域に住みたい」と考える人が多いのでしょう。

千葉の魅力としては「交通アクセスがいい」「自然が豊か」「観光施設が多い」など、さまざまなものが挙がっています。

多くの人が「都会すぎず田舎すぎない」「東京に近くて便利なのに、自然が多くて落ち着いている」など、「都会的な便利さとのんびりした住みやすさのバランス」にも注目していました。

便利さと落ち着きを両立したい人によって、千葉県は魅力の多い県だとわかります。

簡単入力30秒
訳あり物件の売却は
今すぐご相談ください
不動産総研
この記事をシェアする
facebook twitter
訳あり物件買取プロ
タイトルとURLをコピーしました