一棟ビル・マンション・アパートを高く売る方法を解説

相続物件
facebook twitter LINE

「年に何度も発生する建物の修繕費が高い」
「運営は大変なのになかなか利益が上がらない」
「問題のある入居者がいて、対応に困っている」

アパートやマンション、ビルなど運営・管理していると様々なトラブルに遭遇する可能性があります。特に相続などで大型物件を引き継ぎ、初めて運営する場合には思わぬ出費の多さに驚くでしょう。建物は年数が経過しているほど問題を多く抱えており、欠陥を放置しておくと住民からの訴訟に発展するリスクもあります。

このような物件を収益物件として生まれ変わらせることは、初期投資の大きさや運営ノウハウなどが必要で個人では難しい場合もあるでしょう。そこで大型物件を売却することを検討する場合、どのように売却すれば良いかをご紹介していきます。

どんな物件でも買い取ります

他社で断られた物件でも大丈夫!全国どこでも査定します

監修者
道下真
1991年生まれ。信州大学卒業。2015年に(株)クロダハウスに入社し、営業として賃貸、売買の仲介業務に従事。宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、相続支援コンサルタントの資格を取得して、2016年から金沢営業所の立ち上げに携わり、同年店長に就任。得意分野は不動産の売買全般。4年間不動産業界に勤めて、3年間支店長として実務を経験。ネットで調べた知識ではなく、現場の活きた情報提供していきます。

一棟ビル・マンション・アパートを高く売却する方法

まずは、一棟ビルやマンション・アパートなど大型の不動産を売却する方法についてご紹介していきましょう。

専門業者に依頼する

一棟ビルやマンション・アパートなど大型物件を売却する最も一般的な方法は、大型物件を取り扱う専門業者に買取を依頼することです。専門業者に売却する場合は一般の不動産仲介のようにオーナーが購入希望者と直接売却交渉や契約を行う必要はありません。専門業者が物件を査定して買取金額を提示するので、その金額に納得できればすぐに売却可能です。

不動産を売却する方法にはいくつかの方法がありますが、専門業者に大型物件を依頼するのが最も手間がなく、スピーディーに売却する方法です。

専門業者に依頼

専門の買取業者のメリット

大型物件を専門に取り扱う専門業者に一棟ビルやアパート・マンションなどの物件の買取を依頼するメリットはいくつかあります。順にご紹介していきましょう。

直接購入するかどうか検討してくれる

多くの方がイメージする不動産売却方法は、不動産会社に依頼して購入希望者を募る方法でしょう。この場合、不動産オーナーと不動産会社は「媒介契約」という契約を締結して物件売却を手伝ってもらいます。媒介契約を結ぶと、不動産会社は自社で持っている販売ルートに情報を発信して購入希望者を探していきます。

しかし、媒介契約は基本的にオーナー自身も購入希望者を探すことが可能ですが(専属専任媒介を除く)、ほとんどの人にとって購入希望者を探した経験がなく、ましてビルやアパートの購入希望者を見つけるのは個人では至難といえるでしょう。

専門業者に買取を依頼すれば購入希望者を自分で探す必要がなく、専門業者が購入するかどうかの回答を待つのみなので、時間や労力をかけずに物件を売却できます。

仲介手数料が不要

不動産仲介で大型物件を売却する場合、成約金額の数%を仲介手数料として不動産会社に支払う必要があります。大型物件の場合は、マンションや戸建住宅に比べて売却価格が高くなるので、支払わなければならない仲介手数料も高い金額になってしまいます。

しかし専門業者に売却する場合は仲介手数料が発生しないため、よりお得に不動産を売却できる可能性があります。

豊富な業界内でのつながりで高値買取が可能

大型物件の専門業者は、業界内に独自の流通ルートを持っているので、一般の買取業者に比べると高い金額で不動産を買い取ってくれます。高値で売却できるルートがあるからこそ、専門業者は高値で大型物件を仕入れます。より高値で不動産を売却したい場合には、まず専門業者に査定を依頼してみるとよいでしょう。

専門の買取業者のメリット

不動産売却に関するよくあるお悩み

売却を検討されているお客様で下記のようなお悩みを抱えられている方も多いのではないでしょうか。そういった悩みに親身になって相談に乗ってくれる買取業者に相談されることを強くおすすめ致します。場合によっては好条件で買取をしてくれかもしれません。

遠方にあり管理できない

物件が遠方にある場合、建物の維持管理や荷物整理をするにも移動が大変でしょう。それにも関わらず固定資産税等や維持管理費が高く苦労されている方も多いでしょう。場所や建物の状態によっては高く買い取ってくれる可能性があるかもしれないのでまずは一度相談してみましょう。現地の不動産業者に断られてしまった場合でも、全国対応の買取り業者であれば取り組んでくれる場合もあります。

遠方にあり管理できない

修繕費が高く利益が出ていない空ビルや収益不動産を持っている

相続等で古い物件を手に入れた場合、修繕費が高すぎて利益が出ていない物件を相続してしまう場合もあるでしょう。また、入居者がいない状態で不動産を相続すると、収益を上げる前に、まずは物件の修繕を行う必要があります。不動産会社等の企業であればともかく、個人所有のビルを十分に修繕するには非常に多くの費用負担が発生するためあまりオススメできません。また、建物をそのまま放置しておいたとしても、固定資産税の負担があり活用しないまま放置しておくのも税負担を考えると得策ではありません。このように、利益が出ていない物件を所有し続けるだけではマイナスの資産になりかねないので速やかに売却してしまうことも1つの方法といえます。

アルバリンクは一棟ビル・マンション・アパートの高額買取を行っています

アルバリンクは、一棟ビル・マンション・アパートなどの大型物件を取り扱う専門業者です。アルバリンクの買取にはどんな特徴があるか紹介していきましょう。

アルバリンクの特徴

アルバリンクはスピード査定が特徴で、査定後に条件が合えば、お問い合わせから10日程で売買契約から決済まで決定する場合もあります。不動産仲介で物件を売却する場合、大型物件の売却には、売り出しから内覧、契約交渉、契約に半年〜1年程度の時間を要する場合もあります。その点アルバリンクはスピーディーに物件を買い取ります。売却に時間をかけずに可能なかぎり早期に売却したい方にはご相談されることをおすすめ致します。

 

アルバリンクの特徴

取り扱い物件種別が豊富なのも特徴

アルバリンクは買取可能な取扱物件が豊富なのが特徴で、以下が買取可能な物件です。

築古の一棟ビル・マンション・アパート

築年数が経過している古い物件を売却するのは仲介会社からすると購入顧客時間がかかる場合が多く、建物の不具合なども多いことからあまり積極的に取り組まない傾向があります。アルバリンクは独自の販売ルートを持ち、自社保有する場合もあります。建物の不具合などについても売主の責任を免責した上で高値で買取ってくれる場合もあります。

空き店舗・テナントが多い物件

空き店舗やテナントが多い物件を運営するのは賃貸募集や管理などが大変で売却を検討しているケースもあるでしょう。アルバリンクはそのような空き店舗・テナントが多い物件でもそのまま買い取ります。このような物件を所有している場合にもご相談ください。

旧耐震基準のビル

旧耐震基準のビルには、金融機関が融資の取り組みに消極的な傾向があります。買取希望者が現れても融資を受けることは困難になったため、不動産仲介での売却が難しくなってきています。アルバリンクであれば現金で即買い取りを行う場合も多く、旧耐震基準のビルでも買取可能です。

入居者とのトラブルが発生している物件

入居者とのトラブルが発生している場合、何とかして物件を手放したいと考えるでしょう。ただしこのような物件は不動産仲介では売却が難しくなかなか売却できません。アルバリンクであれば、即日から買取可能でスピーディーに物件の売却が可能です。

権利関係で揉めている物件(共有持分)

共有持分や借地、底地など権利関係のトラブルがある場合、不動産仲介で売却することは困難といえるでしょう。アルバリンクは、権利関係で揉めている物件でも購入し、権利者と交渉を行います。不動産会社に相談しても売却できなかった場合には、アルバリンクにご相談ください。

共有持分は持ってるだけでハイリスク!対策を解説
共有持分がリスクになる理由 共有持分を持つことのリスクを考える前提として、物権(モノに対する権利)についての基本的な考え方を確認してみます。 日本の法律では一物一権主義(いちぶついっけんしゅぎ)が取られています。 これは、 ...

事故物件、告知事項のある物件

事故物件や告知事項のある物件も、不動産仲介で売却することは困難でしょう。アルバリンクであれば事故物件でも買取可能です。事故物件や告知事項のある物件を所有している場合にもアルバリンクに問い合わせてみましょう。

事故物件の定義と高額買取のポイントを解説
告知事項の主な種類や事故物件の定義は? 事故物件は、様々な瑕疵がある物件を指す言葉です。物件を取引する際に、購入の決定を左右するような重大な欠陥のことを「瑕疵(かし)」といいます。 瑕疵とは、「欠陥」の他に「傷」や「不具合」という意...

 

違法建築の物件

違法建築の物件は再建築が難しく融資がつきにくいため、通常の方法で売却することは困難です。しかし、アルバリンクであれば違法建築の物件でも買い取ります。アルバリンクでは様々なお悩みにご対応致します。アルバリンクは、大型物件のを売却したい場合に相談できる専門業者です。様々な種類を持った物件の買取を行っているので、不動産会社などで売却できなかった物件を所有している場合にも、アルバリンクに相談してみると良いでしょう。

違法建築の建物は売買できるのか?
どんなケースが違法建築? まずは、どんな建築が違法建築に該当するのかをご紹介していきます。 違法建築とは、建築基準法を始めとした法律や条例に違反している建築物のことです。建物を建築する際には建築確認申請を行う必要がありますが、建築確認は...

まとめ

ビルやアパートマンションなど大型の物件を売却しようと考える場合、一般的な住宅を売却するのと違い、物件を売却するまでに時間がかかる場合が多いでしょう。また遠方の物件を所有している場合や忙しくなかなか対応できない場合は維持管理費や固定資産税等の負担も大きいので放置してしまうとさらに問題が大きくなることも想定されます。
手間や労力をかけずに確実に所有している物件を売却したいと考える場合には、専門の買取業者へ相談するのが最も適していると言えるでしょう。

アルバリンクは豊富な買取実績があり、積極的に現金での購入も行っています。より高い金額で大型不動産を売却したい場合やスピーディーに物件を売却したい場合にはぜひ一度ご相談ください。

お気軽にご相談下さい

簡単入力30秒
訳あり物件の売却は
今すぐご相談ください
相続物件
この記事をシェアする
facebook twitter LINE
訳あり物件買取プロ
タイトルとURLをコピーしました