訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

西岡容子司法書士

共有持分

共有不動産の登記時、費用負担はどれくらいになるかわかりやすく解説

不動産に関する法律上の権利を取得した場合、「登記」をすることによってその権利を誰に対しても主張できるようになります。 登記をする場合は法務局に納める「税金(登録免許税)」や司法書士に依頼した場合の「報酬」がかかり、これらを合わせて「登...
相続物件

小規模宅地の特例は相続税にどう影響するのかわかりやすく解説

相続税は、ある人が亡くなった時(相続開始時)に「一定の金額以上の相続財産(遺産)」があると申告、納税の義務が発生するものです。 相続が開始した数全体の中で相続税が発生するのは全体の1割未満ですので決して多くはありませんが、財産構成が不...
底地

契約書が無い場合、底地・借地契約や売却はできるのかわかりやすく解説

不動産の本などを読んでいると、「底地」や「借地」という言葉がしばしば出てきます。 これらは大まかに言えば土地の権利の貸し借りに関する用語なのですが、これらについては現在の法律ではさまざまな借り方の形態がありますので、それぞれの特徴を理...
個人間売買

不動産の個人売買は宅建業法に違反する?個人売買のメリットや注意点までわかりやすく解説

おそらく、人生の中で一度か二度しか不動産を売り買いしない人が大半でしょうから、そのような人はあまり「宅建業法」を意識したことはないでしょう。 一定の条件のもとに自ら不動産の取引をしたり他人の取引の媒介や代理をしたりする場合には、「宅地...
共有持分

共有名義における家族信託とは?活用例や注意点をわかりやすく解説

高齢化社会が進むにつれ「認知能力が低下した人の財産管理をどうするか?」の問題が深刻化してきています。 現状「成年後見制度」という高齢者の財産管理をサポートする制度が存在し、家族や法律家、社会福祉士などが後見人に就任しています。 ...
立ち退き

強制退去にかかる費用の目安はどれくらい?押さえておきたいポイントも徹底解説

「強制退去」というのは、家賃をどうしても払ってくれない滞納者に物件を引き払ってもらうことですが、もともと滞納している状況の人が自ら退去に応じるとは考えにくいですし、強制的に出て行かせることはそう簡単ではありません。 では、督促から始ま...
立ち退き

立ち退き交渉の流れから、代行利用のメリットデメリットまで徹底解説

大家業をしていると本当に色々な借主に出くわすものです。 中でも一番多く想定されるトラブルは家賃滞納ですが、利用方法が契約に違反している、近隣に迷惑をかける行為をしているなどさまざまな事例があります。 大家側がこれ以上賃貸借契約を...
個人間売買

個人売買における契約不適合責任とは?注意点をわかりやすく解説

個人売買をする場合の法的ルールは民法の「債権法」に定められていますが、この規定が2020年4月から大きく変わりました。 特に売主側については責任が重くなった部分もあり、後から思わぬ責任が生じるのを防ぐ意味でも正しく理解しておく必要があ...
共有持分

共有物分割請求を起こして権利濫用になるのはどんな場合か、わかりやすく解説

不動産を夫婦や親子、兄弟などで共有している事例は少なくありません。 平和に過ごしている間は特に問題も起こらないかもしれませんが、関係が悪化した場合、その関係から離脱したいと考える人が出てくることもあります。 では、共有を解消した...
共有持分

共有物分割請求で出た判決は控訴できるのかわかりやすく解説

複数人の共有となっていた不動産を分割しようとすると、まず話し合いを試みる必要があります。 それでも解決方法が見つからない場合、最後はやむなく訴訟までいくことになりますが、その結果について不満が残る共有者もいるでしょう。 そのよう...
タイトルとURLをコピーしました