空き家倒壊の責任は「億」単位の損害賠償!?|倒壊前に売却する方法も紹介

未分類

「所有している空き家を倒壊させるとどんな責任に問われるの?」
「倒壊しそうな空き家を手放すいい方法はないの?」

人が住まなくなった空き家は管理の頻度が落ちるため、人が住む通常の家に比べ、早いスピードで老朽化します。空き家を管理せずに放置してしまった場合は老朽化のスピードがさらにあがり、倒壊する危険があります。

空き家が倒壊し、人や建物に損害を与えてしまった場合、所有者であるあなたはその責任を問われ、被害者から億単位の損害賠償請求をされる恐れがあります。

そこでこの記事では以下の内容をお伝えします。

  • 空き家が倒壊した責任は所有者が負う
  • 老朽化した空き家はいつでも倒壊する恐れがある
  • 空き家を倒壊させないための対策5選
  • 倒壊しそうな空き家でも専門の不動産買取業者なら売却できる

この記事を読めば、「空き家が倒壊する理由や原因」「倒壊させてしまうとどのような責任を負うことになるのか」がわかり、さらに「倒壊させないための対策」を取れるようになります。

空き家を倒壊させないためには、周辺住民の方とコミュニケーションを取りながら、空き家をしっかり管理するのが基本です。

しかし管理しても空き家は所有している限り倒壊のリスクから逃れられませんし、管理する手間や納税の負担もかかり続けます。

そのため、所有している空き家が今にも倒壊しそうで急いでいる場合や、活用するあてがなく、空き家の管理に時間や費用を割きたくない場合は、早めに専門の買取業者に売却することをお勧めします。

倒壊しそうな空き家は通常の不動産業者(不動産仲介業者)に依頼して、一般の個人に売却しようとしてもなかなか売れませんが、専門の買取業者であれば問題なく買い取れます。なぜなら専門の買取業者は老朽化した空き家でも再生し、利益を生み出すノウハウを持っているためです。

弊社Albalinkも訳アリ物件専門の買取業者ですから、倒壊しそうな空き家でもスムーズに買い取れます。所有する空き家の倒壊リスクから一刻も早く逃れたい方は、ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【倒壊しそうな空き家でも高額売却!】無料で買取依頼をする

相続で困った不動産の売却は「訳あり物件買取プロ」へ!

相続でお困りの不動産でも高額で売れる!

以下のフォームから、無料で相続物件の高額査定を試す

  1. 空き家が倒壊した責任は所有者が負う
    1. 損害賠償金額は「億」を超える恐れあり【モデルケースによる試算あり】
    2. 火災保険に加入していても空き家は補償されない可能性がある
  2. あなたの空き家は日々倒壊へと向かっている
    1. カビやシロアリにより柱や基礎が腐食する
    2. 外壁や屋根が劣化する
    3. 鉄製部分が錆びる
    4. 建物が傾くのは倒壊する前兆
  3. 老朽化した空き家はいつでも倒壊する恐れがある
    1. 【倒壊事例あり】劣化によりある日突然倒壊する
    2. 天災により倒壊する
  4. 倒壊以外の空き家のリスク4選
    1. 敷地から異臭や害虫が発生し、近隣トラブルになる
    2. 放火や火災の被害に遭う
    3. 犯罪被害に遭いやすく、犯罪利用されやすい
    4. 特定空き家に指定され経済的・社会的制裁を受ける
      1. 行政代執行により空き家を解体され、高額な解体費用を請求される
  5. 空き家を倒壊させないための対策5選
    1. 室内の掃除と換気をおこないカビとシロアリ被害を防ぐ
    2. 通水をして水回りからのサビ・悪臭を防ぐ
    3. 庭の雑草を刈り、外壁の剥がれを修繕する
    4. 近隣住民とコミュニケーションを取り信頼関係を築いておく
    5. 自力で管理できない場合は空き家管理代行サービスを利用する
  6. 倒壊しそうな空き家でも専門の買取業者なら売却できる
    1. 倒壊しそうな空き家を専門の買取業者に売却するメリット3選
      1. 倒壊する前にスピーディーに売却できる
      2. 費用をかけずにそのままの状態で売却できる
      3. 契約不適合責任なしで売却できる
  7. まとめ

空き家が倒壊した責任は所有者が負う

空き家が倒壊した責任は所有者が負うことになります。具体的には空き家が倒壊し、人や物に損害を与えた場合、損害を賠償する責任を負います。実際、民法717条でも以下のように建物の所有者の損害賠償責任について規定されています。

土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。

引用元:民法第717条(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)

では、具体的にどのような損害賠償責任を負うことになるのか、以下で解説します。

損害賠償金額は「億」を超える恐れあり【モデルケースによる試算あり】

所有する空き家が倒壊し、隣家を全壊させ、隣人が亡くなってしまった場合、損害賠償額は2億円を超える可能性があります。実際、日本住宅総合センターが下記のようなモデルケースを紹介しています。

【空き家が倒壊し、隣地家屋が全壊し、夫婦と8歳の娘が死亡した場合】

○所在地 :東京都(郊外)
○敷地面積:165㎡(50坪)
○延べ床面積:83㎡(25坪)
○建築時期:平成4年(築後20年)
○居住世帯:世帯主:40歳、年収600万円
妻  :36歳主婦
子供 :8歳の女児(小学校3年生)

空き家倒壊の損害額試算

引用元:空き家発生による外部不経済の損害額の試算結果|日本住宅総合センター

このモデルケースでは空き家の倒壊により隣家全壊と一家全員(3人)が亡くなるという、最悪のケースを想定しています。しかし、隣家が空き家のすぐ近くに建っており、夜間など、隣家の住民が全員家にいる時間帯に倒壊が起きれば、充分こうした事態は起こり得ます。

また、人に被害を与えなくとも、隣家を全壊させてしまっただけでも1500万円もの損害賠償請求をされる恐れがあります。

さらに、空き家が倒壊したら残った柱などの解体費用もかかります。解体費用は家の状態や広さにもよりますが、一般的な木造住宅の場合、50坪程度で250万円前後かかります。

つまり所有する空き家が倒壊し、家や人に損害を与えてしまうと、億を超える損害賠償請求をされる恐れがあり、さらに、数百万円もの解体費用がかかるということです。

ここまでお読みいただいた方なら、空き家を倒壊させることがどれだけ危険で所有者であるあなたの人生を狂わせる恐れがあることか、おわかりいただけたと思います。

空き家が倒壊してから後悔しても手遅れです。活用する予定のない空き家は今のうちに専門の買取業者に売却してしまうことをお勧めします。弊社Albalinkにご依頼いただけば、倒壊しそうな空き家でもスピーディーかつ、なるべく高値で買い取らせていただきます。

ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)

>>【倒壊しそうな空き家でも高額売却!】無料で買取依頼をする

火災保険に加入していても空き家は補償されない可能性がある

倒壊により隣家などに損害を与えた場合でも、火災保険に加入していれば保険金で被害を補償できる可能性があります。

たとえば実家などが空き家になった場合、実家に人が住んでいる時に加入した火災保険に加入し続けていることもあるでしょう。しかし、火災保険の多くは空き家は補償の対象外なため、火災保険に加入していても空き家が倒壊した場合は保障されない恐れがあります。

ですから、火災保険に加入している場合は内容を確認し、空き家でも補償されるように特約などに加入した方が良いでしょう。ただし、たとえ保険金が出ても、前述したように「億」単位の損害賠償を請求されてしまったらまかないきれません。

つまり、火災保険の加入有無より、いかに倒壊させないようにするかが大事ということです。その方法については、「空き家を倒壊させないための対策5選」で解説しています。

なお、空き家の火災保険については以下の記事で詳しく解説していますので、興味のある方はご確認ください。

空き家も火災保険への加入は必要|活用方法がないなら即買取売却
空き家こそ火災保険に加入してリスクヘッジ 人が住んでいない空き家であっても、災害や放火、その他事故等の損害によって高額な出費が必要になってしまう可能性が十分にあります。 将来、所有する空き家を活用する予定がある場合は、火災保険に加入...

あなたの空き家は日々倒壊へと向かっている

脅すつもりはありませんが、あなたが所有している空き家は日々倒壊に向かっているといえます。

空き家は人が住んでいる通常の家と比べ、換気や掃除など、管理の頻度がどうしても落ちてしまいます。そのため、通常の家より老朽化が進むのが早くなります。空き家を放置している場合はさらに老朽化の速度はあがります。空き家が老朽化すると柱や基礎部が腐食し、やがて倒壊に至ります。

では空き家はどのような箇所が日々劣化し、倒壊に至るのか、具体的に解説していきます。

カビやシロアリにより柱や基礎が腐食する

空き家は人が住んでいないため、あまり換気がされません。また、雨漏りなどにも気づけないことがあります。そのため、室内に湿気や水がたまりやすく、湿気を好むカビやシロアリによって柱や梁(はり)が腐食されるリスクが高くなります。

実際、下記のように所有する空き家の基礎部と畳、家具がシロアリ被害に遭った事例も存在します。この事例では所有者がシロアリ被害に気づいて修繕をしたようですが、放置されていればいずれ空き家が倒壊していた可能性もあります。

引用元:家をシロアリにやられ“庭を丸ごとつぶした”話

また、上記の事例では床下が全面的にシロアリ被害に遭っていたにもかかわらず、クローゼットの中のシャツがシロアリに食われ、穴が開いているのを見るまで、シロアリ被害に気づかなかったそうです。

このように、シロアリやカビによる柱や基礎の腐食は気づかぬうちに進行します。自分の空き家は大丈夫と油断して放置していると、ある日突然倒壊してしまうこともあります。

外壁や屋根が劣化する

外壁や屋根は日々風雨にさらされるため、空き家の中でも劣化速度が速い箇所です。

たとえば屋根瓦がずれるなどして、建物内部に雨水が入ると、前述したように柱や基礎が腐食する原因となります。

外壁も下の写真のように、木造建築の場合は老朽化により剥がれ落ちやすくなります。外壁が剥がれ落ちると建物の骨組みである柱が直接風雨にさらされるため、倒壊のリスクが高まります。

引用元:「羽鳥慎一 モーニングショー」2022年5月30日放送分

外壁や屋根などは外からでも見えるため、チェックしやすい場所です。倒壊の不安を抱えつつ、空き家を放置してしまっている方は、今週末にでも空き家に行き、まずは外壁と屋根のチェックだけでもしてみてはいかがでしょうか。

チェックした結果、損傷が激しそうであれば、倒壊する前に売却することも検討しましょう。外壁や屋根が損傷している空き家を一般の個人に売却するのは困難ですが、専門の不動産買取業者に依頼すれば売却できます。専門の買取業者は老朽化した空き家を活用し、利益を生み出すノウハウを持っているためです。

弊社Albalinkも訳アリ物件専門の買取業者として老朽化した空き家の買取を積極的に行っております。老朽化が進んでしまい、倒壊する前に手放したいという方はぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【倒壊しそうな空き家でも高額売却!】無料で買取依頼をする

鉄製部分が錆びる

空き家の建材の中でも、風雨にさらされている鉄製部分は経年劣化により錆びてしまいます。

たとえば下の写真のようにバルコニーの手すりや柱が鉄製の家は多くあります。鉄製部分が錆びると表面に穴が開くため、手すりや柱の強度が落ち、いずれバルコニーが崩落する恐れがあります。

沼田市清水町ベランダ正面

引用元:街の屋根やさん前橋店

バルコニーは建物の外壁とつながっているため、バルコニーが崩落すれば建物自体も倒壊したり傾くことは避けられません。建物が傾いてしまうと、倒壊するのは時間の問題です。なぜなら傾きは建物倒壊の前兆だからです。建物の傾きについては、以下で詳しく解説します。

建物が傾くのは倒壊する前兆

空き家はある日急に劣化するわけではありません。放置されることにより、時間をかけて徐々に劣化していきます。そのため、気づいたら倒壊しそうになっていた、ということもあります。

しかし、建物の傾きに注意すれば、空き家の劣化に早めに気づくことができます。もし建物が傾いていれば、建物を支える柱が腐食するなどして、正常に建物を支えられなくなっている証拠だからです。

一般の方でも建物の傾きを簡単に調べる方法は、ビー玉を空き家の床に置いてみることです。ビー玉が転がれば、その方向に家が傾いていることになります。1ヶ所だけでなく、1階や2階の複数の部屋で確認してみましょう。

より正確に傾きを確認する場合は水平器を使うといいでしょう。水平器は水の傾きで水平を調べる機器で、100円ショップなどに売っています(下図参照)。

引用元:ダイソーでミニ水平器を買って来た。100均 水平器

もし、家が傾いていると正常な状態に戻すには大規模なリフォームが必要になります。ですから、空き家を活用する予定がない場合は、リフォームを行うよりそのままの状態で専門の買取業者に売却してしまうことをお勧めします。

売却してしまえば倒壊のリスクを回避でき、リフォーム費用を負担する必要もありません。さらに売却金としてまとまった現金も手にできます。

弊社Albalinkも傾いていて、倒壊のリスクが高い空き家でも現状のままで買い取ることができます。ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【倒壊しそうな空き家でも高額売却!】無料で買取依頼をする

老朽化した空き家はいつでも倒壊する恐れがある

放置され、老朽化が進んだ空き家はいつでも倒壊する恐れがあります。具体的には以下のタイミングで空き家は倒壊します。

  • 劣化によりある日突然倒壊する
  • 天災により倒壊する

それぞれ解説していきます。

【倒壊事例あり】劣化によりある日突然倒壊する

老朽化が進んだ空き家は、ある日突然倒壊します。もちろん、その前から傾くなど倒壊しそうな前兆はありますが、実際に倒壊するのは突然で一瞬のことです。

実際の倒壊事例を挙げると、2023年8月に福岡県にあった空き家が夜の23時に突然倒壊しました(下記参照)。

引用元:真夜中に突如“倒壊”した家~2億円の損害賠償も?|RKBオンライン

「倒壊しそうだけど何年も持ちこたえているし、大丈夫でしょ」と思っていると、あなたの空き家も突然倒壊するかもしれません。

しかも、上記の写真のように空き家は道路側に崩れることもあるため、周囲の人を巻き込む危険があります。詳しくは次章で述べますが、倒壊により人に怪我をさせると、空き家所有者は高額な損害賠償請求をされる恐れがあります。

空き家を放置している状態とは、明日にも倒壊するかもしれないリスクを抱えているということです。そのようなリスクから逃れたいのであれば、しっかり管理をするか、思い切って売却しましょう。

天災により倒壊する

平時は何とか倒壊せずに建っている空き家でも、台風や地震により倒壊することがあります。

台風の強風により屋根が吹き飛ばされ、その衝撃で倒壊したり、屋根が吹き飛ばされたことにより強度が落ち、後日倒壊することもあるでしょう。

また、基礎や柱が腐食している空き家は地震の揺れに耐えられず、一気に倒壊する危険があります。特に1981年より前に建てられた空き家は現在の新耐震基準を満たしていないため、震度6以上の地震には耐えられない恐れがあります。

参照元:建築基準法第二十条(構造耐力)

老朽化しており、築年数の古い空き家を所有している場合は、耐震補強工事を行うのも1つの手ですが、それよりも早めに売却することをお勧めします。

耐震補強工事には100万円程度かかるうえに、数ヶ月の時間を要しますが、専門の買取業者に依頼すれば、平均1ヶ月程度で売却が完了し、耐震工事などの売却の費用もかかりません。

弊社Albalinkもスピーディーに空き家を買い取ることができますので、倒壊する前に空き家を手放したい方はぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【倒壊しそうな空き家でも高額売却!】無料で買取依頼をする

倒壊以外の空き家のリスク4選

空き家を放置するリスクは倒壊だけではありません。

空き地を放置するリスク

空き家には倒壊以外にも以下の4つリスクがあります。

  • 敷地から異臭や害虫が発生し、近隣トラブルになる
  • 放火や火災の被害に遭う
  • 犯罪被害に遭いやすく、犯罪利用されやすい
  • 特定空き家に指定され行政代執行により解体される

特に最後の「行政代執行による解体」は1000万円もの解体費用を請求される恐れがあります。以下で詳しく解説します。

なお、空き家のリスクについてはこちらの記事でも詳しく解説していますのでご確認ください。

空き家のリスク8選&回避法をプロが伝授|空き家問題の現状も解説
空き家を所有することには様々なリスクがあります。この記事では具体的なリスクを7つ紹介します。その上で、空き家の相続前・後、親が健在かどうかなど、状況別にリスク回避法をお伝えします。また、空き家が社会問題となっている背景や原因も解説します。

敷地から異臭や害虫が発生し、近隣トラブルになる

管理されていない空き家は庭の雑草が伸び放題になり、そこから蚊などの害虫が大量発生する恐れがあります。また、空き家は人目がないため、庭にゴミを不法投棄されやすく、放置されたゴミの中身が腐り、周囲に異臭が漂うことがあります。

いずれの場合も、近隣住民にとっては大迷惑なため、所有者であるあなたにクレームが入り、近隣トラブルに発展するでしょう。

あなたが状況を改善しない限り、昼夜問わずあなたの携帯電話にクレームの電話が入り続ける恐れがあります。そうなれば平穏な日常生活など送れなくなってしまいます。

所有する空き家から遠方に住んでいる場合は、空き家を放置していてもどこか他人事のように感じてしまうかもしれません。

しかし、空き家の近隣に暮らしている人にとってはあなたが放置している空き家は日常であり、迷惑がかかれば、どれだけ遠方に住んでいようと、その怒りや不満はあなたに向けられることを忘れないで下さい。

放火や火災の被害に遭う

空き家は人目につきにくく、火をつけやすいゴミが不法投棄されていることも多いため、放火されるリスクが高いといえます。また、室内に電気が通っている場合、侵入したネズミなどがコードを齧って漏電し、火災が発生する恐れがあります。

空き家が燃えてしまったら、室内に保管していた現金や貴重品なども焼失してしまいます。特に実家などを空き家にしている場合、室内に遺品など思い出の品が保管されていることもあるでしょう。火災が起きれば、そうした物も失われてしまい、二度と取り戻すことはできません。

さらに、燃え残った柱などの解体費用として60万円~180万円ほどかかります。

火災によって隣家などを延焼させてしまった場合は、失火法により損害賠償を請求されることはありません。しかし、延焼被害者に20万円~30万円ほど見舞金を包む必要があります。

参照元:失火ノ責任ニ関スル法律

また、見舞金を渡しに行った際に、日頃、空き家を放置していたことを面と向かって責められることも覚悟しなくてはなりません。

このように、ひとたび所有する空き家が火災に遭うと、所有者であるあなたは金品を失うだけでなく、延焼被害の加害者としても責められ、二重苦を味わうことになります。

犯罪被害に遭いやすく、犯罪利用されやすい

空き家は人目がないため、犯罪被害に遭ったり、犯罪者に利用されやすいといえます。

空き家の犯罪被害の代表的なものといえば、空き巣です。とくに放置されて荒れている空き家は空き巣犯に狙われやすくなります。なぜなら放置された空き家は窓などが割れていることがあり、侵入しやすく、めったに人が訪れないため、犯罪が発覚しにくいからです。

空き巣被害に遭うと火災同様、現金やあなたの大切な品が奪われてしまいます。仮に犯人が捕まったとしても、奪われたものが全て戻ってくる保証はありません。実際、近年でも関東近県で同一犯による空き家への空き巣事件が頻発しています。

参照元:空き家狙った侵入盗容疑で男2人を逮捕 関東4県で79件に関与か|朝日新聞

参照元:「日本の空き家には家電や貴重品」5県で窃盗繰り返した容疑、ベトナム人の男4人を追送検

また、空き家は犯罪者に利用されることも多くあります。実際、空き家が脱獄犯の潜伏場所として利用されたり、空き家で大麻が栽培されるといった事件が起きています。

参照元:愛媛・今治の脱走受刑者 逮捕の地点は島から西に70キロ|産経新聞

参照元:30年来の空き家を借りた“真の目的”|毎日新聞

空き家を犯罪に利用されると、あなたも警察から事情聴取されることになります。空き家を放置していると警察から室内の状況や被害状況を聞かれた時にスムーズに答えられず、事情聴取が長引く恐れがあります。

また、空き家が犯罪被害に遭った事や、犯罪に利用されたことがニュースになれば、治安の悪い地域として地域全体の不動産の価値が下がってしまいます。そうなれば、近隣住民に恨まれるだけでなく、あなたが空き家を売却する際も、売れにくくなってしまいます。

なお、空き家の犯罪被害のリスクについてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ご確認ください。

空き家が遭いやすい犯罪3選|リスクだらけの空き家を高額売却する方法も紹介!
この記事では空き家が犯罪の温床になっていることをデータを示しながら解説し、具体的に空き家が遭いやすい犯罪を紹介しています。また、空き家が犯罪被害に遭うと所有者にどのようなリスクがあるのかと、リスクを回避するための方法も解説しています。

特定空き家に指定され経済的・社会的制裁を受ける

空き家の所有者には空き家を適切に管理するという義務があります。その義務を果たさず、空き家を放置していると、近隣住民から自治体の役所に苦情が入り、「保安上・景観上・衛生上問題がある」として、自治体から特定空き家に指定される恐れがあります。

参照元:建築基準法第8条(維持保全)

参照元:空家等対策の推進に関する特別措置法第二十二条

「保安上・景観上・衛生上問題がある」とは具体的には以下のような空き家を指します。

  • 倒壊し、近隣住民や隣家などに被害を与える危険がある空き家
  • ゴミなどが不法投棄されており、周囲の景観に悪影響を与えている空き家
  • 庭の管理がされていないために、害虫などが発生している空き家

特定空き家に指定されると、居住用地の特例が解除され、固定資産税が6倍に跳ね上がってしまいます。住宅用地の特例とは居住用の建物が建っている土地の固定資産税を軽減する特例です。

参照元:地方税法第三百四十九条(土地又は家屋に対して課する固定資産税の課税標準)

住宅用地の特例とは?

また、特定空き家の所有者の氏名をホームページなどに載せる自治体もあります。実際に神戸市では特定空き家の所有者の名前と現住所などをネットで公表しています。

参照元:神戸市空家等対策計画(2021~2025 年)案

氏名がネットに載せられてしまったら、あなたは「空き家を管理するという社会的義務を果たせない人間」として、社会的制裁を受けることになります。

このように所有する空き家が特定空き家に指定されると、税金の増額といった経済的制裁だけでなく、社会的制裁も受けることになります。

行政代執行により空き家を解体され、高額な解体費用を請求される

特定空き家に指定されても空き家を放置し続けると、50万円の罰金を科された上で、行政代執行により強制的に空き家を解体されてしまいます。

参照元:空家等対策の推進に関する特別措置法第二十二条

行政代執行
行政が義務を果たすべき者の代わりにその義務を遂行すること
今回の例でいえば、空き家を適切に管理するという義務を果たさない所有者に代わり、空き家を解体すること

「倒壊する前に自治体が解体してくれるなら都合がいい」などと思う方もいるかもしれませんが、その考えは改めた方が良いでしょう。

なぜなら行政代執行による解体費用は1000万円に及ぶこともあり、全て空き家の所有者に請求されるからです。なぜ行政代執行の解体費用がこれほど高額になるかというと、自治体は費用の安さより、スピーディーに解体してくれることを重視して大手の解体業者などに依頼するためです。

しかも行政代執行による解体費用は税金同様「強制徴収」が認められているため、たとえ自己破産しても支払い義務から逃れることはできません。

強制徴収
滞納している人の意思にかかわらず、滞納している税金等を強制的に徴収すること

参照元:破産法第253条1項

行政代執行が行われる前に所有者自ら業者に依頼して解体するのも手ですが、あまりお勧めできません。自身で業者に依頼しても解体費用として200万円程度かかりますし、建物を解体してしまうと前述したように固定資産税が6倍となってしまうためです。

では空き家を放置せず、倒壊させないためにはどうすれば良いのかについては、次章で詳しく解説します。

なお、空き家が行政代執行を受けるリスクについては、以下の記事で詳しく解説していますのでご確認ください。

空き家が行政代執行されると起こる3つの悲劇|回避する対策法4選
行政代執行とは所有者に代わって行政が空き家を解体・撤去すること 行政代執行とは、空き家の状態が著しく悪化しているにも関わらず、所有者が管理の義務をまっとうしない場合、所有者に代わって行政が空き家を解体・撤去することです。 2015年...

空き家を倒壊させないための対策5選

空き家を倒壊させないためには当たり前ですが、適切に管理することが必要です。適切に管理を行うことで、空き家の不動産としての価値を保つこともできます。

空き家を倒壊させないための対策としては次の5つが挙げられます。

  • 室内の掃除と換気をおこないカビとシロアリ被害を防ぐ
  • 庭の雑草を刈り、外壁の劣化を修繕する
  • 通水をして水回りからの異臭・カビを防ぐ
  • 近隣住民とコミュニケーションを取り信頼関係を築いておく
  • 自力で管理できない場合は空き家管理代行サービスを利用する

空き家を管理するための具体的な掃除の仕方や掃除箇所についても解説します。

なお、空き家管理の方法については以下の記事もご確認ください。

空き家の適切な管理方法と自分で空き家管理をするデメリットまとめ
空き家の管理方法 空き家は放置せず、必ず適切な管理を行うようにしましょう。 2015年に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が成立したため、空き家を放置していると特定空き家に認定されてしまいます。 具体的には人の居住が無く、倒壊の恐れや悪

室内の掃除と換気をおこないカビとシロアリ被害を防ぐ

空き家の倒壊を防ぐには室内の掃除と換気が重要です。

掃除や換気をせず、ほこりや湿気が室内に満ちているとカビやシロアリが発生し、柱などが倒壊する危険があるためです。

月1回は空き家に行き、全ての窓を開けて換気をしましょう。窓だけでなく、押し入れやタンスなど家具の引き出しも開けましょう。先述したシロアリ被害の事例のように、気づかないうちにシロアリ被害が家具の中などにも及んでいる場合があるからです。

また、家具の引き出しを開けることで、保管している物が盗難被害に遭っていないかなども確認できます。

掃除は、まずは掃き掃除を行い、そのあとで水拭きを行いましょう。また、窓サッシなどはほこりと外から入り込んだ砂などがたまっています。そのため、ペットボトルに入れた水を流しつつ、不要な歯ブラシで掻き出しましょう。

空き家を放置してしまっている場合、こうした掃除にも時間がかかるかもしれません。しかし、大変なのは最初の1回だけです。定期的に掃除を行えば、2回目以降はそれほど掃除の時間はかかりません。

ですから、空き家を放置してしまっている人は最初の1回は覚悟を決めて掃除を行い、その後は「空き家管理の日」を1ヶ月の予定に組み込んで定期的に行うようにすると良いでしょう。

通水をして水回りからのサビ・悪臭を防ぐ

室内の蛇口の通水(蛇口から水を出すこと)も行いましょう。水道は使わないと水道管に古い水が溜まり、サビや悪臭が発生しやすくなるためです。

通水は、前述した水拭きの際に同時に行うことができます。水拭きのための水を換えるたびに、台所や風呂場、洗面所など、順に室内の蛇口の通水を行うと効率的です。

通水の際に、シンクの下(たいてい収納スペースになっています)の水道管を確認し、パッキンの劣化により水漏れが発生していないかも確認してください。水漏れを放置していると水が漏れて濡れた箇所からカビが発生し、周囲へ広がる恐れがあります。

空き家の水回りのチェックは掃除や換気と同じくらい重要です。前述したように、水拭き掃除と絡めて効率的に行いましょう。

庭の雑草を刈り、外壁の剥がれを修繕する

室内の掃除が終わったら、庭の管理や外壁のチェックを行います。

空き家はゴミを不法投棄されやすいので、庭にゴミが捨てられていたら、回収して処分しましょう。

また、庭の雑草の除去と庭木の剪定も必要です。雑草が生い茂ると害虫が発生しますし、庭木を剪定しないと枝が隣家の敷地に侵入する恐れがあります。

ゴミの不法投棄も雑草も庭木も放置すると近隣トラブルに繋がります。倒壊とは直接関係ないことですが、空き家を所有する限り、こうした管理は必要不可欠です。

庭の管理と同時に外壁が剥がれていないか、窓が割れていないかのチェックも行いましょう。早めに気づいて修繕すれば、修繕費用(約6000円/1㎡)も抑えられます。また割れた窓は犯罪者の侵入経路となりますので放置してはいけません。戸建の平均的な窓ガラスの金額は2万円程度です。

ここまで読んで、「空き家を管理するのは手間も費用もかかって大変だ」「他人が捨てたゴミまで処分しなきゃいけないのか…」と思った方は、空き家の売却を検討してもいいかもしれません。

弊社Albalinkは空き家の買取に強い専門の買取業者ですので、放置された空き家でも高額買取が可能です。いくらで買い取ってもらえるのか気になる方は、ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【倒壊しそうな空き家でも高額売却!】無料で買取依頼をする

近隣住民とコミュニケーションを取り信頼関係を築いておく

空き家の管理に行った際には、近隣住民に挨拶をしておきましょう。

先述したように、近隣住民にとってあなたの空き家は日常であり、不安材料でもあります。ですから挨拶を行い、定期的に管理していることを印象づけておきましょう。同時に、直近の近隣の治安状況などについても聞いておくと良いでしょう(空き巣被害が起きていないかなど)。

また、普段あなたの空き家を身近に見ている近隣住民だからこそ気づくことや要望もあるでしょう。たとえば夏であれば「草刈りはもっと頻繁におこなって欲しい」といった要望があるかもしれません。そうした要望に応えていくことも大切です。

日ごろから近隣住民と信頼関係を築いておけば、近隣住民が空き家の苦情を言うために役所に駆け込むこともなく、特定空き家に指定されることもないでしょう。

自力で管理できない場合は空き家管理代行サービスを利用する

ここまでお読みいただいたらわかるように、空き家の管理を行うには空き家まで行かなくてはなりません。しかし、遠方に住んでおり、定期的に管理に行くのが難しい場合もあるでしょう。

そうした場合は、業者に空き家の管理を委託する、空き家管理代行サービスを利用するのも1つの手です。業者に任せればあなたが空き家まで行って管理を行う必要はありません。

空き家管理のプロがあなたに代わって掃除や換気などを行ってくれます。外壁や屋根などもプロの目でチェックし、修繕の必要があれば報告してもらえます。

ただし、委託費として月1万円ほどかかるため、年間だと10万円ほどになります。戸建の固定資産税がだいたい年間10万円ほどなので、それと同程度の委託費がかかるということです。さらに、修繕費用はあなたが負担しなくてはなりません。

将来的に住んだり活用する可能性があり、費用がかかっても、手間をかけずに空き家を管理・維持したい方は空き家管理代行サービスの利用を検討してもいいでしょう。

以下の記事で、空き家管理代行サービスについてより詳しく解説していますので、ご確認ください。

空き家管理は月1回!買取業者に売却すれば重労働から解放される
空き家の管理不足が招く危険 なぜ空き家を管理しなくてはならないのか?そう感じる方もいるかもしれません。 ここでは、空き家を管理しないとどのようなことが起きるのかについて説明していきます。 放置された空き家が招く危険を理解し、そ...

一方、活用するあてもなく、管理するためだけに費用をかけたくない場合は、売却することをお勧めします。空き家専門の買取業者であれば、倒壊の危険がある空き家であってもそのままの状態で買い取ってくれます。専門の買取業者は、訳アリの空き家を再生・運用し、利益を上げるノウハウを持っているためです。

弊社Albalinkは訳アリ物件専門の買取業者ですので、空き家の運用・再販ノウハウがあるだけでなく、運用・再販のコストを必要最低限に抑えることができるため、高額買取が可能です(下図参照)。

買取価格の違い

空き家の倒壊リスクや管理の手間や費用から解放されたい方は、ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【倒壊しそうな空き家でも高額売却!】無料で買取依頼をする

倒壊しそうな空き家でも専門の買取業者なら売却できる

空き家は放置して倒壊させると、億単位の損害賠償請求される恐れがあります。かといって定期的に管理すのも手間や費用がかかります。

そのため、空き家を活用する予定がないのであれば、倒壊のリスクを抱えて所有し続けるより、専門の買取業者に売却する方が賢明です。

倒壊しそうな空き家は、通常の不動産業者(仲介業者)に依頼して一般の個人に売却しようとしてもまず売れません一般の個人は、マイホームとしてキレイですぐに住める家を求めているからです。

しかし、専門の買取業者であれば倒壊しそうな空き家であっても現状のままで買い取ることができます。事態の悪い空き家を活用し、利益を生み出すノウハウを持っているためです。

弊社Albalinkも空き家買取に強い専門の買取業者ですから、以下のような倒壊の危険がある空き家を買い取ったことがあります。

買取事例

買取事例

放置された結果、上記のように畳が腐って陥没している状況でした。この状況から弊社は以下のようにリフォームを行い、再販しました。

買取事例

このように、弊社は再販という「出口」が見えているため、他社が買取れないような空き家であっても自信を持って買い取ることができるのです。

実際、買取を行わせていただいたお客様からも感謝の言葉を多数いただいております。その中から、この記事をお読みいただいているあなたと同じ、空き家所有者様からの口コミを、少し長いですが紹介させていただきます。

【大坪稔明様からの口コミ】

この口コミを見ている方は、抱えている空き家をどうにかしたいとお悩みのことでしょう。
私もその1人でした。

仕方なく相続した築40年越えの戸建て物件は、空き家と化して12年が経ち、過疎地で利便性の悪い立地、駐車場無し、自宅から遠過ぎる(片道6時間かかる)、などなど悩み要素満載で、現地の仲介業者や自治体の空き家バンクに頼んだところでどうにもなりそうにない物件でした。

どうにかならないかと調べているうちにたどり着いたのがAlbaLinkさんでした。
不動産のやりとりというと慣れないので不安を抱きがちですが、いざ依頼してみると想像以上に明解でスムーズなことに驚きました。

私の場合は売却による収益を求めたわけではなく、とにかく空き家ストレスを解消したかったので依頼したのですが、おかげで今はとてもスッキリしています。

不動産というと重く考えてしまいがちなものですが、空き家は放っておいてもネガティブな存在でしかありません。これを売却するのは柔軟に考えれば断捨離の一貫で、着ない服を手放すのと同じことかと思います。空き家は放っておいても傷む一方なので、欲しいと言う人の手に渡る方が将来性があります。

「なるべくいい条件で」と思う気持ちもわかりますが、仲介業者にお願いしてもほぼ状況は変わらず、むしろ手数料で費用がかさみます。そうなるとただ待つだけの時間とお金は無駄となってしまい機会損失に繋がります。

もちろん他社への査定も依頼しましたが、AlbaLinkさんを選んだのは話をしてみての直感です。
買取り条件にそこまで大きな違いはありません。となると、やはり安心感が重要になってきます。ご担当いただいた佐々木氏の対応力や手続きのスピード感にはそれがあり、やってくれそうな雰囲気を強く感じたのでお願いしました。

良き思い出がストレスで塗り替えられてしまう前に、とりあえず相談してみると、動きだしますよ。

引用元:Albalink(Googleの口コミ)

上記のお客様も、放置された空き家の処分に悩まれ、不安の中で弊社にご依頼いただき、結果として空き家の悩みから解放されています。

「自分の空き家も倒壊する前に買い取ってもらおうかな?」と思われた方は、まずはお気軽に弊社の無料買取査定をご利用ください。売却前提ではなく、買取価格が知りたいといった方も大歓迎です。

>>【倒壊しそうな空き家でも高額売却!】無料で買取依頼をする

なお、仲介と買取の違いについては、以下の記事でわかりやすく解説していますので、参考にしてください。

仲介と買取の違いをサクッと理解しよう!【どちらが最適か教えます】
「仲介」の仕組み仲介とは、売主から不動産の売却依頼を受けた不動産会社が、チラシやネットを活用して買主を探し、契約・決済までを取りまとめる取引方法です。仲介で契約まで至ると、仲介した不動産会社(以下、仲介業者)は、買主側・売主側の双方から仲介

倒壊しそうな空き家を専門の買取業者に売却するメリット3選

専門の買取業者に依頼すれば倒壊しそうな空き家でも売却できるとお伝えしましたが、ここでは、専門の買取業者に依頼するメリットをより詳しく説明します。

専門の買取業者に倒壊しそうな空き家を売却するメリットは大きく以下の3つです。

  • 倒壊する前にスピーディーに売却できる
  • 費用をかけずにそのままの状態で売却できる
  • 契約不適合責任なしで売却できる

それぞれ解説していきます。

倒壊する前にスピーディーに売却できる

倒壊しそうな空き家の売却は時間との勝負です。売却する前に倒壊してしまったら意味がないからです。

その点、専門の買取業者に依頼すれば、平均で1ヶ月程度で売却が完了します。買取業者が利益が見込めると判断し、売主が買取価格に同意すれば売買契約が成立するためです。売却に時間がかからないため、周囲の人に売却したことを知られる心配もありません。

一方、仲介では買手が見つかるまでに3ヶ月~半年程度かかります。倒壊しそうな空き家の場合、買手が永遠に見つからない恐れもあります。

前述のお客様の口コミにもあったように、空き家を仲介で売却しようとすると、現れるかわからない買い手を待つだけで時間が過ぎていってしまいます。その間に台風や地震で空き家が倒壊するかもしれません。

倒壊する前に確実に空き家を売却したいのであれば、仲介ではなく、専門の買取業者に依頼しましょう。

弊社Albalinkも訳アリ物件専門の買取業者ですので、スピーディーに空き家を買い取れます。まずは下記弊社の無料買取フォームからお気軽にお問い合わせください(売却前提でなくとも構いません)。

>>【倒壊しそうな空き家でも高額売却!】無料で買取依頼をする

費用をかけずにそのままの状態で売却できる

専門の買取業者に依頼すればそのままの状態で空き家を売却できます。売却するために、売主が費用を負担して、リフォームや残置物の撤去などを行う必要はありません。専門の買取業者はリフォームすることを前提に買取を行うためです。

買取業者への売却は費用負担がほぼゼロ

一方仲介の場合は、売却前に売主が費用を負担してリフォームや残置物を撤去する必要があります。仲介の買手はマイホームを求めている一般の個人ですので、リフォームされてなく、倒壊の危険があり、残置物のある空き家など見向きもされないためです。

倒壊しそうな空き家をリフォームするとなると、1000万円近くかかる可能性があります。また、残置物撤去も量によりますが、業者に依頼すると1万円~3万円ほどかかります。売却にあたりこれらの費用がかからないのは買取の大きなメリットといえます。

売却費用がかからないだけでなく、専門の買取業者に売却すれば売却金としてまとまった現金も手にできます。

倒壊のリスクを避け、費用をかけずになるべく高値で空き家を手放したいのであれば、専門の買取業者に売却を依頼しましょう。

契約不適合責任なしで売却できる

専門の買取業者に依頼すれば契約不適合責任なしで空き家を売却できます。

契約不適合責任とは不動産を売却後に、売買契約書に記載がない不具合が見つかった場合、売主が買主に負う責任のことです。契約不適合責任

契約不適合責任に問われると、売主は買主の要求に従って、不具合箇所を修繕するなどの対応に追われます。もし対応できなければ契約解除や損害賠償請求をされる恐れもあります。

仲介では一般の個人の買主が、物件購入後に不利益をこうむらないために、売主に契約不適合責任が課されるのが一般的です。しかし、専門の買取業者は不動産のプロであり、事前に物件の不具合箇所を見抜けるため、契約不適合責任を免責できます。

買取業者は契約不適合責任が免責

倒壊しそうな空き家は基礎部や屋根裏の柱が腐食しているなど、一般の個人では気づかない箇所に不具合が潜んでいる可能性が大いにあります。そのため、契約不適合責任が免責されるのは大きな安心材料です。

弊社Albalinkも契約不適合責任を免責して空き家を買い取ることができます。空き家を放置してしまっていて、不具合箇所を把握できない場合や、売却後まで空き家の責任を負いたくない場合は、ぜひ弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【倒壊しそうな空き家でも高額売却!】無料で買取依頼をする

なお、契約不適合責任については以下の記事で詳しく解説していますので、ご確認ください。

不動産売買における契約不適合責任の教科書【弁護士監修の保存版】
契約不適合責任の要点をわかりやすく解説 契約不適合責任とは、売買取引の場面で、「契約の内容と目的物の数量や品質が適合しない時、売主に課せられる責任」を指します。 平たく言えば、引き渡したものが契約内容と異なる(契約不適合)と買主が困...

まとめ

今回は空き家が倒壊した際に所有者が負うべき責任について解説しました。また、倒壊以外の空き家のリスクや、リスクを回避する方法についても紹介しました。

空き家が倒壊し、人や建物に損害を与えた場合、所有者は損害賠償責任を負うことになります。記事内で紹介したように、損害賠償額が2億円にのぼる可能性もあります。

空き家を倒壊させないためには適切に管理するしかありませんが、空き家を管理をするには現地まで行く手間や、劣化箇所の修繕費など手間や費用がかかります。

そのため、将来的に空き家に住んだり活用する予定がない場合は、専門の買取業者に売却することをお勧めします。なぜ買取が良いかといえば、仲介で一般の個人に売却しようとしても、「倒壊しそうな家」を欲しがる人はまずいないためです。

一方、専門の買取業者であれば倒壊しそうな空き家であっても問題なく買い取れます。専門の買取業者はそうした状態の悪い空き家を再生させ、利益を生み出すノウハウを持っているためです。

専門の買取業者に売却すれば、空き家が倒壊するリスクや、管理の手間・費用から解放されます。さらに専門の買取業者は契約不適合責任を免責してくれるため、売却後は空き家の責任を負う必要はありません。

弊社Albalinkも契約不適合責任を免責してあなたの空き家を買い取ることができます。

「倒壊する前に一刻も早く空き家を手放したい」「売却後は空き家の全ての責任から解放されたい」という方は、ぜひ一度弊社の無料買取査定をご利用ください(査定依頼をしたからといって、無理な営業などは行いませんのでご安心ください)。

>>【倒壊しそうな空き家でも高額売却!】無料で買取依頼をする

空き家倒壊に関するよくある質問

所有している空き家が何らかの事故や天災などで倒壊した場合、その責任は所有者が負うことになります。倒壊した空き家により他の建物や人に損害を与えた場合の損害賠償額は「億」を超える可能性もあります。空き家倒壊時の所有者の責任については記事でも解説していますので、ご確認ください。
あなたが土地の所有者で、空き家所有者に土地を貸している場合、あなた自身は空き家の所有者ではないため、空き家に対して直接責任を負うことはありません。また、空き家が放置されていても勝手に解体などはできません。そのため、空き家が放置されている場合は、所有者に連絡して管理を依頼することになります。また、自治体から「特定空き家」に指定されると、自治体から所有者へ連絡を入れることもあります。
空き家を放置すると、ゴミを不法投棄されたり、犯罪に利用されたり、放火被害に遭ったりと、様々なリスクがあります。また、不法投棄されたゴミから異臭が発生したり、庭の雑草から害虫が発生することもあり、近隣トラブルの原因にもなります。空き家を放置し続けると最終的に自治体から「特定空き家」に指定され、行政代執行により強制的に解体されることになります。その場合、1千万円近い解体費用を請求される恐れもあります。こうした空き家放置のリスクについては、記事で詳しく解説していますのでご確認ください。
監修者
株式会社AlbaLink代表取締役の河田憲二です。同社は空き家や事故物件などの売れにくい不動産の買取再販を行う不動産業者です。同社が運営しているサービスサイトである「訳あり物件買取プロ」の運営者も務めています。同社は東京証券取引所東京プロマーケット市場にも上場している不動産会社になります。

    物件種別必須
    物件住所必須

    お名前必須
    電話番号
    メールアドレス必須
    備考

    個人情報の取扱いについて」に同意の上、送信してください。

    簡単入力30秒
    訳あり物件の売却は
    今すぐご相談ください
    未分類
    この記事をシェアする
    facebook twitter
    訳あり物件買取プロ
    タイトルとURLをコピーしました