訳アリ物件の売却相談はこちらから

閉じる

共有持分

共有持分

共有者に共有持分の買取請求は不可能?代わりに使える共有物分割請求とは

不動産を共有しているとき、他の持分権者に共有持分を買い取ってもらえたら簡単に共有状態を解消できます。 しかし相手が持分の買取を拒絶する場合には無理矢理買い取らせることができません。 自分が他の共有持分権者の持分を買い取るのも強要はで...
共有持分

不動産の共有に関する民法条文のまとめ【保存行為、変更行為、管理行為とは?】

不動産を共有するというのは、1つの不動産(=登記簿1つ)について二者以上が名義を持っていることを指します。 ただ、これは物理的に「Aが北側、Bが南側を使用できる」といったものではなく、AもBも全体に対して使用収益等の権利及び義務がある...
共有持分

共有持分放棄の登記手続きの方法と注意点

不動産が共有状態になっている場合、いろいろと面倒なことが発生します。そのようなとき、共有持分を「放棄」することによって共有関係から離れることができます。 「共有持分を放棄」とはどういうことなのか? どのようにしたら有効に「放棄」でき...
共有持分

離婚して共有名義の不動産を売却する際に知っておきたいこと

離婚の際、夫婦で共有している自宅があったらどのように処分すれば良いのでしょうか? 婚姻中、夫婦でお金を出し合ってローンを組まずに家を購入しているケースもあれば、ペアローンや連帯保証などを利用してローンが残っているケースもあるでしょう。 ...
共有持分

共有名義不動産に住んでいる人への家賃請求について

不動産を共有にするということは、一筆(つまり登記簿1つ)の不動産を複数人で持つということですので、権利関係が煩雑になることもあります。 では、共有名義になっている不動産に住んでいる人と住んでいない人がいる場合、そこにはどんな権利義務が...
共有持分

共有名義の不動産を相続した時の注意点

相続といえば「棚からぼたもち」を想像する人も多いのですが、相続財産に不動産が含まれていると、時として予想しなかった厄介な状況を抱え込む原因にもなります。 相続と不動産に関する問題点で多いのが「共有」に絡むものです。 では、共有不...
共有持分

共有持分の売却でトラブルとなる事例とその対策

不動産を数人で共有していると、単独でできることが極めて限られるので不自由です。 不動産の活用方法について他の共有持分者と意見が合わなければ、活用も売却もできずに放置してしまうことにもなりがちです。 このような場合、あなたの共有持...
共有持分

共有名義の不動産で片方(共有者)が死亡したら持分はどうなる?

不動産を共有しているときに共有持分権者が死亡してしまったら、その不動産はどのように扱われるのでしょうか? 相続人がいれば相続人に引き継がれますが、相続人がいないケースにおける取扱いは非常に複雑です。残された共有持分権者が取得できるケー...
タイトルとURLをコピーしました