訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

元弁護士福谷陽子

共有持分

自己破産すると共有名義の不動産はどうなる?わかりやすく解説

土地や建物、マンションなどの「家」が共同名義になっている状態で自己破産すると、家はどうなってしまうのでしょうか? 基本的には共有不動産も「換価」の対象になるので、家は失われてしまいます。 そうなると、共有者にも大きな迷惑をかけてしま...
共有持分

不動産の保存行為に共有者の同意は必要?注意点をわかりやすく解説

不動産を共有していると、各共有者は自分1人の判断で不動産を処分したり変更を加えたりできません。 ただし「保存行為」については各共有者が単独でできます。 今回は共有不動産の「保存行為」とはどういったことなのか、みていきましょう。 ...
共有持分

離婚した夫婦の共有不動産!共有物分割請求訴訟の進め方と注意点を徹底解説

夫婦共同で自宅などの不動産を購入した場合、離婚後も「共有状態」になってしまうケースが少なくありません。 元配偶者といつまでも不動産を共有するのは、気分のよいものではないでしょうし、トラブルの種にもなってしまいます。 しかし元夫婦...
共有持分

共有物分割請求訴訟のデメリットを徹底的にわかりやすく解説

不動産の共有状態を解消するには、他の共有持分権者と話し合うなどして「共有物分割」の手続きをしなければなりません。 話し合っても合意できなければ、裁判所で「訴訟」を起こす必要があります。 共有物分割訴訟にはメリットだけではなくデメ...
共有持分

共有持分の移転登記にかかる費用や税金!手続きの流れ、注意点も徹底解説

不動産の「共有持分」を譲り受けたり相続したりしたら「所有権移転登記(共有持分移転登記)」をしなければなりません。 いわゆる「名義変更」です。 その際、税金や費用がかかるので、どのくらいのお金が必要になるのか事前に把握しておきまし...
共有持分

共有名義の不動産で片方(共有者)が死亡したら持分はどうなる?

不動産を共有しているときに共有持分権者が死亡してしまったら、その不動産はどのように扱われるのでしょうか? 相続人がいれば相続人に引き継がれますが、相続人がいないケースにおける取扱いは非常に複雑です。残された共有持分権者が取得できるケー...
相続物件

連帯保証人の保証債務は法定相続される!相続割合、対処方法もわかりやすく解説

亡くなった方が他人の「連帯保証人」になっていた場合、連帯保証債務も相続の対象になります。 しかし連帯保証債務を相続しても、相続人自身が気づかないケースが多々あります。 親が事業家や経営者だった場合、特に充分注意しなければなりません。...
共有持分

遺留分侵害額請求とは?法定相続分との関係もわかりやすく解説

不公平な遺言や生前贈与が行われたとき、財産を受け取れなかった法定相続人は「遺留分侵害額」を請求できる可能性があります。 本来は法定相続分まで遺産をもらえるはずだったのに、遺言や贈与のせいで受け取れなくなったので「遺留分」を取り戻せるの...
個人間売買

不動産の個人売買で住宅ローンを組める?ポイントをわかりやすく解説

不動産仲介会社を通さずに「個人売買」する場合、住宅ローンを組めるのでしょうか? 実は個人間売買では多くの金融機関が住宅ローンの審査に通してくれません。 とはいえ「住宅ローンを利用できないと購入資金を払えない」方も多いでしょう。 ...
共有持分

特別受益者がいる場合、法定相続分はどうなるのかわかりやすく解説

遺産相続の際「特別受益」が原因となってトラブルが発生する事例が少なくありません。 被相続人から高額な「生前贈与」や「遺贈」を受けた相続人がいると、「特別受益」としてその相続人の取り分を減らすことができます。 ところが受益者本人は...
タイトルとURLをコピーしました