再建築不可物件

再建築不可物件

再建築不可物件の救済措置3選!43条但し書き道路の概要と売却方法も

再建築可能にする救済措置とは 再建築不可物件は一定の条件を満たすと再建築が可能になる場合があります。該当物件が再建築不可物件に指定されるのは法律で定められた防災や安全上の理由からなので、その基準をクリアできれば再建築が可能になります。 ...
再建築不可物件

再建築不可物件の活用方法12パターン【簡単に収益化する方法も解説】

再建築不可物件とは新しく建物を建てられない土地 再建築不可物件とは建築基準法の要件を満たしておらず、今ある建物を壊すと建て替えができない土地です。 建築基準法は、国民が安全・安心に生活ができるよう建築物の敷地・設備・構造など...
再建築不可物件

再建築不可物件のリフォーム可能な範囲|知らないとヤバい注意点も解説

再建築不可物件のリフォームは通常の物件と比べて難しい 再建築不可物件のリフォームは、通常の物件と比べて難しい傾向があります。 この章では、リフォームが難しい理由と、そもそも再建築不可物件とはどんなものなのかも解説します。 再建築不...
再建築不可物件

囲繞地通行権の通行料はいくらが相場か

囲繞地通行権とは 囲繞地通行権とは、他人が所有する土地や河川・崖など地形障害に囲まれて公道に出ることができない土地から、日常生活に必要な公道まで移動する権利のことです。 日常生活を営む上で、どこかの場所に移動するためには必ず道路を使...
再建築不可物件

囲繞地通行権と通行地役権の違い

囲繞地通行権とは 囲繞地通行権とは、他人が所有する土地や河川・崖など地形障害に囲まれて公道に出ることができない土地から、日常生活に必要な公道まで移動する権利のことです。 他人の所有する土地に囲まれた土地を「袋地」とい...
再建築不可物件

再建築不可物件の売却方法9選|確実に処分するなら不動産買取業者に売却

再建築不可物件を確実に処分したいのであれば、専門の不動産買取業者への売却がおすすめです。老朽化・倒壊しても、建て替えられない再建築不可物件は、マイホームとしての需要がありません。そんな再建築不可物件も専門の不動産買取業は、確実に買い取り、現金化が可能です。
再建築不可物件

再建築不可物件かどうかの調べ方

再建築不可物件の要件 参照元:国土交通省 接道規制の適用除外に係る手続の合理化 再建築不可物件かどうかを判断する上で大きく関わってくる法律が建築基準法の第42条と第43条です。 この2つの法律では「接道義務」について定義してお...
タイトルとURLをコピーしました