ライター | 道下真

プロフィール・保有資格

1991年生まれ。信州大学卒業。2015年に(株)クロダハウスに入社し、営業として賃貸、売買の仲介業務に従事。宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、相続支援コンサルタントの資格を取得して、2016年から金沢営業所の立ち上げに携わり、同年店長に就任。得意分野は不動産の売買全般。4年間不動産業界に勤めて、3年間支店長として実務を経験。ネットで調べた知識ではなく、現場の活きた情報提供していきます。

道下真の記事一覧

再建築不可

その物件は再建築不可かも!?私道の注意点をわかりやすく説明

私道って何?他の道路と何が違う? 「私道」とは個人の所有する土地に作られている道路です。当然、誰が通行するかを土地の所有者が制限することもできます。 私道の管理は土地の所有者が行い、通行制限も可能なので「ここは私道です」「関係者以外通行...
再建築不可

再建築不可物件購入後に起こりがちなトラブルはどんなものがあるか

再建築不可物件で起こりがちなトラブル 再建築不可物件で起こりがちなトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。代表的な事例をご紹介していきます。 隣地との境界の認識が違う 再建築不可物件を購入したら、隣地の所有者に自分の土地だと思っ...
再建築不可

再建築不可のアパート経営に潜むリスクとは?有効な活用方法はあるのか

再建築不可のアパート経営に進むリスク 再建築不可物件とは、文字通り一度取り壊すと同じ土地に改めてアパートなどの建築物を建てることができない物件を指しています。まずは、再建築不可物件のアパートに潜むリスクにはどのようなものがあるのかを調べて...
再建築不可

再建築不可物件は住宅ローンを組めるのか

再建築不可物件は住宅ローンが組める? 結論として、再建築不可物件のローンを金融機関で組むのは難しいといえます。融資を行うか否かの判断は最終的に金融機関が行うため皆無であるとは言い切れませんが、住宅ローンとしての融資を受けることができる可能...
再建築不可

再建築不可物件は火災保険に入れる?万が一に備えて火災保険の重要性を解説

再建築不可物件でも火災保険に加入できる そもそも再建築不可物件とは、建築基準法で定められた建物を建築するための基準を満たしていない物件を指しており、主に建築基準法第43条の「接道義務」を満たしていないことから建て替えなどの再建築を認めない...
再建築不可

位置指定道路とは?再建築不可となる理由について

そもそも位置指定道路(42条1項5号道路)とは 建築基準法では建物を建築するための様々な条件が規定されていますが、敷地に接する道路に関しても定義されており、建築基準法第42条に規定されています。 この中で5号道路は、特定行政庁がその...
再建築不可

再建築不可物件の救済措置とは?43条但し書き道路の条件と申請方法

再建築可能にする救済措置とは 再建築不可物件は一定の条件を満たすと再建築が可能になる場合があります。該当物件が再建築不可物件に指定されるのは法律で定められた防災や安全上の理由からなので、その基準をクリアできれば再建築が可能になります。 ...
再建築不可

再建築不可物件の活用方法11パターン

そもそも再建築不可物件とは 再建築不可物件とは、物件のある土地が建築基準法の要件を満たしていないため、建物を壊してしまうと建て替えができない物件のことを言います。再建築不可物件は1950年に建築基準法が制定される以前に建てられた建物が多く...
再建築不可

再建築不可物件のリフォームはどこまで可能か

建築確認の要・不要 そもそも再建築不可物件とは 再建築不可物件とは、建築基準法を満たしておらず一度取り壊しを行うと同じ場所で建物を建築することができないとされている物件です。建築基準法は1950年に施行されましたが、それ以前から存在して...
再建築不可

囲繞地通行権の通行料はいくらが相場か

囲繞地通行権とは 囲繞地通行権とは、他人が所有する土地や河川・崖など地形障害に囲まれて公道に出ることができない土地から、日常生活に必要な公道まで移動する権利のことです。 日常生活を営む上で、どこかの場所に移動するためには必ず道路を使...
タイトルとURLをコピーしました