訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

元弁護士福谷陽子

共有持分

不動産の共有者から共有持分を取得する方法

不動産を共有していると自由に活用できないので、できれば「自分一人のものにしたい」と考える方も多いでしょう。 共有者からその人の共有持分を取得するには「贈与」や「売買」、裁判所での「共有物分割請求」などの手続きをしなければなりません。 ...
共有持分

不動産の共有状態を解消する裁判「共有物分割請求訴訟」を丁寧に解説

不動産を共有していると、自由に活用や処分もできないので不便です。 共有状態を解消したいとき、他の共有者と話し合って解決できればよいのですが、協議が整わない場合には共有物分割訴訟という裁判をしなければなりません。 今回は共有不動産を分...
相続物件

相続の基本的な知識を完全網羅~順位や割合も丸分かり

不動産を相続するときには、「誰が相続人になるのか」「どうやって相続方法を決めればよいのか」など、相続手続きに関する正しい知識が必要です。 今回は相続人の順位や各相続人の相続割合など、遺産相続に必須の基本知識をわかりやすく解説していきま...
相続物件

相続?遺贈?贈与?違いをわかりやすく解説

財産を子どもや孫に伝えていく方法として「相続」や「遺贈」「贈与」などいくつかあるため「何が違うのだろう?」と疑問に感じたことはありませんか? 土地や建物を所有している場合にも「遺言」か「贈与」のどちらが良いのか迷ってしまう方がたくさん...
共有持分

遺言で不動産が共有になるとリスクだらけ?相続人も被相続人も知っておくべき対策

自宅などの不動産をお持ちの方が遺言書を作成するとき「子ども達に平等になるように」と考えて「不動産を共有にする」と書いてしまうケースが少なくありません。 しかし不動産の共有には高いリスクを伴います。 不動産を遺言で共有とすると、子ども...
共有持分

未成年と共有している不動産の売却方法

親子や兄弟姉妹などで不動産を共有しているとき、共有者が「未成年」のケースがあります。 未成年者と不動産を共有している場合、不動産はどのようにして売却すれば良いのでしょうか? 法律上「未成年者は単独で売買などの取引行為をできない」こと...
共有持分

共有不動産の管理費用の負担は誰に?無駄に払っていませんか?

不動産を所有していると、維持管理をしなければならないので「管理費用」がかかります。 毎年固定資産税もかかりますし、場所によっては都市計画税も課税されるでしょう。 共有不動産であっても同じことです。 しかし、共有している場合「誰が管...
共有持分

共有名義の不動産の火災保険や地震保険料は誰が支払う?受取人は?

自宅や賃貸用物件などの「建物」を所有するなら、必ず火災保険や地震保険に加入すべきです。 万一の場合に備えて保険に加入していないとリスクが高すぎるからです。 物件を共有している場合、誰が火災保険や地震保険の契約をすれば良いのでしょうか...
共有持分

共有者の自己破産で共有持分が競売にかけられた時の対策

ご夫婦で自宅を共同で購入したけれども離婚してしまった。 そんなとき、離婚後に相手が自己破産してしまうケースがときどきあります。 元夫と不動産が共有の状態で元夫が自己破産したら、元妻にはどのような影響が及ぶのでしょうか? 今回は共有...
共有持分

離婚調停中に自分の不動産持分だけ売却できる?リスクと対処方法を解説

婚姻中、夫婦で自宅を購入して「共有名義」にするケースがよくあります。 その後離婚することになったら「自分の持分」だけを売却できるのでしょうか? もしも離婚調停中に自分の持分だけを売却したら大きなトラブルになる可能性もあります。 「...
タイトルとURLをコピーしました