共有名義不動産

共有名義不動産

共有不動産の持分を遺言書で相続する方法!遺言書の書き方や注意点を解説

そもそも遺言書とは? 遺言書とは、遺言者(遺言を書く人)が生前に「自身の財産を誰に、どのように残すか」という意思を書面に残すことです。 遺言書には、一般的に使われるものとして「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つがあ...
共有名義不動産

家が共有名義のまま離婚したら住宅ローンや家の所有権はどうなる?

家が共有名義のまま離婚したらローンの支払いや家の所有権はどうなる? 離婚しても住宅ローンの支払いは続きますが、状況によって異なります。 住宅ローンを借りて家を購入する場合は、以下の4つのケースが代表的です。 「ローンは...
共有名義不動産

共有持分の相続登記を司法書士が簡単解説!申請手順や登記後のリスクを網羅

被相続人の単有不動産を複数人で相続登記することは可能 被相続人(財産を残して亡くなった人)が生前、1人で所有していた不動産を、複数人の法定相続人(民法上の遺産を受け継ぐ人)が共有名義として相続登記をすることは可能です。 たと...
共有名義不動産

共有者が認知症を患っている場合の不動産売却方法

認知症患者は法律行為を行うことが出来ない ある人が認知症を患ってしまった場合、一定以上に症状が重くなると一切の法律行為ができなくなります。 法律行為という言い方をすると、高額財産の売買だけを連想しがちですが、広義に解釈するなら、日常...
共有名義不動産

共有名義の不動産売買に必要な委任状の作成方法と書式例

共有名義の不動産売買に必要な委任状の作成方法や流れ、作成時の注意点、委任状では対応できないケースを解説します。委任状の雛形も掲載しているので、この記事を読むと共有不動産を売買する際に委任状をスムーズに作成できるようになります。
共有名義不動産

未成年と共有している不動産の売却方法

未成年者は単独で不動産売却ができない 未成年者は、民法により単独で売買等の法律行為をできないことになっています(民法5条1項)。 未成年者は判断能力が未熟であり、本人に任せると損害を受けてしまうおそれがあるためです。 未成年者を保...
共有名義不動産

共有不動産の管理費用の負担は誰に?無駄に払っていませんか?

共有不動産の管理費は誰が負担するのか、立て替えた管理費を他の共有者が支払ってくれない場合にはどうしたらよいのかについて解説します。この記事を読むと、共有不動産の管理費の負担割合や支払い方法が分かります。
共有名義不動産

共有持分のリスクをすべて公開!あなたに最適な処分方法も見つかる!

共有持分とは?3つの事例でわかりやすく解説 共有持分とは、不動産に対して各共有者が持つ「所有権」の割合のことを言います。 不動産を共有で所有していると言っても、物理的に「Aさんの持ち分はここまで」「Bさんの持ち分はここまで」というように...
共有名義不動産

共有名義の不動産の火災保険や地震保険料は誰が支払う?受取人は?

火災保険をサクッと解説 「住宅を所有していたら当然火災保険に加入する」 そう思っていても、実は火災保険のことを詳しく知らない方も多いでしょう。 まずは火災保険とは何を補償してくれるどのような保険なのか、知っておきましょう。 ...
共有名義不動産

共有者の自己破産で共有持分が競売にかけられた時の対策

自己破産について要点解説 自己破産とは、裁判所に申立をしてすべての負債を免除してもらう手続きです。 クレジットカードや消費者金融、住宅ローンなどの負債は全額免除されます。 その代わり、破産者の「財産」は一部を除いて処分され...
タイトルとURLをコピーしました