共有持分

共有持分

未成年と共有している不動産の売却方法

未成年者は単独で不動産売却ができない 未成年者は、民法により単独で売買等の法律行為をできないことになっています(民法5条1項)。 未成年者は判断能力が未熟であり、本人に任せると損害を受けてしまうおそれがあるためです。 未成年者を保...
共有持分

共有不動産の管理費用の負担は誰に?無駄に払っていませんか?

共有不動産にかかる費用の内訳 不動産を共有していると、さまざまな費用がかかります。 費用の種類によって法律の定める負担方法が異なるので、まずは共有不動産にかかるコストの種類を把握しましょう。 老朽化したときの修繕費用 災...
共有持分

共有持分は持ってるだけでハイリスク!対策を解説

共有持分がリスクになる理由 共有持分を持つことのリスクを考える前提として、物権(モノに対する権利)についての基本的な考え方を確認してみます。 日本の法律では一物一権主義(いちぶついっけんしゅぎ)が取られています。 これは、 ...
共有持分

共有名義の不動産の火災保険や地震保険料は誰が支払う?受取人は?

火災保険をサクッと解説 「建物を所有していたら当然火災保険に加入する」 そう思っていても、実は火災保険のことを詳しく知らない方も多いでしょう。 まずは火災保険とは何を補償してくれるどのような保険なのか、知っておきましょう。 ...
共有持分

共有者の自己破産で共有持分が競売にかけられた時の対策

自己破産について要点解説 自己破産とは、裁判所に申立をしてすべての負債を免除してもらう手続きです。 クレジットカードや消費者金融、住宅ローンなどの負債は全額免除されます。 その代わり、破産者の「財産」は一部を除いて処分され...
共有持分

離婚前の別居中でも不動産を売却することは可能なのか?

名義人が別居中に勝手に売ることは可能なのか? では、夫婦が別居中という状況で、不動産の売却がどこまで可能なのか考えてみましょう。 単有名義なら? 夫婦どちらかのみに収入があるケースを考えてみましょう。 このような夫婦では通常、働...
共有持分

離婚調停中に自分の不動産持分だけ売却できる?リスクと対処方法を解説

離婚調停中でも自分の持分を売却できる? 不動産を共有している場合、不動産の「全部」を共有持分者の単独の判断で売却することはできません。 ただし「自分の持分」だけなら単独での売却が可能です。 夫婦で自宅などの不動産を共有している場合...
共有持分

不動産が共有名義(持分)になっている場合の固定資産税と都市計画税は誰が負担するのか?

共有名義不動産の固定資産税と都市計画税は誰が払うのか? 固定資産税は土地や家屋などの所有者(共有者)に対して課せられる地方税であり、その固定資産の存在する市町村(東京の場合は「都」)が課税します。 毎年1月1日現在の所有者(登記され...
共有持分

共有になっている私道にはどのような権利・負担があるのか?

私道とは 「私道」というのは、公ではなく個人が所有や共有している土地を道路の形状に開発、保持し通行の目的に使用しているものです。 なお、建築基準法上の道路は、幅員が4m以上のものに限られています。 さらに、住宅等建築物の敷地は、建...
共有持分

共有持分権とは?

共有持分とは(定義) 法律や登記の話で「1つの不動産」といった場合は「1つの登記簿」を指しますが、登記簿の甲区(所有者等の欄)に記入される「所有者」は必ずしも1人である必要はありません。 複数の人が1つの不動産を持っている状況もあり...
タイトルとURLをコピーしました