空き家

空き家

空き家の売主が負う契約不適合責任|手間なく免責できるのは買取売却

民法改正によって変化した売主の責任 令和2年(2020年)4月1日に民法が改正され、「瑕疵担保責任」は「契約不適合責任」に変わりました。 瑕疵担保責任から契約不適合責任に改正されたことで、買主にとっては空き家などの中古住宅を購入しや...
空き家

空き家バンクは頼りにならない!本気で空き家を売却したいなら不動産のプロに相談

空き家バンクは売主と買主のマッチングシステム 空き家バンクとは、以下のような仕組みで、空き家の売主と買主を巡り合わせるシステムです。 自治体が空き家の売却を希望する所有者に情報を募る 所有者から届いた空き家情報を、購入...
空き家

空き家放置は損しかない|今すぐ適切管理or買取売却

所有者が空き家を活用せず放置するリスク5選 空き家所有者は常にリスクを負っています。ここでは空き家所有者が負う、主なリスク5つについて説明します。 無駄な費用をかけ、リスクを負いながら空き家を放置せず、活用方法を決めるか、早めの売却...
空き家

使わない空き家はどうするのが正解か|空家の状態に合わせた処分方法

日本の空き家問題は今後どうなるか 日本の空き家は増え続けている 総務省統計局による「平成30年住宅・土地統計調査」によれば、日本の空き家と空き家率は、どちらも増え続けていることがわかります。 参照元:平成30年住宅・土地統計調査 ...
空き家

空き家補助金を自治体の実例と共に解説!買取売却なら高額工事費不要

空き家の補助金制度ができた背景 近年話題となっている空き家問題解決のため、「空家等対策の推進に関する特別措置法」(特措法)が施行されました。適正管理がされず放置された空き家は、地域住民の生活環境に防犯上、景観上、衛生上の悪影響を与え、その...
空き家

国の空き家問題対策と所有者が行うべき対策|使わない空き家は売却へ

日本の空き家問題について 国土交通省は空き家対策特別措置法(2014年11月27日公布)にて、1年以上住んでいない、または使われていない家を「空き家」と定義しています。 具体的な判断基準は大きくまとめると以下の3つです。 ...
空き家

相続空き家の売却額から3000万円控除|条件と申請方法

通称「空き家特例」は、相続した空き家を売却すると、譲渡所得から3000万円控除される制度 相続で得た空き家を売却したとき、条件を満たせば譲渡所得税が3000万円控除されます。この制度を「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控...
空き家

空き家所有者は要注意|空き家対策特別措置法と多額の維持管理費用

空き家対策特別措置法の概要 空き家対策特別措置法は、「空き家所有者には空き家の管理責任があること」「国や地方公共団体は空き家活用を促進する取り組みを行うこと」2点について主に定めています。空き家の発生抑制と活用拡大を促進することで、公共の...
空き家

相続空き家の管理責任から解放されたいなら、相続放棄より売却

相続放棄とは 相続放棄とは、亡くなった親などが残した一切の資産や負債を引き継ぐことをせず、相続人の立場から離れることです。 空き家だけを相続放棄することはできない 相続放棄をする場合は、空き家だけでなく全ての相続財産を放棄する必要があ...
空き家

実用的ではない相続土地国庫帰属法|買取での売却も要検討

相続土地国庫帰属法とは 相続土地国庫帰属法とは、相続等によって土地の所有権又は共有持分を取得した者等が、法務大臣の承認を受けて、土地の所有権を国庫に帰属できる制度です。(令和5年(2023年)4月27日施行) 国内にある所有者不明土...
タイトルとURLをコピーしました