訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

西岡容子司法書士

共有持分

共有持分の不動産評価を分かりやすく解説!実際いくらで売れるのか?

相続などの原因で親族と不動産を共有することになった、または何らかの理由で他人と共有しているという人は、自分の共有持分がどのような価格に評価されるのかが気になるのではないでしょうか。 では、共有持分の資産価値は実際どうなっているのか? ...
共有持分

親子で共有名義になっている不動産に注意!認知症リスクと対策方法

親子で不動産を共有している状態は決して珍しいことではありません。 ただ、その状態をずっと維持したまま親が高齢になってくると、予想もしていなかったリスクにさらされることがあり、そのためできれば早期に共有関係を解消した方が良いケースもあり...
共有持分

兄弟間で不動産を共有してはいけない3つの理由!具体例と解決策

兄弟で不動産を共有することになるきっかけはいくつかありますが、その代表的なものは「親から相続した不動産を共有で相続登記した」ことによるものでしょう。 遺産分割協議がなかなかまとまらなくて「とりあえず共有にしておこう」のように安易に考え...
共有持分

離婚に伴う財産分与のキーポイントは住宅ローンの残債

夫婦の3組に1組が離婚すると言われている現代にあっては、2人が共有していた財産をどのように分けるかというのはとても大切、かつ大変な問題です。 特に住宅ローンを組んで不動産を購入した夫婦は、自分たちが納得するだけでなく、第三者である銀行...
共有持分

離婚時に共有名義になっている不動産の住宅ローンはどうすればよいのか?

夫婦共働きが常識になりつつある昨今、不動産を夫婦共有名義で購入することも珍しくありません。 しかし、離婚する場合に共有名義不動産があるとやはり手続きが煩雑になることを覚悟しなくてはならないのです。 住宅ローンが残っている場合はなおさ...
共有持分

不動産を相続人の共同(共有名義)で相続登記をすることは可能なのか?

不動産を相続した場合、どのように分けるかという点が悩みの種になりがちです。 誰か1人の相続人が不動産を取得して、他の人が金銭を相続できるのであればよいのですが、十分な現預金がない場合も考えられます。 では、不動産を共同(共有名義...
共有持分

共有者が認知症を患っている場合の不動産売却方法

高齢化社会の進行に伴って、認知症患者の数もおそらく今後増え続けるであろうと考えられます。 そこで大きな問題になるのが、契約等の「法律行為」を行いたい場合にどうするのか?ということです。 そのままの状態では重要財産の売却等ができないた...
共有持分

共有名義の不動産売買に必要な委任状の作成方法と書式例

親子、夫婦、兄弟や他人など、誰かと1つの不動産を「共有名義(2人以上の名義)」で持っている場合は、売買の手続きが通常より若干大変になります。 なぜなら、不動産の権利移転は重大な法律的行為であり、共有者といえども勝手に一部の共有者が全体...
共有持分

共有持分は持ってるだけでハイリスク!対策を解説

不動産についてある程度の知識がある人であれば「共有にすることは望ましくない」という意見を持つことが多いと思います。 共有持分を持つということは他の共有者との関係で非常に大きなリスクを背負ってしまうことがあるため、やむなく共有にする場合...
共有持分

離婚前の別居中でも不動産を売却することは可能なのか?

結婚後に不動産を購入していたものの、やむなく離婚を考えることになってしまった場合、不動産の行方がどうなるのかは大きな問題です。 中には夫婦のどちらかが家を出て行き別居中であるが、出ていった方の当事者が、自分が居住していない間に不動産が...
タイトルとURLをコピーしました