道下真

特集記事

一棟ビル・マンション・アパートを高く売る方法を解説

「年に何度も発生する建物の修繕費が高い」 「運営は大変なのになかなか利益が上がらない」 「問題のある入居者がいて、対応に困っている」 アパートやマンション、ビルなど運営・管理していると様々なトラブルに遭遇する可能性があります。特に...
再建築不可

狭小地、狭小住宅でも買取りしてくれる?売却のポイントを分かりやすく解説

狭小地や狭小住宅は、東京や大阪などの都市部でよく見られる土地や住宅です。 高度経済成長期に大量に作られた狭小地や狭小住宅の活用は、都市の景観向上や防災の観点から規制されるようになり、中には再建築不可の物件になってしまったケースもあります。...
共有持分

私道持分って何?私道に接する物件を売買する際のトラブルや注意点をわかりやすく解説

造成した宅地を所有している場合などに、私道持分というキーワードを目にする場合があります。私道は公道と違い、維持管理は私道の所有者が行う必要があります。私道に接する物件を売買する際、私道持分についてトラブルに発展するケースも多くあります。 ...
空き家

築古や全空などボロアパートの買取なら

相続では土地や建物など様々な物件が手に入りますが、中には状態が悪く活用するには大規模な修繕が必要な場合があります。 相続したアパートがボロボロだった場合維持管理に多額の費用が発生するため、不動産業を営んでない限り大規模修繕に自己資金を...
底地

底地の売却方法と買取相場

地主として土地を人に貸借している場合、「底地(そこち)」 という言葉を見聞きしたことがあるでしょう。底地とは、他人に貸借することで利益を得ている土地を指します。 この底地の売却を考えている場合、 どのような点に注意する必要があるでしょ...
空き家

空き家の売却方法と注意点

「相続した空き家の維持が大変」 「放置したままの建物があるが、固定資産税の負担が重い…」 「空き家をなんとかしたいが、古い建物なので処分に困っている」 相続などによって突然建物の管理を任された場合、このような悩みを抱える方は多いで...
事故瑕疵物件

事故物件の定義と高額買取のポイントを解説

「事故物件とはどんな物件?瑕疵とは何?」 「事故物件を売却することはできる?」 「告知義務とはどんな義務?」 事故物件を取り扱うことになると、物件の活用が一般の物件に比べて制約され、売却することも困難になります。 今回はそんな事...
再建築不可

再建築不可物件の売却方法と買取業者選びのポイント

再建築不可物件は、建物の増改築を伴うリフォームや建て替えに大きな制限がかかることから、土地活用の観点からは制限が多い物件とされています。 相続等で再建築不可物件を手に入れた場合、活用の予定がない場合は売却することも選択肢として考えられ...
再建築不可

不整形地は売却しにくい?不整形地の定義や評価について解説

「相続した土地が不整形地と言われたが、どんな土地?」 「不整形地にはどんなデメリットがある?」 「不整形地を高く売却する方法はある?」 不動産の観点では土地は「整形地」と「不整形地」に分類されます。相続などで整形地を手に入れた場合...
違法物件

違法建築と既存不適格の違いを分かり易く説明

「相続した建物が違法建築だった」 「建物が既存不適格だと言われたが、どんな建物?」 「違法建築や既存不適格の建物は売買できるの?」 建物を相続などで手に入れたあとでその建物が「違法建築」や「既存不適格」であったと判明する場合があり...
タイトルとURLをコピーしました