日本の空き家は外国人に人気!空き家のプロが外国人に売却する方法を解説

「日本の空き家が外国人に人気って本当なの?」
「空き家を外国人に売却する方法を知りたい」

現在、日本の空き家は外国人に人気があり、実際に外国人への売買が進んだ事例がいくつもあります。

今、活用の予定がない空き家を所有しているなら、外国人に空き家を売却するのも選択肢の一つとなっています。

一方で、外国人への空き家売却は日本人への売却よりもハードルが高い、というデメリットもあるようです。

本記事では、以下の内容について解説します。

本記事をお読みいただくことで、空き家を外国人に売却する具体的な方法がわかり、空き家の処分方法の選択肢の一つとして考えられるようになるでしょう。

しかし、外国人への空き家売却はハードルが高く難しいという要素もあるので、このようなときには買取専門の業者への売却がおすすめです

買取専門の業者であれば、買主を探す手間なく空き家を現金決済で迅速な買取できます。

さらに、株式会社アルバリンクであれば、他社よりも高値売却ができる可能性があります。

なぜなら、弊社は多くの専門家との連携で買取した空き家を迅速に商品化することができ、しかも投資家などへの独自販路も確立しているため、積極的な空き家買取をしているからです。

まずは、弊社アルバリンクの無料査定をご利用ください。

>>【空き家でも高額売却】無料の買取査定を依頼する

相続で困った不動産の売却は「訳あり物件買取プロ」へ!

相続でお困りの不動産でも高額で売れる!

以下のフォームから、無料で相続物件の高額査定を試す

空き家を買う外国人は増えている

近年、空き家を買う外国人は増えています。

法務省のデータによると、令和5年末における日本在留の外国人は、約341万人とされており、国籍別では最も多いのが中国、その次にベトナム・韓国と続き、地域別で最も多いのは東京、愛知、大阪となります。

参照元:出入国在留管理庁【法務省】

また、総務省の「令和5年(2023年) 住宅・土地統計調査」によると全国の空き家総数は、約900万戸と前回調査2018年より51万戸増と過去最高の数となっています。

空き家数及び空き家率の推移ー全国(1978年~2023年)

引用元:令和5年住宅・土地統計調査 調査の結果【総務省統計局】

日本に住む外国人の数が増えており、その分日本の不動産を購入する機会が増えていることは明らかです。

実際、外国人にとって日本の空き家は価格が手ごろで現金で購入しやすいことなどの要因で、外国人が空き家を購入するケースが増加しています。

増え続ける空き家対策の一つに、外国人への売却が解決の糸口になる可能性があります。

空き家に対する日本人と外国人の考え方の違い

空き家に対する日本人と外国人の考え方には、違いがあります。

欧米などでは、住宅は「ずっと改良をして使い続けるもの」という文化が根強く、市場で流通するほとんどの不動産は中古住宅となっています。

一方で、日本では新築住宅を好む傾向が強く、中古住宅は新築が高くて買えないときに購入するもの、さらに古い住宅をリユースする考えを持つ人は少なく、中古住宅でも築浅物件に圧倒的な人気があります。

これは、昔から木造住宅が普及する日本において築年数が進んだ住宅の老朽化は著しく、リフォーム等の費用負担が生じることや、そもそもリフォーム事態が面倒で新築ですぐに入居できるほうが気楽という風潮もあるからです。

また、政府として依然新築住宅の税制優遇(住宅ローン減税等)を中古住宅よりも厚遇していることによる住宅購入時のお得感の差も要因と言えます。

住宅ローン減税
住宅ローンを組むことで所得税や住民税が年末に還付される制度。
2024年現在、年末のローン残高に対して0.7%が還付されるが、新築は13年、中古は10年などの制度上の差がある。

参照元:住宅ローン減税【国土交通省】

よって、中古住宅である空き家に好んで居住する日本人は少なく、一方で現金で手軽に中古住宅が手に入る外国人にとっては格好の不動産となっています。

外国人に空き家が人気な3つの理由

外国人に空き家が人気となっている理由は、以下のとおりです。

値段が安い

日本の空き家が人気の理由は、家の値段が安いからです。

日本では築年数が古くなれば価格が安くなるのが一般的ですが、海外では古くなるほど価格が高くなるケースが多く、日本の空き家は外国人にとってお得感が強いのが理由となります。

例えば、ヨーロッパなどの家は日本のような木造ではなく、石造りの家が大半を占めます。
石造りの家は、木造の家に比べて圧倒的に長持ちします。

さらに、「古いものほど価値がある」という文化や街並み(景観等)を守る政策が各所で行われており、古いからと言って勝手に建物の解体はできず、メンテナンスを行わないと罰金を支払うケースもあります。

よって、家が新築で供給されることが少なく、さらに古い不動産ほど価値が上がるため、築100年や200年の中古不動産でも高値で取引されます。

しかし、日本の不動産は木造が主流であり、なおかつ築年数が古いほど価値が下がる傾向、さらに新築志向の住宅政策や文化が長年続いているため、空き家はどうしても値段が安くなります。

つまり、海外の中古不動産に比べて圧倒的な安さが外国人に人気がある理由の一つです。

現金で購入できる

空き家は値段が安いため、現金で購入できることも人気の一つです。

なぜなら、空き家は手頃な価格設定になっているため、永住許可がない外国人でもローンを使わずに購入できる可能性があるからです。

永住許可
外国人が在留期間を制限されることなく国内に居住できる権利。
永住許可が下りると日本への定住性が認められ、日本人と同じように住宅ローンが借りられる。

住宅ローンは、原則永住許可がある外国人でなければ借りることができないので、在留期間が短い外国人などはローンを使うことができません。

よって、必然的に手持ちの現金で購入できる不動産は限られてきます。
空き家は、立地や築年数にもよりますが手頃な金額で販売されているケースが多いため、外国人が手が出しやすい不動産となっています。

手軽に空き家を購入して「日本に定住したい」「日本文化を楽しみたい」という外国人に人気となっています。

自然豊かな場所を好む

外国人が自然豊かな場所を好むことあります。

なぜなら、観光で来日した外国人の多くは、東京や大阪などの都市よりも青森や秋田など自然豊かで人が少ない場所のほうが好印象という意見が多くあるからです。

つまり、多くの外国人が日本の豊かな自然環境を求めて来日しており、不動産についても同じような思いを持っている人が多いということになります。

よって、地方都市ほど空き家が多い日本の現状を照らし合わせると、自然環境豊かな住宅を求める外国人にはマッチしていると言って良いでしょう。

外国人が空き家を購入した3つの事例

本章では、実際に外国人が空き家を購入した事例についてご紹介していきましょう。

新中野の空き家を購入したアントンさん

新中野の空き家を購入したアントンさんの事例です。

引用元:TBS NEWS23【YOUTUBE】

スウェーデン出身のアントンさんは、新中野駅徒歩5分の空き家を約2000万円で購入しました。

購入した空き家を外国人向けの民泊施設に改装して活用しています。

アントンさんはこのように言っています。
「日本の不動産は安い、同じような立地でスウェーデンなら6000~7000万円する。またそもそも実家は築120年の家で、家を壊す文化がないから古くても家は価値があるもの。日本のように古いから安いはおかしい」

住まいをリユースする文化が根強い外国人だからこその意見と言えるでしょう。

茨城で空き家を購入したジャヤ・サーズフィールドさん

二つ目は、茨城で空き家を購入したジャヤ・サーズフィールドさんの事例です。

引用元:外国人が気がついた「日本の空き家」圧倒的な魅力【東洋経済】

オーストラリア出身のジャヤさんは、茨城県南部の田園地帯にある空き家を300万円で購入しました。

ジャヤさんには日本生まれの妻がおり、2017年ロンドンから日本に引っ越ししていました。

当初は、空地を購入して広い庭のある家を購入したいと計画していましたが、日本では土地が高く予算として無理であったので、安くて広さが取れる空き家に目を付けたということです。

外国では住宅をリユースすることが当たり前のため、購入当初は肩まで伸びた雑草が生い茂る空き家でも抵抗なく購入を進めています。

現在では、リフォーム工事を行い日々快適に暮らしています。

埼玉県北部地域で空き家を購入したズワンフスキー・フラレスさん

最後は、埼玉県北部地域で空き家を購入したズワンフスキー・フラレスさんの事例です。

引用元:日本テレビ NEWS EVERY【YOUTUBE】

フランス出身のズワンフスキー・フラレスさんは、日本人と結婚したことを機に純和風の空き家を購入しました。

築50年の家には、畳や雪見障子、欄間など和風テイストのものが多く一目見て気に入ったそうです。

幸い建物や内装の状態が良く、ほぼリフォームせずに居住できています。

外国人に日本の不動産を売却する方法

本章では、外国人に日本の不動産を売却する方法について解説します。

なお、空き家バンクや海外サイトへの登録が面倒、もしくは外国語がわからない場合には、迅速な売却が可能な専門の買取業者への売却がおすすめです。

買取では、サイトへの登録や外国語の理解は不要、買主探しも不要で現金決済であるなど、メリットが数多くあります。

また、他社より少しでも高く売却をしたいと思うなら、株式会社アルバリンクの利用がおすすめです。

弊社アルバリンクでは、空き家を商品化するノウハウと投資家などへの独自販路の確立により、積極的な買取ができるため、高値買取できる可能性があります。

実際、これまでご利用いただいた多くのお客様よりお喜びの声をいただいています。

相馬桂子
相馬桂子
2023-09-29
担当してくれた方がとても優しく 迅速に処理していただけてるので助かっております
豊田直子
豊田直子
2023-09-04
役場から空家の適切な管理をお願いしますと通知が来ました。早くどうにかしないとご近所に迷惑がかかると思いネットでアルバリンクさんを検索し相談しました。担当の野間さんが丁寧な対応で「一緒に頑張りましょう」と言って頂き、心強かったです。買取りもスピーディで、本当に感謝しています。ありがとうございました。
山本建夫
山本建夫
2023-09-01
二十数年前に四国(松山市内)の実家を相続しましたが、今後とも活用の予定がなく、処分(売却)する方向で地元(松山市)の不動産業者を中心に処分の相談をしていましたが、立地条件等の関係から話がまとまらず、困っていました。 そんな折、たまたまテレビ(フジテレビ系列)でアルバリンクさんの「空き家処分について」の放映が目に留まりました。早速、相談させていただこうと電話で土地と建物の現状を説明したところ、担当の方(池澤さん)が非常に親切で丁寧にご対応くださり、おかげさまで売買契約の締結に至りました。アルバリンクさんのテレビ放映を見るまでは、もう処分は無理かと諦めていたこともありました。 アルバリンクさん(担当:池澤さん)に出会えて本当に良かったです。感謝しております。ありがとうございました。
木村敏子
木村敏子
2023-08-12
このたびは、アルバリンク担当安藤様に大変お世話になりました。父の相続手続きで、一番ネックだったのが、10年近く空き家状態になっていた実家の処遇でした。地元の不動産屋数件にも現地確認に来てもらいましたが買い取りを断られ続け、更地にしてはどうか?と提案されましたが、数百万かけて解体しても、再建築不可の土地のため、売れるはずがないと途方に暮れていました。 そんな時、たまたまネット検索で訳あり物件買取プロがヒットし、安藤さんと数回お電話させていただき、とても親しみやすい方で親身に話を聴いていただいたことを覚えています。しかも、ラインで実家の写真や不動産関係書類を送信するだけで、こういった取り引きが成立することに、まずは驚きました。先祖代々引き継がれた、父母とも過ごした思い出の家でしたが、再建築不可の場所でもアルバリンクさんのおかげで、所有権移転登記することができました。誠に感謝申し上げます。 今回、アルバリンク様のおかげで売却できたこと、お盆のお墓参りで先祖にも報告できましたし、自分自身の気持ちもスッキリ軽くなりました。本当にありがとうございました!!
ちゃむ
ちゃむ
2023-07-28
再建築不可(家の側の道は原付が通れる幅しかない)、残置物あり、長年動物を飼育していたため家屋のダメージあり…と地元の不動産会社数件には相手にもされなかった実家の物件を藁にもすがる思いでアルバリンク様に相談させて頂きました。きっと断られるんだろうなと思いましたが、担当の池澤様から前向きな返答を頂きビックリした事を覚えています。 私が体調面で不安を抱えていた事も考慮して下さり、なるべく身体に負担のないようにスムーズに進めて下さいました。 リフォームするとしても数百万かかるだろうし、同じく数百万かけて解体しても使い道がなく税金が跳ね上がるだけの負の遺産を手放せた時には長年の悩みが無くなり肩の荷が下りました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。御丁寧に対応して下さり本当にありがとうございました。
森の熊
森の熊
2023-07-21
不動産の悩みは、同業多くあれどAlbaLinkさんは外さない方がいいです。担当者さんが親身で丁寧、LINEでリアルタイムに写真付きでやり取り出来て話も早い。安心して取り引き出来ます、たいへん助かります。
おはゆうちゃん
おはゆうちゃん
2023-06-28
再建築不可&傾いた古い家の処分で困ってました。 地元の不動産では相手にもされず、固定資産税の関係で更地にもできず、草抜きや隣家との対応など高年齢が近い夫婦ではとても日頃の管理は重労働でした。 こちらに相談したところ快く買い取っていただき、肩の荷がおりました。本当にありがとうございました。 担当いただいた菊池様の心遣いに感謝しております。
ウーティスメチウス
ウーティスメチウス
2023-06-09
横浜在住です。築50年以上の中国地方の再建築不可戸建てを相続し、不動産買取業者に聞いても断られ、処分に困っていました。必死の思いでネットで見つけたアルバリンクさんに査定依頼したところ、すぐに米長さんからご連絡をいただき、親身に相談にのっていただきました。一週間後には売買契約書に署名捺印の運びとなりました。本当に助かりました。

参照元:お客様の声【アルバリンク】

まずは、弊社アルバリンクの無料査定をご利用ください。

>>【空き家でも高額売却】無料の買取査定を依頼する

空き家バンクに登録する

外国人に売却する方法に、空き家バンクへの登録があります。

空き家バンク
空き家情報を掲載しているサイトで、自治体が運営するケースが多い。
誰でも簡単に登録でき、空き家に関する情報を広く公開できる。

空き家バンク空き家バンクに登録することで、空き家が欲しい外国人等が気軽に情報を閲覧できます。

また、実際空き家の内見申し込みがあった場合の一次対応や売買進む場合の宅建業者の紹介など、空き家バンクを運営する自治体は両者の仲介を行います。

なお、空き家バンクの利用には下記デメリットがあります。

・外国人がそもそも空き家バンクを閲覧する機会が少ない
・日本語を理解できない外国人は、取引を進められない

そもそも外国人が自治体の空き家バンクを閲覧する機会は、ほとんどないでしょう。

その理由は、空き家バンクは基本日本語表記であるため、理解できないケースが多いからです。

また、内見や売買契約は日本語で進めていきます。

特に、空き家バンクの内見対応は不動産業者ではなく売主個人が行うため、せっかく内見に外国人が来ても言葉が通じなければお互いの意思疎通ができない可能性が高いでしょう。

よって、空き家バンクに登録する方法はあるものの、日本語が理解できない外国人の利用にはハードルが高いのが現実です。

なお、空き家バンクの運営元についてくわしく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

空き家バンクは頼りにならない!本気で空き家を売却したいなら不動産のプロに相談
空き家の売却を考えている方へ向けて、空き家バンクの仕組みや利用するメリット・デメリットを解説します。この記事を読むと、空き家の売却に空き家バンクが適しているかどうかの判断がつくようになります。

海外の日本の空き家を紹介しているサイトに登録する

海外の日本の空き家を紹介しているサイトに登録する方法もあります。

海外のサイトに登録することで、日本の空き家に興味がある外国人に広く情報公開できます。

たとえば、以下のような海外サイトがあります。

Cheap house Japan

引用元:Cheap house Japan

一方で海外のサイトは、当然にその国の母国語で記載があるため、そもそも登録をしたいと思っても文章が理解できなければ難しいというデメリットもあります。

実際、登録を行えばメール等でのやり取りなどは当然に発生するため、その国の言語を完全に理解できなければ取引自体は難しいでしょう。

よって、海外サイトに登録する方法はあるものの、利用にはハードルが高いことがわかります。

外国人に空き家を売るのはハードルが高い

外国人に空き家を売るのは、ハードルが高いと言えます。

その理由は、空き家の売買を進めていくなかで言葉のやり取りが難しく、意思疎通が取りずらいからです。

不動産売買では、専門的な用語が多くあります。
一般の不動産仲介業者で外国語を話せる能力がある人が少ないことや、そもそも日本語を理解できる外国人でなければ取引自体を進められないからになります。

また、昨今では海外の不動産業者が通訳できるスタッフを仲介役として、外国人に日本の不動産を紹介するサービスもありますが、空き家を紹介しているケースはまだまだ少ないようです。

よって、外国人に空き家を売ることは、仕組みの構築が発展途上であるため、日本語の理解ができない外国人の場合には難しいと思っておきましょう。

空き家を簡単に売却する方法

ここまで、活用方法等に困っている空き家を外国人に売却する方法をご紹介してきましたが、結論としては外国人への売却はハードルが高く難しいことがわかりました。

では、もっと簡単に売却する方法はないのか?と気になるところですが、その方法があります。
買取専門業者に売却することで、空き家を簡単に処分できます。

なぜなら、買取専門業者は空き家のコンディションに関わらず、現金決済で買取ができるからです。
業者との直接取引になるので、買主を探す手間がないなど手続き自体が早いことが特徴となります。

一方で、仲介は一般消費者への売却となりますが、建物のコンデイションによりリフォームや解体工事が必要となるなど面倒な部分が多く、不動産として敬遠されてしまう傾向があります。
仲介と買取のイメージまた、そもそも空き家の場合は、買主が見つからずに売却できない可能性もあります。

よって、本章では空き家を簡単に売却する方法として【買取】をご紹介します。

なお、仲介と買取の違いについてくわしく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

仲介と買取の違いを日本一わかりやすく解説!あなたに最適な方法がわかる!
仲介と買取の違いをまとめた記事です。仕組み、売却の確実性、売却価格など各項目について両者を比較していき、メリットやデメリットについても理解していきます。また記事の後半では、仲介と買取はあなたにとってどちらが向いているかや両者の共通点、買取業者であるアルバリンクの買取事例などを紹介しています。

買取専門業者に売却する

空き家を簡単に売却する方法は、買取専門業者への売却がおすすめです。

買取
不動産業者が買主となり、売買を進めていく方法。
買取先が決まれば、最短1週間程度での現金化も可能。

空き家を買取業者に売却するメリットは、以下のとおりです。

・1週間から1か月程度で売却できる
・売却のための費用がかからない
・契約不適合責任が問われない

専門の買取業者に売却するメリット

専門の買取業者は、空き家の立地や状態などを気にすることなく買取するので、買取業者さえ見つかれば最短1週間程度での現金化が可能です。

さらに、仲介では売却成立時に仲介手数料があるなど売却のための費用がかかりますが、買取では一切かかりません。

加えて、売買成立後に契約不適合責任を問われることがなく、引き渡し後も安心感があります。

契約不適合責任
買主が売買契約前に思ったような物件でなかったときに、売主に異議申し立てをできる権利。
買主には、修補・代金減額請求・損害賠償請求・契約解除の4つの権利がある。

契約不適合責任

このように買取業者への売却にはメリットが多いため、居住や活用予定のない空き家は迅速な売却ができる買取がおすすめです。

空き家の売却はアルバリンクにお任せ

空き家の売却は、株式会社アルバリンクにお任せください。

なぜなら弊社アルバリンクでは、各専門家との連携により空き家買取を迅速に行い、他社よりも高値買取りできる可能性があるからです。
専門の買取業者は各専門家と連携があるこれにより、買取した空き家を迅速に商品化するスキームと、商品化した空き家を投資家などへの独自販路を確立しているので積極的な空き家買取ができています。

空き家の買取から再販までの流れができている弊社アルバリンクは、多くの空き家を買取できる体制になっているため、他社よりも高値買取ができます。

なお、弊社アルバリンクには「20年以上放置されて老朽化が進んだ空き家」や「不用品で室内があふれてしまっている空き家」を買い取った事例があります。

【20年以上放置された空き家の買取事例】

【不用品で室内があふれてしまっている空き家の買取事例】

引用元:アルバリンクの空き家買取事例

20年以上放置された空き家については780万円で買取らせていただき、所有者には「雨漏りもするような家だったが、思ったより高い金額で買い取ってもらえた」と、金額についても満足していただけました。

また、不用品で室内が溢れてしまっている空き家の所有者は、他の不動産業者から「不用品の回収だけで100万円近くかかる」と言われ、途方に暮れていたそうです。
それだけに「(弊社に)そのまま買い取ってもらえてとても助かりました」と言っていただけました。

上記の方々だけでなく、弊社に買取依頼をしていただいたお客様からは「肩の荷が下りた」「色々不安だったがスムーズに売却できた」といった感謝の言葉を多数いただいております(下記Google口コミ参照)

相馬桂子
相馬桂子
2023-09-29
担当してくれた方がとても優しく 迅速に処理していただけてるので助かっております
豊田直子
豊田直子
2023-09-04
役場から空家の適切な管理をお願いしますと通知が来ました。早くどうにかしないとご近所に迷惑がかかると思いネットでアルバリンクさんを検索し相談しました。担当の野間さんが丁寧な対応で「一緒に頑張りましょう」と言って頂き、心強かったです。買取りもスピーディで、本当に感謝しています。ありがとうございました。
山本建夫
山本建夫
2023-09-01
二十数年前に四国(松山市内)の実家を相続しましたが、今後とも活用の予定がなく、処分(売却)する方向で地元(松山市)の不動産業者を中心に処分の相談をしていましたが、立地条件等の関係から話がまとまらず、困っていました。 そんな折、たまたまテレビ(フジテレビ系列)でアルバリンクさんの「空き家処分について」の放映が目に留まりました。早速、相談させていただこうと電話で土地と建物の現状を説明したところ、担当の方(池澤さん)が非常に親切で丁寧にご対応くださり、おかげさまで売買契約の締結に至りました。アルバリンクさんのテレビ放映を見るまでは、もう処分は無理かと諦めていたこともありました。 アルバリンクさん(担当:池澤さん)に出会えて本当に良かったです。感謝しております。ありがとうございました。
木村敏子
木村敏子
2023-08-12
このたびは、アルバリンク担当安藤様に大変お世話になりました。父の相続手続きで、一番ネックだったのが、10年近く空き家状態になっていた実家の処遇でした。地元の不動産屋数件にも現地確認に来てもらいましたが買い取りを断られ続け、更地にしてはどうか?と提案されましたが、数百万かけて解体しても、再建築不可の土地のため、売れるはずがないと途方に暮れていました。 そんな時、たまたまネット検索で訳あり物件買取プロがヒットし、安藤さんと数回お電話させていただき、とても親しみやすい方で親身に話を聴いていただいたことを覚えています。しかも、ラインで実家の写真や不動産関係書類を送信するだけで、こういった取り引きが成立することに、まずは驚きました。先祖代々引き継がれた、父母とも過ごした思い出の家でしたが、再建築不可の場所でもアルバリンクさんのおかげで、所有権移転登記することができました。誠に感謝申し上げます。 今回、アルバリンク様のおかげで売却できたこと、お盆のお墓参りで先祖にも報告できましたし、自分自身の気持ちもスッキリ軽くなりました。本当にありがとうございました!!
ちゃむ
ちゃむ
2023-07-28
再建築不可(家の側の道は原付が通れる幅しかない)、残置物あり、長年動物を飼育していたため家屋のダメージあり…と地元の不動産会社数件には相手にもされなかった実家の物件を藁にもすがる思いでアルバリンク様に相談させて頂きました。きっと断られるんだろうなと思いましたが、担当の池澤様から前向きな返答を頂きビックリした事を覚えています。 私が体調面で不安を抱えていた事も考慮して下さり、なるべく身体に負担のないようにスムーズに進めて下さいました。 リフォームするとしても数百万かかるだろうし、同じく数百万かけて解体しても使い道がなく税金が跳ね上がるだけの負の遺産を手放せた時には長年の悩みが無くなり肩の荷が下りました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。御丁寧に対応して下さり本当にありがとうございました。
森の熊
森の熊
2023-07-21
不動産の悩みは、同業多くあれどAlbaLinkさんは外さない方がいいです。担当者さんが親身で丁寧、LINEでリアルタイムに写真付きでやり取り出来て話も早い。安心して取り引き出来ます、たいへん助かります。
おはゆうちゃん
おはゆうちゃん
2023-06-28
再建築不可&傾いた古い家の処分で困ってました。 地元の不動産では相手にもされず、固定資産税の関係で更地にもできず、草抜きや隣家との対応など高年齢が近い夫婦ではとても日頃の管理は重労働でした。 こちらに相談したところ快く買い取っていただき、肩の荷がおりました。本当にありがとうございました。 担当いただいた菊池様の心遣いに感謝しております。
ウーティスメチウス
ウーティスメチウス
2023-06-09
横浜在住です。築50年以上の中国地方の再建築不可戸建てを相続し、不動産買取業者に聞いても断られ、処分に困っていました。必死の思いでネットで見つけたアルバリンクさんに査定依頼したところ、すぐに米長さんからご連絡をいただき、親身に相談にのっていただきました。一週間後には売買契約書に署名捺印の運びとなりました。本当に助かりました。

また、弊社はお客様からの評価が高いだけでなく、不動産買取業者としては数少ない上場企業でもあり、社会的信用も得ています。

信頼できる買取業者に安心して空き家を売却したい方は、ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください。

>>【空き家でも高額売却】無料で買取査定を依頼する

空き家の買取についてくわしく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

「空き家買取」を完全網羅!買取業者選びや相場・買取のメリットなど徹底解説
空き家買取に関する情報を一覧で紹介【知りたい情報がすぐわかる】 この記事では空き家の買取におけるあらゆる情報を網羅的に載せています。 そこで、あなたが今一番知りたい内容をすぐ確認できるように、記事の内容を一覧にしました。 どこから...

まとめ

本記事では、空き家を外国人に売却する方法や実際の事例についてご紹介してきました。

昨今では、値段が安いなどの理由により日本の空き家を購入する外国人が増加傾向で、空き家問題の解消が期待されています。

しかし、そもそも取引自体はまだまだ少なく、外国人が日本語を理解できなければ取引自体も難しいという実情があります。

つまり、空き家の活用方法で外国人への売却はまだまだ現実的ではなく、売却できたとしても取引自体のハードルが高いので、取引完了に時間や手間がかかることもあるでしょう。

よって、空き家の売却は専門の不動産業者への売却がおすすめです。
専門の買取業者は、空き家の状態や立地等を気にすることなく、現金決済で迅速な買取を進められます。

また、株式会社アルバリンクは、空き家の積極的な買取で他社よりも高値売却ができる可能性があります。

実際、空き家など訳あり不動産を高く買い取る不動産業者としてフジテレビ「イット」など、多くのメディアで取り上げられています。

イットで紹介されました

まずは、弊社アルバリンクの無料査定をご利用ください。

>>【空き家でも高額売却】無料の買取査定を依頼する

監修者
株式会社AlbaLink代表取締役の河田憲二です。同社は空き家や事故物件などの売れにくい不動産の買取再販を行う不動産業者です。同社が運営しているサービスサイトである「訳あり物件買取プロ」の運営者も務めています。同社は東京証券取引所東京プロマーケット市場にも上場している不動産会社になります。

    物件種別必須
    物件住所必須

    お名前必須
    電話番号
    メールアドレス必須
    備考

    個人情報の取扱いについて」に同意の上、送信してください。

    簡単入力30秒
    訳あり物件の売却は
    今すぐご相談ください
    未分類
    この記事をシェアする
    facebook twitter
    訳あり物件買取プロ
    タイトルとURLをコピーしました