違法物件

未登記建物は売買できるのか?注意点や売買契約書の書き方まで徹底解説

そもそも未登記物件とは? 登記とは、物や事柄の権利を社会に示す(公示する)ための制度で、企業などの法人の権利や後見人の権利、債権を譲渡する権利などの権利の保証や、土地や建物などの権利関係を明らかにする制度です。法務省が所管する登記所(法務...
違法物件

違法建築の建物は売買できるのか?

どんなケースが違法建築? まずは、どんな建築が違法建築に該当するのかをご紹介していきます。 違法建築とは、建築基準法を始めとした法律や条例に違反している建築物のことです。建物を建築する際には建築確認申請を行う必要がありますが、建築確認は...
再建築不可

再建築不可物件は売却できる?相場価格や業者選びのポイントをご紹介

再建築不可物件でも売却できる? 再建築不可物件でも売却は可能です。ただし、土地の活用が難しいため相場価格比べて低い金額での売却となるのが一般的です。その理由をご紹介していきましょう。 建て替えができない 売却価格が下がる最も大きな理由...
共有持分

未成年と共有している不動産の売却方法

未成年者は単独で不動産売却ができない 未成年者は、民法により単独で売買等の法律行為をできないことになっています(民法5条1項)。 未成年者は判断能力が未熟であり、本人に任せると損害を受けてしまうおそれがあるためです。 未成年者を保...
再建築不可

敷地設定とは?他人の土地を利用して建築可能にする

そもそも敷地設定とは? まずは、キーワードである敷地設定とはどのような内容なのかをご紹介していきます。 他人地を自分の敷地として建築確認申請を行うこと 敷地設定は一言で言ってしまうと「他人の土地を自分の敷地として建築申請を行うこと」で...
再建築不可

その物件は再建築不可かも!?私道の注意点をわかりやすく説明

私道って何?他の道路と何が違う? 「私道」とは個人の所有する土地に作られている道路です。当然、誰が通行するかを土地の所有者が制限することもできます。 私道の管理は土地の所有者が行い、通行制限も可能なので「ここは私道です」「関係者以外通行...
再建築不可

再建築不可物件購入後に起こりがちなトラブルはどんなものがあるか

再建築不可物件で起こりがちなトラブル 再建築不可物件で起こりがちなトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。代表的な事例をご紹介していきます。 隣地との境界の認識が違う 再建築不可物件を購入したら、隣地の所有者に自分の土地だと思っ...
再建築不可

再建築不可のアパート経営に潜むリスクとは?有効な活用方法はあるのか

再建築不可のアパート経営に進むリスク 再建築不可物件とは、文字通り一度取り壊すと同じ土地に改めてアパートなどの建築物を建てることができない物件を指しています。まずは、再建築不可物件のアパートに潜むリスクにはどのようなものがあるのかを調べて...
共有持分

共有不動産の管理費用の負担は誰に?無駄に払っていませんか?

共有不動産にかかる費用の内訳 不動産を共有していると、さまざまな費用がかかります。 費用の種類によって法律の定める負担方法が異なるので、まずは共有不動産にかかるコストの種類を把握しましょう。 老朽化したときの修繕費用 災...
再建築不可

再建築不可物件は住宅ローンを組めるのか

再建築不可物件は住宅ローンが組める? 結論として、再建築不可物件のローンを金融機関で組むのは難しいといえます。融資を行うか否かの判断は最終的に金融機関が行うため皆無であるとは言い切れませんが、住宅ローンとしての融資を受けることができる可能...
タイトルとURLをコピーしました