事故物件

事故物件

1番賢い心理的瑕疵物件の売却方法|おすすめ買取業者と注意点も教えます

事故物件を売却する時の告知義務と価格相場 不動産取引で営業する不動産会社(宅地建物取引業者)には、買主の判断に重要な影響を与える事項を、隠さず正しく伝える告知義務があり、人の死の告知にはガイドラインもあります。 参照元:宅地建物取引業者...
事故物件

事故物件の家賃はなぜ安い?告知義務の有無や家賃を上げる方法も解説!

事故物件の家賃相場が通常よりも20~30%ほど安い理由 事故物件とはいえ、法律上、家賃を下げる必要はありません。しかし現実的に以下のような理由が横たわっていることから、相場よりも20~30%ほど家賃を下げるという特典をつけなければ入居者が...
事故物件

孤独死の家賃減額と大家が取るべき対処法・対策とは?

孤独死は年々増えている 単身世帯での異常死(医師の診療を受けずに死亡したなど検案・解剖が行われたもの)について、東京都監察医務院から東京23区の統計が公表されています。 いわゆる自然死とは限りませんので、厳密な意味での孤独死とはなり...
事故物件

事故物件が売れないのは方法を間違っている!高く売却するコツを解説

事故物件が売れないのは売却方法を間違えているからです。事故物件の条件から適切な売却方法を選び、少しでも高く早く売却しましょう。この記事では事故物件の売却方法から告知義務や違反した場合どうなるか。高く売るコツなどをお伝えします。
事故物件

事故物件の売却相場はいくら?告知義務の定義や売却時の注意点についても解説

売却前に知っておきたい事故物件の定義 そもそも事故物件とはどのような不動産を指すのか、あまりよく知らない方も多いでしょう。そこでまずは、事故物件の定義について解説します。 亡くなった状況によっては事故物件に該当しないこともあるため、...
事故物件

事故物件の基準と死因別・死亡場所別の告知義務を理解しよう!

事故物件とは主に心理的瑕疵のある不動産 一般に、本来の機能や性能が備わっておらず、欠陥・不具合があることを瑕疵(かし)といい、広義の事故物件とは、不動産に何らかの瑕疵がある状態のことです。 法律上で事故物件の定義があるわけではなく、...
事故物件

孤独死で事故物件になる基準を解説!売却時の告知義務の範囲と注意点

孤独死は事故物件にあたらないこともあります。この記事では孤独死が事故物件になる条件や事故物件の告知の必要性や範囲、孤独死が起きた時の対処から相続までお伝えします。
事故物件

心理的瑕疵にあたる嫌悪施設の一覧|告知義務や売買価格への影響を解説

心理的瑕疵とは買主や借主が心理的に抵抗を感じること 心理的瑕疵とは、不動産取引売買時において買主や借主が心理的に抵抗を感じるような建物の欠陥や問題のことです。 たとえば殺人事件があった不動産に住む場合、暮らしには問題はないものの心理...
事故物件

事故物件の買取は専門業者に依頼すべき|売却時の注意点と高く売るテクニックを解説

事故物件の売却は「仲介」より「買取」が向いている 事故物件をなるべく良い条件でできるだけ早く売りたいなら、仲介ではなく買取での売却がおすすめです。そもそも仲介と買取はどう違うのでしょうか? 買取と仲介の違い 買取と仲介の大きな違いは「...
事故物件

敷地境界線のトラブルが発生!対処法についてわかりやすく解説

敷地境界線とは? 敷地境界線は字の通り、敷地と敷地の境目となる線のことです。 古くからの住宅地では、測量技術が発達していなかった時代に歩幅で計測した曖昧な境界線のまま・・ということも珍しくありません。 昔は現代ほど地価...
タイトルとURLをコピーしました