再建築不可物件

「敷地設定」で他人の土地を利用して再建築可能に!重要ポイントをまるっと解説

「敷地設定」は、他人地を自分の敷地として建築確認申請をおこなうこと 敷地設定とは、「他人の土地(他人地)を自分の敷地として建築確認申請を行うこと」です。 詳しくはこれから解説しますが、土地の広さや形状等によって建築や...
再建築不可物件

私道に接する土地が再建築不可か3分でわかる!確認方法と対処法を伝授

自宅の前面道路が私道でも、建築基準法上の道路に該当し、かつ2m以上接しているなら建て替えは可能です。本記事では、私道の概要・私道に接する土地が再建築不可かどうかの調べ方・私道の建て替えに関する同意書について解説します。
再建築不可物件

再建築不可物件にありがちなトラブル9選!あなたに最適な解決方法も紹介

再建築不可物件でありがちなトラブル9選 再建築不可物件とは、今ある建物を壊すと新しく建設ができない不動産を指します。 再建築不可になる理由はいくつかありますが、多くは「接道義務」を果たしていないケースです。 接道義務とは「...
再建築不可物件

再建築不可のアパートを賃貸経営する5つのリスクと対処法を専門家が解説

再建築不可のアパートで賃貸経営を行うリスクや更地にして活用する方法、再建築不可のアパートの売却方法を解説します。この記事を読むと、一般の買手が見つかりにくい再建築不可アパートをスピーディーに売却できるようになります。
共有名義不動産

共有不動産の管理費用の負担は誰に?無駄に払っていませんか?

共有不動産の管理費は誰が負担するのか、立て替えた管理費を他の共有者が支払ってくれない場合にはどうしたらよいのかについて解説します。この記事を読むと、共有不動産の管理費の負担割合や支払い方法が分かります。
再建築不可物件

再建築不可物件は住宅ローンを組めるのか

再建築不可物件は住宅ローンが組める? 結論として、再建築不可物件のローンを金融機関で組むのは難しいといえます。融資を行うか否かの判断は最終的に金融機関が行うため皆無であるとは言い切れませんが、住宅ローンとしての融資を受けることができる可能...
再建築不可物件

再建築不可物件は火災保険に入れる?万が一に備えて火災保険の重要性を解説

再建築不可物件でも火災保険に加入できる 再建築不可物件は、建築基準法で定められた接道義務を満たしてないため、敷地が接する道路の道幅が狭く、火災が起きた際、消防車が入れない恐れがあります。 参照元:建築基準法第42条・第43条 ...
再建築不可物件

位置指定道路を3分で解説!再建築不可になる理由と対処方法もご紹介

所有する物件と接する道路が「位置指定道路」に該当し、かつ敷地と2m以上接していれば、再建築可能な物件に該当します。本記事では、位置指定道路の基準・再建築不可になるパターン2選・トラブルの解決方法2選・再建築不可物件のまま売却する方法について解説します。
再建築不可物件

再建築不可物件の救済措置とは!?建築可能にする方法や売却方法も紹介

再建築不可物件を建て替え可能にする救済措置、自分では救済措置を行えない場合の対処方法について解説します。この記事を読むと、再建築不可物件に関するあらゆるお悩みから解放されます。
共有名義不動産

共有持分のリスクをすべて公開!あなたに最適な処分方法も見つかる!

共有持分とは?3つの事例でわかりやすく解説 共有持分とは、不動産に対して各共有者が持つ「所有権」の割合のことを言います。 不動産を共有で所有していると言っても、物理的に「Aさんの持ち分はここまで」「Bさんの持ち分はここまで」というように...
タイトルとURLをコピーしました