その他

その他

未登記建物も売買できる!注意点や売買契約書の書き方まで徹底解説

未登記建物とは建築を公に登録していない建物のこと 未登記建物とは、建物を建てたことを公的に登録していない(表題未登記)状態で、不動産の所在地や所有者がわからない建物のことです。 未登記建物の所有者は、本来は登記するこ...
その他

違法建築の売買は合法!間違えて買ってしまった場合の確実な売却方法

違法建築は、再建築できない、家事や地震の被害が甚大になりやすい、行政からの罰則の対象になる等、多くのリスクがあるため、なかなか買手がつきません。売れない違法建築を手放したいのであれば、専門の不動産買取業者に直接売却してしまいましょう。
その他

債権と債務を世界一わかりやすく解説します

債権と債務を定義 債権と債務について、最初に基本的な意味と違い確認しておきましょう。 債権とは? 債権とは「契約などの発生原因に基づき、特定の人に一定の行為を請求する権利」と定義されます。 わかりやすく説明すると、売買契約を締結...
その他

法定地上権を日本一わかりやすく解説|成立要件や地代の決定方法

法定地上権は建物所有者が土地を利用するために必要 法定地上権は、競売によって土地と建物の所有者が別々になったときに成立し、建物所有者(建物の落札者など)が土地を利用することを認める権利です。 参照元:民法第388条(法定地上権)...
その他

差し押さえられた不動産の所有移転をわかり易く解説!任意売却で競売を回避

差し押さえられた不動産の売却(所有権移転)は、理論上可能です。しかし、差し押さえられた不動産を購入したい人なんて滅多にいません。そのため、差し押さえられた不動産を売却する方法は、債務を完済し差押登記を抹消するか、任意売却するかの2択です。
その他

不動産の差押え登記の解除要件と手続きを司法書士が徹底解説

金融機関や公的機関に不動産を差し押さえられた場合の解除要件と手続き、ローンを完済できないときの対処法について解説します。この記事を読むと、差押え登記をスムーズに解除できる方法が分かります。
その他

差し押さえられた不動産も「任意売却」で競売を100%回避【完全保存版】

「差し押さえられた不動産」を簡単に解説 「不動産を差し押さえられた!」とはいっても、具体的にどのようなことが待ち受けているのか、ご存知でしょうか。 詳細は不動産が差し押さえられると起きることで解説しますが、差し押さえられた不動産は最...
タイトルとURLをコピーしました