共有持分

共有持分

共有になっている私道にはどのような権利・負担があるのか?

私道とは 「私道」というのは、公ではなく個人が所有や共有している土地を道路の形状に開発、保持し通行の目的に使用しているものです。 なお、建築基準法上の道路は、幅員が4m以上のものに限られています。 さらに、住宅等建築物の敷地は、建...
共有持分

共有持分権とは?

共有持分とは(定義) 法律や登記の話で「1つの不動産」といった場合は「1つの登記簿」を指しますが、登記簿の甲区(所有者等の欄)に記入される「所有者」は必ずしも1人である必要はありません。 複数の人が1つの不動産を持っている状況もあり...
共有持分

共有持分を個人売買(親族間売買)する方法&リスクと注意点

不動産共有持分の個人売買は可能 親から相続した不動産を兄弟姉妹で共有している場合、そのままの状態だと何をするにも共有者の同意が必要で、自由な活用は困難です。 それにもかかわらず毎年の固定資産税の負担は発生し続けるので重荷に感じる方もたく...
共有持分

共有持分権者から明け渡し請求をされたら出ていかなければならないのか?

共有物件は使用方法に関してトラブルが発生しやすい 不動産の「共有」とは、1つの不動産を複数の人が共同所有している状態です。 たとえば親が亡くなって子ども達が不動産を相続した場合に兄弟で共有となるケースなどがあります。 物件を共有す...
共有持分

マンションの共有持分を売却する3つの方法

共有名義、共有持分を定義 「共有」という言葉は「1つの(1登記簿の)不動産の名義を、複数人が持っている」状態を指します。 共有名義、共有持分などという用語がよく出てきますが、このような使い方をします。 ...
共有持分

共有物分割請求とは?実際に裁判を起こす方法と手順

共有物分割請求とは? 共有物分割請求とは、共有物件の共有状態の解消を求めることです。 不動産などを共有していると、1人1人の共有持分権者にできることは非常に限られてしまいます。 増改築、リフォームすらもできませんし、抵当権を設定し...
共有持分

共有持分の買取でよくあるトラブルや買取価格の相場、業者の選び方など

共有持分とは まず、不動産の所有の仕方には大きくわけて以下の2パターンがあります。 1人で所有する場合…単独所有(=単有、単独名義、単有不動産) 2人以上で所有する場合…共同所有(=共有、共同名義、共有不動産) 共有...
共有持分

不動産の共有に関する民法条文のまとめ【保存行為、変更行為、管理行為とは?】

共有物の使用 各共有者には使用収益権がある 冒頭に説明したように、共有というのは物理的にその不動産を2つ以上に分けて使用権を持つのではなく、全体に対して、全員が持分に応じた使用収益権を持つという概念的なものです。 つまり、誰か...
共有持分

共有持分放棄の登記手続きの方法と注意点

共有持分の放棄とは まずは「共有持分の放棄」とはどういうことなのか、理解しましょう。 そもそも共有持分の放棄って何? 共有持分の放棄とは、不動産などの共有物の自分の持分権を一方的に「要らない」と宣言することです。共有持分を放棄したら、...
共有持分

離婚して共有名義の不動産を売却する際に知っておきたいこと

婚姻中に購入した自宅は「財産分与」の対象になる 婚姻中に夫婦が不動産を共有名義で取得した場合、離婚後も共有持分がそのままの割合で維持されるとは限りません。夫婦で不動産を共有している場合、他人同士が共有している状態とは異なる考え方が適用され...
タイトルとURLをコピーしました