ライター | 道下真

プロフィール・保有資格

1991年生まれ。信州大学卒業。2015年に(株)クロダハウスに入社し、営業として賃貸、売買の仲介業務に従事。宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、相続支援コンサルタントの資格を取得して、2016年から金沢営業所の立ち上げに携わり、同年店長に就任。得意分野は不動産の売買全般。4年間不動産業界に勤めて、3年間支店長として実務を経験。ネットで調べた知識ではなく、現場の活きた情報提供していきます。

道下真の記事一覧

違法物件

違法建築と既存不適格の違いを分かり易く説明

そもそも違法建築とはどんな建物? 違法建築とはどんな建物を指すのでしょうか。まずは違法建築の概要についてご紹介していきます。 違法建築の理由には色々ある 違法建築は、法律や条例に違反している建築物です。建物の建築には建築基準法を始めと...
違法物件

筆界未確定の土地を売却するにはどうすれば良いかわかりやすく解説

そもそも筆界未確定とは 筆界未確定とは、ある土地が登記された時に範囲を法的に定められた線(筆界)が定まっていない土地であるということです。筆界とよく似た言葉として「所有権界」という言葉があるので、まずは筆界と所有権界の違いについてご紹介し...
事故物件

シロアリ被害に遭った家は売却しにくい?リスクや売却方法のポイントを解説

シロアリ被害があった家を売却する時の注意点、想定されるトラブル 過去にシロアリ被害があった家を売却する場合、どんな注意点やトラブルが想定されるでしょうか。この章でご紹介していきましょう。 シロアリによる被害とは? シロアリはアリという...
事故物件

事故物件の告知義務はいつまでする必要がある?判例は?

告知義務とは?告知義務に期限はあるのか? 事故物件の中で最も知られているものは「告知義務」でしょう。入居者が何らかの理由で死亡した場合には次の入居者に必ず告知をしなければならない。それが告知義務の内容だと理解している方も多いでしょう。 ...
違法物件

未登記建物の所有者の調べ方はどうすれば良いか?

未登記建物の所有者の調べ方 未登記建物の所有者を調べるためにはどのような方法があるでしょうか。まずは所有者を調べる方法をご紹介します。 法務局で土地の謄本を調べる 法務局で登記簿謄本(登記事項証明書を取得すると、該当する物件や土地が誰...
用語集

共同担保目録とは?日本一わかりやすく解説します

共同担保目録とは? 不動産登記簿(登記事項証明書)を取得すると「抵当権」の欄に「共同担保目録番号」が書いてあるケースがあります。 「共同担保目録とは何なのだろう?」と疑問を持たれた経験のある方も多いのではないでしょうか? ...
違法物件

未登記建物は売買できるのか?注意点や売買契約書の書き方まで徹底解説

そもそも未登記物件とは? 登記とは、物や事柄の権利を社会に示す(公示する)ための制度で、企業などの法人の権利や後見人の権利、債権を譲渡する権利などの保証や、土地や建物などの権利関係を明らかにする制度です。 法務省が所管する登...
違法物件

違法建築の建物は売買できるのか?

どんなケースが違法建築? まずは、どんな建築が違法建築に該当するのかをご紹介していきます。 違法建築とは、建築基準法を始めとした法律や条例に違反している建築物のことです。建物を建築する際には建築確認申請を行う必要がありますが、建築確認は...
再建築不可

再建築不可物件は売却できる?相場価格や業者選びのポイントをご紹介

再建築不可物件でも売却できる? 再建築不可物件でも売却は可能です。ただし、土地の活用が難しいため相場価格比べて低い金額での売却となるのが一般的です。その理由をご紹介していきましょう。 建て替えができない 売却価格が下がる最も大きな理由...
再建築不可

敷地設定とは?他人の土地を利用して建築可能にする

そもそも敷地設定とは? まずは、キーワードである敷地設定とはどのような内容なのかをご紹介していきます。 他人地を自分の敷地として建築確認申請を行うこと 敷地設定は一言で言ってしまうと「他人の土地を自分の敷地として建築申請を行うこと」で...
タイトルとURLをコピーしました