再建築不可物件

市街化調整区域の物件を売るには?ポイントをわかりやすく解説!

市街化調整区域とは 市街化調整区域は都市計画法第7条第3項で市街化を抑制する地域として定められている地域で、各都道府県が区域を指定しています。 市街化調整区域を設定する目的は、無秩序な都市化によって農地や林野がなくなることを...
共有名義不動産

共有名義の不動産を売却!領収書の書き方をわかりやすく解説

不動産の売却時に領収書を発行する理由、共有名義不動産売却時に領収書を発行する方法をケース別に解説します。この記事を読むと、共有名義不動産を売却した際にどうやって領収書を発行したらよいのかが分かります。
その他

ある日あなたに突然の遺産相続が発覚!放棄すべきか相続すべきか分かり易く解説

突然の遺産相続が発生してお困りの方へ向けて、相続すべきか放棄すべきかをわかりやすく解説します。この記事を読むと、突然の相続でも慌てずに落ち着いて対処できるようになります。
再建築不可物件

未接道の土地の評価が低い理由4選!損しない売却方法と未接道の判断方法も

未接道の土地は通常の土地と比較すると、評価額が低くなりやすい傾向にあります。本記事では、未接道の土地の概要・未接道の土地と判断される4つの条件・未接道の土地の評価が低い4つの理由・未接道の土地を高く売却する4つの方法について解説します。
相続物件

法定相続分の割合を8つの例で計算!相続放棄や遺留分についても解説

法定相続分とは民法で定める相続割合 そもそも法定相続分とは、民法で定められた、亡くなった人(被相続人)の財産等について、その相続人が相続する割合のことを指します。 参照元:e-Gov法令検索|民法第900条 法定相続人 被相続人...
その他

不動産の個人間売買ではどんな税金がかかるのか分かりやすく解説!

不動産の個人間売買とは 不動産の個人間売買とは、不動産取引に際し不動産会社に仲介せず、個人である買主及び売主の双方によって不動産取引を行う形態を指します。 個人間売買はどんな場面で発生するのか 通常、不動産会社が仲介して売買取引を締結...
事故物件

所有物件が事故物件になったら?直後の対応やリフォーム・処分方法を解説します!

事故物件はリフォームをしないと売却が困難 事故物件には、この後解説する心理的瑕疵があるため、現状のまま売却することは極めて難しいことが大半です。 この心理的瑕疵を緩和するためにリフォームが不可欠と言えるでしょう。 事故物件とは? ...
共有名義不動産

共有不動産にかかる法定調書の提出についてわかりやすく解説!

法定調書とは まず、不動産にかかる法定調書の概要について解説します。 法定調書には、不動産にかかる書類以外にも、給与所得や退職所得の源泉徴収票、報酬や料金、契約金等の支払調書など63種類の法定調書があります。 そのため...
共有名義不動産

共有名義の不動産を所有している場合、確定申告時の減価償却費はどうする?

そもそも減価償却とは何か まず、減価償却とはどういうものかについて正しく知っておきましょう。 減価償却の概要 減価償却とは、建物や設備などの取得費用を「耐用年数」で分割して計上するということを指します。 事業のために購入...
底地・借地

底地と借地権を同時売却する手順|3つのコツを抑えればより円滑に売却可能

地主・借地人がお互いに協力し、底地と借地権を同時売却する方法を実現できれば、通常の不動産として売却可能です。本記事では、同時却のメリット・デメリット・手順・円滑に同時売却するための3つのポイント・底地・借地権を単独のまま確実に売却する方法について解説します。
タイトルとURLをコピーしました