ライター | 道下真

プロフィール・保有資格

1991年生まれ。信州大学卒業。2015年に(株)クロダハウスに入社し、営業として賃貸、売買の仲介業務に従事。宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、相続支援コンサルタントの資格を取得して、2016年から金沢営業所の立ち上げに携わり、同年店長に就任。得意分野は不動産の売買全般。4年間不動産業界に勤めて、3年間支店長として実務を経験。ネットで調べた知識ではなく、現場の活きた情報提供していきます。

道下真の記事一覧

再建築不可

なかなか売れない土地を買取してもらう方法をわかりやすく解説します!

買い手がつき辛い土地の特徴 買い手がつき辛い土地の特徴について例を挙げて解説します。 軟弱地盤や傾斜地 軟弱地盤に建物を建てると、建物の重みに地盤が負け、不同沈下の発生により建物が傾き、壁の亀裂やひび割れなどだけでなく、健康被害の原因...
再建築不可

長屋を高く売却するために気を付けておきたいポイントをわかりやすく解説

長屋・連棟式建物の特徴 長屋とか連棟式建物と呼ばれる集合住宅には次のような特徴があります。 隣の家と壁を共有している独立住戸 共同住宅と呼ばれるアパートやマンションは、居住者は出入り口、階段や廊下などの共用部分を経由して各住戸に出入り...
相続物件

抵当権の抹消登記はどんな流れで行うのかわかりやすく解説

抵当権の抹消登記とは何か 抵当権の抹消登記とは、不動産登記簿に登記されている抵当権を抹消することをいいます。 抵当権は金融機関から住宅ローンなどによる融資を受けた人が返済できなくなった場合に担保権を設定した不動産を処分した代金から優...
空き家

廃墟化してしまった建物の売却ならアルバリンク!処分方法を分かり易く解説

なぜ廃墟化してしまうのか 当初は利用目的があって建てられた建物ですが、時の経過に伴い廃墟化してしまうことがあります。 なぜ廃墟化してしまうのでしょうか。 例を挙げながら解説していきます。 遠方で維持管理できない 建物を長く...
相続物件

一棟ビル・マンション・アパートを高く売る方法を解説

一棟ビル・マンション・アパートを高く売却する方法 まずは、一棟ビルやマンション・アパートなど大型の不動産を売却する方法についてご紹介していきましょう。 専門業者に依頼する 一棟ビルやマンション・アパートなど大型物件を売却する最も一般的...
再建築不可

狭小地、狭小住宅でも買取りしてくれる?売却のポイントを分かりやすく解説

狭小地、狭小住宅の定義とは 狭小地や狭小住宅とはどのような土地や建物のことを指すのでしょうか。まずは狭小地と狭小住宅の定義についてご紹介していきます。 狭小地とは、面積が20坪(または15坪)以下の土地 狭小地や狭小住宅はといった言葉...
再建築不可

私道持分って何?私道に接する物件を売買する際のトラブルや注意点をわかりやすく解説

そもそも私道持分とは? そもそも、私道持分とはどのような概念でしょうか。まずは私道持分について解説していきます。 公道と私道の違い 道路には、公道と私道の2種類の道路があります。公道は、国や都道府県、市町村が設置した道路で、道路法とい...
空き家

築古や全空などボロアパートの買取なら

築年数が古いアパートは色々と大変 築年数が古いアパートを所有すると様々なリスクを抱えることになります。この章でいくつかの例をご紹介していきましょう。 空室が多い・修繕費が高い 例えば、新築と違って物件が建っているだけで入居申し込みが来...
底地

底地の売却方法と買取相場

そもそも底地とは? 「底地」とは借地権が設定されている土地のことです。一般的には「貸地」や「貸宅地」 と呼ばれます。自分の土地を借地人に貸している状態 であれば、その土地のことを「底地」と呼びます。土地を貸して利益を得ている人のことを一般...
空き家

空き家の売却方法と注意点

空き家を放置しておくデメリット 空き家は何もせずに放置しておいても大きな問題はないと考える方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。この章では、まず空き家を放置する事で起こるデメリットをご紹介しておきましょう。 空き家を...
タイトルとURLをコピーしました